お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 57件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DC, SS
(共催)
2022-10-25
10:50
福島 コラッセふくしま
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
確率的ゲームにおける非協調的合成問題
小出 走関 浩之名大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
DC, SS
(共催)
2022-10-25
11:15
福島 コラッセふくしま
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
決定性上昇型ノミナル木オートマトンの学習アルゴリズム
中西凜道名大)・高田喜朗高知工科大)・関 浩之名大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SS 2022-03-07
13:15
ONLINE オンライン開催 データ語書換え系の正則保存性とそのプロトコル検証への応用
坂尾優斗関 浩之名大SS2021-46
 [more] SS2021-46
pp.25-30
COMP 2022-03-06
10:00
ONLINE オンライン開催 重み付き文脈自由文法の曖昧さ階層について
井上裕介橋本健二関 浩之名大COMP2021-31
重み付き文脈自由文法(WCFG)とは, 文脈自由文法(CFG)の重み付きの拡張であり, その性質について盛んに研究が行わ... [more] COMP2021-31
pp.1-7
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2021-12-27
10:50
ONLINE 国立情報学研究所(NII)
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
木分解の圧縮および解集合プログラミングによる問合せ
小島和之関 浩之名大DE2021-16
グラフの木分解は,グラフデータへの問合せ処理に対する有効なアプローチであるが,木分解自体に大きな計算量を要することが多い... [more] DE2021-16
pp.7-12
SS, DC
(共催)
2021-10-19
15:25
ONLINE オンライン開催 レジスタオートマトンと能力等価な凍結演算子付きmu-計算の部分クラス
大西 晃仙田涼摩名大)・高田喜朗高知工科大)・関 浩之名大SS2021-17 DC2021-22
有限オートマトンに,データ値を扱えるレジスタを追加して拡張したレジスタオートマトン (RA)は,所属問題や空問題が判定可... [more] SS2021-17 DC2021-22
pp.23-28
SS 2021-03-03
10:00
ONLINE オンライン開催 重み付き多重文脈自由文法とその性質について
井上裕介関 浩之名大SS2020-28
多重文脈自由文法(MCFG)は文字列の組を生成できるようにCFGを拡張した形式文法であり, 構文記述, 生物系列解析等へ... [more] SS2020-28
pp.1-6
SS 2021-03-03
10:25
ONLINE オンライン開催 レジスタオートマトンに変換可能な凍結演算子付き線形時相論理の部分クラス
大西 晃仙田涼摩名大)・高田喜朗高知工科大)・関 浩之名大SS2020-29
有限オートマトンに,データ値を扱えるレジスタを追加して拡張したレジスタオートマトン (RA)は,所属問題や空問題が判定可... [more] SS2020-29
pp.7-12
MSS, SS
(共催)
2021-01-27
15:25
ONLINE オンライン開催 レジスタをもつ計算モデルが表現する言語に対するポンプの補題
中西凜道仙田涼摩名大)・高田喜朗高知工科大)・関 浩之名大MSS2020-41 SS2020-26
レジスタオートマトン, レジスタ文脈自由文法, レジスタ木オートマトンは, 従来の計算モデルおよび文法にレジスタを追加し... [more] MSS2020-41 SS2020-26
pp.72-77
DC, SS
(共催)
2020-10-19
13:25
ONLINE オンライン開催 LTL Model Checking for Register Pushdown Systems
Ryoma SendaNagoya Univ.)・Yoshiaki TakataKUT)・Hiroyuki SekiNagoya Univ.SS2020-6 DC2020-23
A pushdown system (PDS) is known as an abstract model of rec... [more] SS2020-6 DC2020-23
pp.7-12
DE, IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(連催)
2020-09-05
15:10
ONLINE オンライン開催 木分解と木文法圧縮を利用したグラフ圧縮法および圧縮データへの直接問合せ処理法の提案と評価
小島和之関 浩之名大DE2020-13
 [more] DE2020-13
pp.1-6
SS, MSS
(共催)
2020-01-14
16:55
広島 広島市立大学 サテライトキャンパス モデル計数に基づく動的QIF解析法の提案と評価
福田大地関 浩之名大MSS2019-49 SS2019-33
プログラムのセキュリティ強度を表すために、情報の漏洩量の尺度として、量的情報流(QIF) が注目されている。
QIF ... [more]
MSS2019-49 SS2019-33
pp.49-54
DC, SS
(共催)
2019-10-24
14:30
熊本 熊本大学 Computing Optimal Weight in Weighted Register Automata and Related Decision Problems
Reo YoshimuraNagoya Univ.)・Yoshiaki TakataKochi-tech.)・Hiroyuki SekiNagoya Univ.SS2019-16 DC2019-44
 [more] SS2019-16 DC2019-44
pp.19-24
SS 2019-03-04
17:35
沖縄 沖縄産業支援センター 動的情報漏洩量の解析および適応的制御入力最適化
三輪竜矢関 浩之名大SS2018-68
プログラムのセキュリティの尺度として動的情報漏洩量が提案されている.本稿ではまず,与えられたプログラムの機密入力と観測出... [more] SS2018-68
pp.97-102
MSS, SS
(共催)
2019-01-16
09:00
沖縄 沖縄県青年会館 重み付きレジスタオートマトンの最小重み実行問題
吉村玲勇関 浩之名大MSS2018-66 SS2018-37
レジスタオートマトン(RA)とは有限オートマトンにレジスタを加えてデータ値を扱えるようにした計算モデルである.近年,遷移... [more] MSS2018-66 SS2018-37
pp.61-66
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-18
11:05
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 状態遷移学習による分散協調システムの異常診断法
渡邉陽介名大)・佐藤守一豊田中研)・関 浩之結縁祥治名大SS2018-3 KBSE2018-13
IoT(Internet of Things)の普及やつながるクルマの進展により,複数のシステムの連携が拡大している.シ... [more] SS2018-3 KBSE2018-13
pp.13-18
SS, MSS
(共催)
2018-01-18
14:15
広島 広島市立大学サテライトキャンパス レジスタ付き文脈自由文法に関する所属問題と空問題の計算複雑さ
仙田涼摩関 浩之名大MSS2017-54 SS2017-41
文脈自由文法に対してデータ値を扱えるような拡張を行った計算モデルとしてレジスタ付き文脈自由文法(RCFG)が提案されてい... [more] MSS2017-54 SS2017-41
pp.41-46
SS, DC
(共催)
2017-10-19
13:45
高知 高知市文化プラザかるぽーと トップ木に基づく圧縮データに対する直接更新法
西村 卓橋本健二関 浩之名大SS2017-22 DC2017-21
トップ木は木構造に対する圧縮法の一つである.トップ木に基づく圧縮データであるトップDAGおよび更新位置と更新の種類(ラベ... [more] SS2017-22 DC2017-21
pp.7-12
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
10:20
北海道 函館コミュニティプラザ 木文法に基づくグラフ圧縮法および圧縮グラフに対する頂点選択問合せ評価法
武田健志橋本健二関 浩之名大SS2017-1 KBSE2017-1
グラフはその汎用性の高さから様々な関係を表現することに用いられている.一方で,実用テ&#... [more] SS2017-1 KBSE2017-1
pp.1-6
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
11:10
北海道 函館コミュニティプラザ 車載ソフトウェアのためのダイナミックマップにおける動的情報の信頼性検証法
渡邉陽介名大)・佐藤守一豊田中研)・関 浩之結縁祥治名大SS2017-3 KBSE2017-3
自動車業界では,高精度な道路地図情報に他車両等の動的物体の情報を加えたダイナミックマップ(以下LDMと呼ぶ)が検討されて... [more] SS2017-3 KBSE2017-3
pp.13-18
 57件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会