お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2016-12-10
13:20
大阪 近畿大学東大阪キャンパス 音声検出を併用した顔映像による発話検出 ~ 日本語文提示システムにおける読書行動把握のための部分システム ~
田代修一青木 崇青木恭太原田浩司宇都宮大ET2016-70
本稿では,音読中の口の動きと読み上げ音声を組み合わせて発話検出を行う.画像処理によって口が動いた区間を検出し,読み上げ音... [more] ET2016-70
pp.21-26
ET 2016-12-10
13:45
大阪 近畿大学東大阪キャンパス 読み誤りや雑音を含む読み上げ音声からの読位置検出 ~ 日本語文提示システムにおける読書行動把握 ~
青木 崇田代修一青木恭太原田浩司宇都宮大ET2016-71
一人で大勢の生徒を指導しなければならない通常学級における教師にとって,個別指導は困難である.個別指導の必要性を軽減するこ... [more] ET2016-71
pp.27-32
RCC, ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2015-07-29
10:50
長野 JA長野県ビル [依頼講演]新しいスポーツの見方を作る -バーチャルリアリティや動画共有の事例から-
青木崇行カディンチェASN2015-22
 [more] ASN2015-22
p.13
ET 2015-06-06
13:50
三重 三重大学工学部大会議室 読み上げ音声認識機能を用いた日本語文提示システムの読者行動把握
青木 崇田代修一青木恭太村山慎二郎原田浩司宇都宮大ET2015-17
一人で大勢の生徒を指導しなければならない通常学級における教師にとって,個別指導は困難である.個別指導の必要性を軽減するた... [more] ET2015-17
pp.37-42
ET 2015-06-06
15:00
三重 三重大学工学部大会議室 顔映像認識による日本語文提示システムの読者行動把握
田代修一青木 崇青木恭太村山慎二郎原田浩司宇都宮大ET2015-19
利用者の読書中の口の動きを計測し,発話区間を推定する機能を持つ日本語文提示システムを構築した.従来の日本語文提示システム... [more] ET2015-19
pp.49-54
NLP 2012-04-19
16:40
三重 いせシティプラザ 簡素なスパイキング発振器のカオスの分岐とスパイク間隔分布
坪根 正青木崇浩長岡技科大NLP2012-9
 [more] NLP2012-9
pp.45-48
NLP 2011-12-15
14:50
青森 弘前大学創立50周年記念会館 不感時間を有する区分定数カオススパイキング発振器のスパイク間隔分布の分岐
青木崇浩坪根 正長岡技科大NLP2011-121
本稿では,区分的に定数なベクトル場を持つカオススパイキング発振器(CSO)の
スパイク間隔分布(ISI)について議論を... [more]
NLP2011-121
pp.25-30
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2009-07-16
13:30
京都 ATR(京都) Smart Corridor: 移動空間を想定したスマート環境の構築
伊藤昌毅小川正幹金澤貴俊徳田義幸中川直樹山本純平青木崇行間 博人中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大USN2009-17
本稿では,Smart Corridorと呼ぶ,建物内や都市や学校などにおける移動空間を想定したスマート環境構築を目指す研... [more] USN2009-17
pp.53-58
USN 2007-05-25
15:15
東京 東京電機大学(東京) ロボティックセンサネットワーク用ミドルウェアの開発
青木崇行慶大)・桐原幸彦トリプルダブル)・中澤 仁徳田英幸慶大USN2007-19
センサノードを物理的に運動可能なロボティックアクチュエータと統合することにより,センサ自身が回転・移動可能になり,より少... [more] USN2007-19
pp.103-108
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会