お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SSS 2013-09-26
10:30
東京 機械振興会館 作動要求時平均機能失敗確率(PFD)算定のための平均フォールト時間について
小谷田一詞陶山貢市東京海洋大)・佐藤吉信日本環境認証機構SSS2013-14
機能安全規格は、低頻度作動要求モードで運用する安全関連系の安全度を当該安全関連系の作動要求時平均機能失敗確率PFDavg... [more] SSS2013-14
pp.1-4
R 2008-12-12
14:25
東京 機械振興会館 拡張優先ANDゲートの概念を応用した回復系のダイナミックFT解析
小杉のぶ子陶山貢市東京海洋大R2008-42
優先ANDゲートなどのダイナミックなゲートを含むフォールトツリーの定量解析法としては,マルコフ解析とBDDを組み合わせた... [more] R2008-42
pp.17-24
R 2008-10-17
14:45
福岡 九州工業大学 拡張優先ANDゲートのマルコフ解析における優先遷移ルール
陶山貢市小杉のぶ子東京海洋大R2008-31
筆者らはすでに,複数の出力生起状態を有するという意味で優先ANDゲートの概念を拡張した拡張優先ANDゲートを提案した.本... [more] R2008-31
pp.19-26
R 2008-06-20
13:00
東京 機械振興会館 優先ANDゲートの拡張とその定量的解析
陶山貢市小杉のぶ子東京海洋大R2008-15
時間的な順序関係を表現する優先ANDゲートは事故シナリオなどをフォールトツリーで表現する上で非常に重要である.本稿ではそ... [more] R2008-15
pp.1-8
R, SSS
(共催)
2007-12-14
14:55
東京 機械振興会館 安全トリップのある安全関連系の機能安全について
牟田 仁陶山貢市佐藤吉信東京海洋大R2007-57 SSS2007-30
 [more] R2007-57 SSS2007-30
pp.15-18
R 2007-06-22
13:00
東京 機械振興会館 単一チームにより修理される冗長システムのアンアベイラビリティ解析 ~ マルコフ解析の問題点とその解決 ~
小杉のぶ子陶山貢市東京海洋大R2007-14
現実的かつ実用上重要な単一チームにより修理される冗長システムに対しては,従来から状態遷移図に基づくマルコフ解析が行われて... [more] R2007-14
pp.1-6
R 2006-06-23
13:25
東京 機械振興会館 IEC61508におけるSFFの危険事象率に与える影響について
岩間一雄東京海洋大/インターリスク総研)・下平庸晴インターリスク総研)・佐藤吉信陶山貢市東京海洋大
 [more] R2006-15
pp.1-6
R, SSS
(共催)
2005-12-16
13:00
東京 機械振興会館 安全側故障についての一考察 ~ IEC61508における安全側故障の割合の課題 ~
岩間一雄東京海洋大/インターリスク総研)・下平庸晴インターリスク総研)・佐藤吉信陶山貢市東京海洋大
IEC 61508規格は,全安全ライフサイクルに関する機能安全を達成し,維持することを目的に要求事項を規定しており,我が... [more] R2005-47 SSS2005-26
pp.1-4
R, SSS
(共催)
2005-12-16
13:25
東京 機械振興会館 単一チームにより修理されるシステムのマルコフ解析
岩間一雄東京海洋大/インターリスク総研)・下平庸晴インターリスク総研)・佐藤吉信陶山貢市東京海洋大
一般に、単一修理チームをもつ冗長システムのアンアベイラビリティの導出にマルコフモデルを用いている.
しかし,マルコフモ... [more]
R2005-48 SSS2005-27
pp.5-10
R 2005-06-24
13:55
東京 機械振興会館 優先ANDゲートのマルコフ解析
田辺安雄下平庸晴陶山貢市佐藤吉信東京海洋大
システムの安全評価に使用するフォールトツリー解析で,状態生起の前後関係を記述する優先ANDゲートにはいくつかのタイプが有... [more] R2005-17
pp.13-19
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会