お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, RCS, NV
(併催)
2022-05-27
16:50
神奈川 慶應大学 日吉キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
3GPP準拠のOpportunistic Data Transfer機能によるコネクティッドカーの通信コストの改善に関する一検討
城 哲鈴木理基北原 武KDDIIN2022-13
自動車とあらゆるものをつなげる無線通信技術であるVehicle to Everything (V2X)に注目が集まってい... [more] IN2022-13
pp.62-67
IN, NS
(併催)
2021-03-04
09:30
ONLINE オンライン開催 分散クラウド環境におけるE2E遅延の変動とコストを考慮したアプリケーション再配置手法
城 哲蕨野貴之鈴木理基鈴木悠祐大谷朋広KDDINS2020-124
5Gで期待されている様々なサービスの実現に向けて,Multi-access Edge Computing(MEC)が注目... [more] NS2020-124
pp.7-12
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-26
16:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]ETSI ISG MECにおけるエッジコンピューティングの標準化動向
鈴木理基KDDI総合研究所NS2020-76 CQ2020-48 ICM2020-27
 [more] NS2020-76 CQ2020-48 ICM2020-27
p.9(NS), p.9(CQ), p.43(ICM)
NS, IN
(併催)
2020-03-06
10:40
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
バックグラウンドデータ転送を実現するためのフレームワークの提案と有効性の評価
宮坂拓也鈴木理基北原 武大谷朋広KDDI総合研究所)・溝口 隆小林 修KDDI)・田村 亮國友啓佑秋田英範デンソー)・大西亮吉トヨタ自動車IN2019-116
LTEや5Gといったモバイルネットワークは,すでに社会インフラとして広く利用されている.コネクティッドカーのような新しい... [more] IN2019-116
pp.225-230
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-19
16:00
北海道 北海道大学 [招待講演]通信行動 ~ トラヒックを生み出す行動の分析 ~
新井田 統縄田秀一鈴木理基小頭秀行KDDI総合研究所SR2017-33
情報通信社会の高度化により通信サービスの利用が多様化し,トラヒックの発生は利用者の置かれた環境や心理状態に強く影響を受け... [more] SR2017-33
pp.61-65
IN, RCS
(併催)
2016-05-19
14:45
東京 機械振興会館 Characterization of LTE network utilization of train passengers
Quentin PlessisMasaki SuzukiTakeshi KitaharaShigehiro AnoKDDI R&D Labs.IN2016-8 RCS2016-30
 [more] IN2016-8 RCS2016-30
pp.43-48(IN), pp.37-42(RCS)
IN, NS, CS, NV
(併催)
2015-09-04
12:00
岩手 岩手県公会堂 Near Real-Time Group Movement Detection Method Based on LTE Control Signals
Quentin PlessisMasaki SuzukiTakeshi KitaharaShigehiro AnoKDDI Labs.IN2015-49
 [more] IN2015-49
pp.51-56
IA, IN
(併催)
2014-12-19
14:20
広島 広島市立大学・サテライトキャンパス モバイルコア網における多様な通信フローの混在に対応するトラヒック弁別方式
鈴木理基渡里雅史阿野茂浩KDDI研)・鶴 正人九工大IN2014-96
近年のモバイル網において,スマートフォンの普及ならびにコンテンツのリッチ化に伴い,トラヒック量が爆発的に増加している.今... [more] IN2014-96
pp.29-34
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会