お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WPT 2024-03-14
14:25
京都 京都大学(宇治キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
結合送電コイルを用いた三次元ワイヤレス電力伝送
作間啓太關谷尚人山梨大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SCE 2023-08-08
09:35
神奈川 横浜国立大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高Q値超伝導コイルを用いた小型に対する高効率ワイヤレス電力伝送
海老原 魁押本夏佳作間啓太關谷尚人山梨大SCE2023-1
本研究では高温超伝導(High-Temperature Superconducting: HTS)送電(Tx)コイルとカ... [more] SCE2023-1
pp.1-5
SCE 2023-08-08
10:00
神奈川 横浜国立大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高温超伝導体を用いたNMRのための高Q値RFコイルの開発
藤田貴紀山梨大/日本電子)・作間啓太關谷尚人山梨大)・豊島克幸日本電子)・大嶋重利山形大SCE2023-2
本研究では核磁気共鳴(NMR)装置のための高温超伝導体(HTS)を用いたRFコイル(HTSコイル)の設計精度を改善するた... [more] SCE2023-2
pp.6-10
MW 2022-12-15
13:05
三重 神宮会館(伊勢市)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
UHF帯における電波天文受信機のための広帯域超伝導ペンタバンド帯域通過フィルタ
良知颯太作間啓太山梨大)・赤堀卓也国立天文台)・關谷尚人山梨大MW2022-131
国立天文台の水沢VLBI観測所ではUHF帯域での広帯域電波観測を行う要望がある.しかし,電波干渉となるRFI(Radio... [more] MW2022-131
pp.1-6
MW 2022-11-15
14:30
長崎 福江文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
電波天文用広帯域受信機のための超伝導クワッドバンド帯域通過フィルタの開発
良知颯太作間啓太山梨大)・赤堀卓也国立天文台)・關谷尚人山梨大MW2022-114
国立天文台水沢VLBI観測所ではUHF(Ultra High Frequency)帯域(0.7 ~2.1 GHz)におけ... [more] MW2022-114
pp.31-36
SCE 2022-08-09
13:50
ONLINE オンライン開催(現地開催は中止) 高Q値超伝導バルクコイルの開発とワイヤレス電力伝送への応用
押本夏佳作間啓太關谷尚人山梨大SCE2022-8
本研究では,超伝導バルクの直径に制限があるため,超伝導バルクコイルを支持するサファイア基板の厚みによって超伝導バルクコイ... [more] SCE2022-8
pp.39-42
MW 2022-05-20
10:25
京都 京都大学 宇治キャンパス木質ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高品質高温超伝導薄膜を用いた高感度NMRピックアップコイルの開発 (1)
作間啓太山梨大)・藤田貴紀山梨大/JEOL RESONANCE)・大嶋重利山形大)・關谷尚人山梨大MW2022-17
 [more] MW2022-17
pp.13-17
MW, WPT
(共催)
2022-04-15
13:00
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]高周波用超伝導線材の開発とそれを用いた高Q値コイルによる高効率ワイヤレス電力伝送
關谷尚人山梨大WPT2022-5 MW2022-5
超伝導線材は直流では無損失であるが,高周波では構造上低損失を実現できずその利用は未開拓であった.本論文では高周波で低損失... [more] WPT2022-5 MW2022-5
p.18
WPT 2022-03-07
14:10
京都 京都大学 宇治キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]三次元ワイヤレス電力伝送のための複数コイルの結合を用いた送電コイルの設計
作間啓太池谷 光關谷尚人山梨大WPT2021-26
 [more] WPT2021-26
pp.30-33
SCE 2021-08-06
13:05
ONLINE オンライン開催 高Q値高周波用REBCO線材コイルの開発とワイヤレス電力伝送への応用
桶田将弘關谷尚人作間啓太山梨大SCE2021-1
我々は,高周波で低損失なREBCO線材を実現するために,新規REBCO線材構造を提案した.しかし,これまでは,支持材(発... [more] SCE2021-1
pp.1-4
SCE 2020-09-02
13:10
ONLINE オンライン開催 深宇宙探査用新型アンテナのための超伝導フィルタの開発
林 拓磨關谷尚人山梨大)・大野剛志日本通信機SCE2020-1
r-Al2O3基板を用いて深宇宙探査用アンテナのための超伝導帯域通過フィルタ(BPF)の開発を行った.基板に用いたr-A... [more] SCE2020-1
pp.1-4
SANE 2019-04-16
10:05
神奈川 防衛大学校 小型,低損失,急峻な遮断特性を有する超伝導マルチバンド帯域通過フィルタの開発
鶴岡 勉東京計器)・北田典敬日本製鋼所)・關谷尚人山梨大SANE2019-3
高速,大容量通信を実現するためには複数の周波数を同時に利用することが求められる.これらの要求を満たすには小型,低損失,急... [more] SANE2019-3
p.13
SCE 2018-04-20
15:30
東京 機械振興会館 新規超伝導線材構造を用いたコイルの高Q値化
小林晋也關谷尚人山梨大SCE2018-6
本研究では,コイルのQ値を改善するために2本のREBCO線材で構成される線材構造を提案した.提案構造はハステロイによる損... [more] SCE2018-6
pp.29-32
MW 2017-12-20
10:10
東京 国士舘大学 小型8段超伝導トリバンド帯域通過フィルタの開発
海野雄丈關谷尚人山梨大MW2017-155
提案する給電方法を用いて超伝導小型8段トリバンド帯域通過フィルタ(TBPF)の設計,作製,評価を行った.TBPFはデュア... [more] MW2017-155
pp.77-82
SCE 2017-04-21
15:00
東京 機械振興会館 新しい給電構造を用いた送信用超伝導ダブルストリップ共振器フィルタの開発
小林晋也關谷尚人山梨大SCE2017-10
SL給電を用いた送信用超伝導ダブルストリップ共振器(DSR)フィルタの開発を行った.SL給電は超伝導パターンで形成するた... [more] SCE2017-10
pp.53-56
MW 2016-12-16
13:50
神奈川 防衛大学校 独立して中心周波数が可変な超伝導チューナブルデュアルバンド帯域通過フィルタの研究
海野雄丈關谷尚人山梨大MW2016-163
1つの共振器で2つの共振を持つデュアルバンドパス共振器に,誘電体ロッドを用いて各共振で独立周波数チューニングが可能な方法... [more] MW2016-163
pp.177-181
MW, WPT
(共催)
2016-04-21
14:10
東京 機械振興会館 スタブ装荷メアンダライン共振器を用いた超伝導トリバンド帯域通過フィルタの設計
海野雄丈關谷尚人山梨大WPT2016-6 MW2016-6
2つのフィルタを組み合わせた超伝導トリバンド帯域通過フィルタ(TBPF)の設計を行った.TBPFの中心周波数は3.5,4... [more] WPT2016-6 MW2016-6
pp.27-32
SCE 2016-04-20
15:20
東京 機械振興会館 超伝導テープ線材を用いた無線電力伝送の基礎研究
文珠川祐輝關谷尚人山梨大SCE2016-6
本研究では,高温超伝導(HTS)テープ線材を用いた無線電力伝送(WPT)システムの設計,作製,評価を行った.WPTシステ... [more] SCE2016-6
pp.31-35
SCE 2016-04-20
15:45
東京 機械振興会館 0.8/2.0 GHz帯小型超伝導デュアルバンド帯域通過フィルタ
關谷尚人山梨大SCE2016-7
 [more] SCE2016-7
pp.37-41
AP 2016-03-10
17:10
山梨 石和温泉(かんぽの宿) [特別講演][口頭発表]基地局用超伝導体フィルタの研究開発及び超伝導無線電力伝送の基礎検討
關谷尚人山梨大
 [more]
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会