お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2022-11-08
11:50
高知 高知城歴史博物館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
オールフォトニクス・ネットワークに適応する全光波長帯変換技術を活用した光信号伝送特性取得手法の提案
巳波春香広瀬健太深谷崇文中川雅弘関 剛志清水新平小林孝行風間拓志圓佛晃次渡邉 啓梅木毅伺宮村 崇NTTPN2022-30
超低消費電力,高品質・大容量,超低遅延なネットワークインフラを提供するために,任意の 2 地点間に光直結パスを提供するこ... [more] PN2022-30
pp.48-52
OPE, OCS, LQE
(共催)
2022-10-21
10:25
愛媛 松山市民会館 小ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]PPLN波長変換器を介したC帯送受信機によるS帯WDM伝送
加藤智行村中秀史田中 有秋山祐一星田剛司富士通)・清水新平小林孝行風間拓志梅木毅伺渡辺 啓宮本 裕NTTOCS2022-30 OPE2022-76 LQE2022-39
開発済みのリアルタイム光送受信機と波長変換器を組み合わせることで,光送受信機の新規開発を待たずにC+L帯を超えたマルチバ... [more] OCS2022-30 OPE2022-76 LQE2022-39
pp.70-75
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2021-11-18
13:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]PPLN導波路モジュールによる光パラメトリック増幅中継器を用いた大容量・長距離WDM伝送
小林孝行清水新平中村政則風間拓志梅木毅司笠原亮一濱岡福太郎宮本 裕NTTOCS2021-29
シングルモードファイバを用いた光ファイバ伝送システムの大容量化に向けて、波長多重に用いる光帯域の拡大が検討されている.我... [more] OCS2021-29
pp.5-8
PN 2021-03-01
14:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]PPLN導波路モジュールを用いた光パラメトリック増幅による広帯域波長多重光増幅中継伝送
小林孝行清水新平中村政則梅木毅伺風間拓志笠原亮一濱岡福太郎長谷宗彦山崎裕史野坂秀之宮本 裕NTTPN2020-44
光伝送システムの大容量化においては,信号の多値化による周波数利用効率の向上に加えて,波長多重に用いる光帯域の拡張が有効で... [more] PN2020-44
pp.15-19
OPE, OCS, LQE
(共催)
2020-10-23
10:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]PPLNを用いた光パラメトリック増幅による広帯域WDM伝送
小林孝行清水新平中村政則梅木 毅風間拓志笠原亮一濱岡福太郎長谷宗彦山崎裕史野坂秀之宮本 裕NTTOCS2020-11 OPE2020-34 LQE2020-14
光ファイバ伝送システムにおいて,波長多重に用いる光帯域の拡張は大容量化に有効である.本稿では,周期分極反転LiNbO3 ... [more] OCS2020-11 OPE2020-34 LQE2020-14
pp.17-20
OME, OPE
(共催)
2016-11-24
15:00
宮城 東北大学片平キャンパス ナノ・スピン総合研究棟 PPLN導波路を用いたDWDM信号の一括位相感応増幅
風間拓志梅木毅伺阿部真志圓佛晃次宮本 裕竹ノ内弘和NTTOME2016-48 OPE2016-98
 [more] OME2016-48 OPE2016-98
pp.1-5
OPE, LQE, OCS
(共催)
2015-10-30
16:15
大分 別府国際コンベンションセンター 複数PPLN二次元集積素子を用いた位相感応増幅動作の実証
風間拓志梅木毅伺圓佛晃次NTT)・遊部雅生東海大)・竹ノ内弘和NTTOCS2015-69 OPE2015-119 LQE2015-88
(事前公開アブストラクト) 我々は周期分極反転LiNbO3(PPLN)導波路を用いた位相感応増幅器の研究を進めてきており... [more] OCS2015-69 OPE2015-119 LQE2015-88
pp.141-144
MWP, EMT, PN, LQE, OPE, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-01-24
13:10
京都 同志社大学(烏丸キャンパス) 反射型多モード干渉導波路を用いた複数PPLN集積素子による第2高調波励起波長変換
風間拓志梅木毅詞遊部雅生竹ノ内弘和NTTPN2013-74 OPE2013-188 LQE2013-174 EST2013-123 MWP2013-94
従来のレーザ増幅器の標準量子限界以下での低雑音増幅が可能な位相感応増幅器(PSA)が注目されている。我々は周期分極反転L... [more] PN2013-74 OPE2013-188 LQE2013-174 EST2013-123 MWP2013-94
pp.263-266
OFT 2011-01-27
16:25
長崎 長崎県勤労福祉会館 光周波数コムと可変光遅延線を用いたOFDRにおけるフェーディング雑音低減手法
風間拓志何 祖源東大)・古敷谷優介ファン シンユウ伊藤文彦NTT)・保立和夫東大OFT2010-54
光ファイバ故障診断技術として光周波数領域分布反射計(Optical Frequency Domain Reflectom... [more] OFT2010-54
pp.37-42
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会