お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, ICSS
(共催)
2015-06-12
10:30
福岡 九工大 百周年中村記念館 標的型攻撃検知機構の実証実験
武藤健一郎奥村恭弘蔵本晋也池田英守畑田充弘渡辺喬之NTTコミュニケーションズ)・佐藤 徹青木一史NTT)・村上純一磯 和幸薫田康弘FFRI)・名和利男木内 舞CDIIA2015-9 ICSS2015-9
本研究では、標的型攻撃に対するサイバー攻撃防御モデルの一構成要素である検知機構について、通常業務との不一致/乖離に着目し... [more] IA2015-9 ICSS2015-9
pp.45-50
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
09:00
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) ネットワーク特性を考慮した不正通信検知ルールセットの最適化手法の提案と評価
中田健介神谷和憲倉上 弘青木一史八木 毅NTTICSS2013-74
近年,ネットワークを介した,各種のサービスや端末へのサイバー攻撃はますます進化している.
サイバー攻撃に用いられる手口... [more]
ICSS2013-74
pp.95-100
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
12:05
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 制御フローと通信の関連性分析に基づくC&Cサーバ特定手法の提案
幾世知範青木一史針生剛男NTTICSS2013-81
近年,マルウェア感染攻撃の高度化・多様化によってマルウェア感染の防止が困難になってきていることを背景に,感染端末を発見・... [more] ICSS2013-81
pp.137-142
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
14:20
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) マルウェア感染端末検知のためのHTTP通信プロファイル技術の設計
千葉大紀中田健介秋山満昭青木一史神谷和憲八木 毅NTTICSS2013-84
近年マルウェア感染を起因とするサイバー攻撃が急増しており,マルウェア感染を未然に防ぐ事前対策だけでなく,マルウェア感染端... [more] ICSS2013-84
pp.155-160
IA, ICSS
(共催)
2011-06-17
15:00
福岡 九州工業大学 マルウェアを用いたWebサイト改ざん手法の分析
八木 毅中山心太秋山満昭青木一史針生剛男伊藤光恭NTTIA2011-13 ICSS2011-13
近年,正規Webサイトを悪用してユーザをマルウェアに感染させる攻撃が脅威となっている.この攻撃では,正規Webサイトが改... [more] IA2011-13 ICSS2011-13
pp.75-80
ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC
(連催) [詳細]
2010-07-01
13:25
青森 弘前大学 検索エンジンによるマルウェア接続先評価手法の提案
青木一史秋山満昭岩村 誠伊藤光恭NTTISEC2010-18 SITE2010-14 ICSS2010-24
マルウェアの動的解析は,インターネットへの接続が可能な環境で行うことで,より多くの解析結果を取得できる.しかしながら,全... [more] ISEC2010-18 SITE2010-14 ICSS2010-24
pp.75-80
ICSS 2009-05-15
15:10
兵庫 神戸大学 スパムメールに起因するWeb型受動攻撃の実態調査
川古谷裕平秋山満昭青木一史伊藤光恭NTT)・高倉弘喜京大ICSS2009-5
近年、スパムメールを利用してインターネットユーザを悪意のあるWebサイトに誘導し、ユーザのブラウザを攻撃することでマルウ... [more] ICSS2009-5
pp.21-26
MBE 2005-10-14
14:25
大阪 大阪大学待兼山会館 縮約された細胞時計機構モデルを用いた視交叉上核ダイナミクスのモデル化
青木一史中尾光之片山統裕東北大
視交叉上核は哺乳類における生物時計の生理的実体であると言われている.この部位における分子時計機構モデルを縮約し,そこに細... [more] MBE2005-77
pp.37-40
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会