お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 100件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2022-08-19
11:20
栃木 栃木県産業会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
28GHz帯ローカル5Gへの応用に向けた2連素子異常反射ホイヘンスメタサーフェスの検討
ホンナラ タナン佐々木隆吉白澤嘉樹佐々木克守佐藤啓介大島一郎電気興業)・長 敬三千葉工大)・道下尚文防衛大)・中林寛暁千葉工大AP2022-66
 [more] AP2022-66
pp.11-16
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-27
15:30
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ターゲット方向とマルチパスの相関を利用した時間反転アルゴリズムによる線状ターゲットの位置推定
チュア ハンス クリスチャン ハウリゲ長 敬三中林寛暁水津光司千葉工大AP2022-43
 [more] AP2022-43
pp.50-55
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-29
12:40
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
低損失で通過位相を変化可能なホイヘンス・メタサーフェスレンズの等価回路パラメータに関する一検討
石田茉利彩長 敬三千葉工大)・道下尚文防衛大)・ホンナラ タナン佐々木隆吉チャイホンサ ワランカナ佐藤啓介大島一郎電気興業)・中林寛暁千葉工大AP2022-58
ホイヘンス・メタサーフェスは,薄型レンズを構成する手法として注目されている.本報告ではホイヘンス・メタサーフェスにおいて... [more] AP2022-58
pp.135-139
AP, WPT
(併催)
2022-01-20
09:00
鳥取 鳥取県立生涯学習センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
THz-POLSARを用いた透過特性を持つ材料内部観測に関する一検討
藤原 陸中林寛暁水津光司長 敬三千葉工大AP2021-134
電波と光の間に位置するテラヘルツ波は,その透過性や広帯域成分を有する極短パルスを生かしたセンシング分野への応用が期待され... [more] AP2021-134
pp.1-6
AP, RCS
(併催)
2021-11-11
09:55
長崎 NBC別館(長崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
2周波共用基地局アンテナ用周波数分散性移相器の試作評価
相馬敏樹長 敬三千葉工大)・道下尚文防衛大)・佐々木隆吉佐藤啓介大島一郎電気興業)・中林寛暁千葉工大AP2021-110
周波数共用基地局アンテナは,電気的開口長の差により低周波数帯で隣接エリアへの干渉が増加するという問題がある.この問題に対... [more] AP2021-110
pp.56-60
MW, AP
(併催)
2021-09-09
14:00
ONLINE オンライン開催 2周波共用基地局アンテナ用周波数分散性移相器の整合回路設計
相馬敏樹長 敬三千葉工大)・道下尚文防衛大)・佐々木隆吉佐藤啓介大島一郎電気興業)・中林寛暁千葉工大AP2021-56
複数周波数帯を共用する基地局アンテナでは,共用する周波数帯で指向方向が一致するが電気長の違いで低周波数帯のビームが広がり... [more] AP2021-56
pp.1-5
AP 2021-04-16
13:00
兵庫 城崎国際アートセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
THzイメージングにおける圧縮センシングによる点波源ターゲットの位置推定
柳 理央長 敬三中林寛暁水津光司千葉工大AP2021-4
本稿では,テラヘルツ (THz) 波を用いたイメージングにおいて,合成開口アレーの適用により測定の高速化およびイメージ画... [more] AP2021-4
pp.17-22
AP 2020-05-21
11:25
沖縄 沖縄県男女共同参画センターてぃるる
(開催中止,技報発行なし)
NFC用超小型ソレノイドアンテナの伝送効率を改善する素子配置
吉良優也中村亮公・○長 敬三千葉工大
 [more]
AP, RCS
(併催)
2019-11-21
11:20
佐賀 佐賀大学 左手系漏れ波アンテナのビームスクイントを低減する等価回路パラメータの検討
寺田一貴長 敬三中林寛暁千葉工大)・道下尚文防衛大)・大島一郎電気興業AP2019-122
スモールセル用の基地局アンテナとしてCRLH伝送線路で構成された棒状漏れ波アンテナが提案されている.このアンテナは直列給... [more] AP2019-122
pp.91-94
AP, RCS
(併催)
2019-11-21
15:15
佐賀 佐賀大学 [依頼講演]複数仮想アレーを用いた空間平均MUSICのTHz-TDS測定への適用結果
渡壁一樹長 敬三中林寛暁水津光司千葉工大AP2019-126 RCS2019-223
合成開口テラヘルツ時間領域分光法(THz-TDS)イメージングでは,ターゲットから反射された波の相関が高いため,近接した... [more] AP2019-126 RCS2019-223
pp.107-112(AP), pp.115-120(RCS)
AP, RCS
(併催)
2019-11-22
10:55
佐賀 佐賀大学 [チュートリアル講演]メタマテリアルの移動通信基地局アンテナへの応用
長 敬三千葉工大)・道下尚文防衛大)・大島一郎電気興業AP2019-133 RCS2019-228
 [more] AP2019-133 RCS2019-228
pp.145-150(AP), pp.139-144(RCS)
AP
(第二種研究会)

海外 Hotel Istana, Kuala Lumpur Influence of the location of virtual linear array on position estimation using MUSIC algorithm applied to arc array synthetic aperture radar imaging
Kazuki WatakabeKeizo ChoHiroaki NakabayashiChiba Institute of Technology Univ.
 [more]
AP
(第二種研究会)

海外 Hotel Istana, Kuala Lumpur Power transmission efficiency of magnetic material loaded solenoid in the vicinity of circuit ground
Yoshihiro NakamuraCho KeizoHiroaki NakabayashiChiba Institute of Tech
 [more]
AP
(第二種研究会)

海外 Hotel Istana, Kuala Lumpur Phase Variation Analysis of Leaky Wave Antenna Composed of CRLH Transmission Line Using Equivalent Circuit
Kazuki TeradaKeizo ChoHiroaki NakabayashiCIT)・Naobumi MichishitaNDA)・Takayoshi SasakiKeisuke SatoIchiro OshimaDKK
CRLH伝送線路で構成された漏れ波アンテナが提案されている。 このアンテナは,周波数の変化によりメインビームの方向が変わ... [more]
AP 2019-02-22
14:25
大阪 住友電工(大阪製作所) [依頼講演]グランド付きコプレーナ線路によるCRLH偏波共用・2周波漏れ波セクタアンテナ
佐々木隆吉佐藤啓介大島一郎電気興業)・道下尚文防衛大)・長 敬三千葉工大AP2018-183
筆者らはこれまでに,グランド付きコプレーナ線路による左手系漏れ波セクタアンテナを開発している.本報告では,動作帯域拡大に... [more] AP2018-183
pp.77-82
AP
(第二種研究会)
2018-12-06
14:05
鹿児島 奄美市AiAiひろば THz-POLSARによる構造変化を有するターゲットの観測
荒原克樹中林寛暁水津光司長 敬三千葉工大
テラヘルツ波は電波と光の特性を併せ持つ電磁波であり,広帯域かつ極めて短いパルスを実現可能であることから,センシングに応用... [more]
AP
(第二種研究会)
2018-05-30
09:30
海外 The Univ. of Da nang, Sci. and Tech. Dual-band reflector backed dipole antenna loading choke equipped meander-loop parasitic elements
Mamoru YamaguchiKeizo ChoChiba Inst. of Tech.)・Tatsuhiko YoshiharaTaisuke IharaNTT DOCOMO
筆者らは800MHzで動作する反射板付ダイポールアンテナの動作周波数を700MHz帯まで広帯域する構成として,メアンダル... [more]
AP
(第二種研究会)
2018-05-30
15:00
海外 The Univ. of Da nang, Sci. and Tech. Magnetic field distribution characteristic of linearly aligned magnetic material-loaded solenoid array
Yoshihiro NakamuraKeizo ChoChiba Inst. of Tech.
 [more]
AP 2018-04-19
14:25
東京 八丈町商工会 2層方形無給電素子によるマイクロストリップアンテナの低周波数帯への広帯域化
長 敬三眞木貴士浅野拓真千葉工大)・吉原龍彦井原泰介NTTドコモAP2018-2
 [more] AP2018-2
pp.7-12
AP, RCS
(併催)
2017-11-08
14:55
福岡 福岡大学 [依頼講演]LOS伝搬パラメータの推定値を用いたARモデルによるLOS環境チャネル推定
瀬戸口直人中林寛暁長 敬三千葉工大AP2017-117 RCS2017-214
MIMO通信において,チャネル状態情報のフィードバック遅延は,伝送性能の低下の要因とされており,その劣化の改善技術として... [more] AP2017-117 RCS2017-214
pp.49-54(AP), pp.53-58(RCS)
 100件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会