お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM 2013-03-15
13:20
鹿児島 屋久島環境文化村センター サービス監視用OSSにおけるスケールアウト方式の提案
村松宏基青山晋也藤部秀樹中村 修高橋和秀NTTドコモICM2012-72
著者らは,これまで,サービス監視用OSSの実装とその評価を行ってきたが,大規模なシステムに拡張する上で,スケールアウト時... [more] ICM2012-72
pp.77-82
ICM 2013-03-15
14:50
鹿児島 屋久島環境文化村センター 移動体通信網におけるサービス影響度推定技術の実装
阿部政浩久野友也田村宏直古谷雅典高橋和秀NTTドコモICM2012-76
現在の通信網における監視・保守業務は,保守者に蓄積されたノウハウを基に,複数発生している警報の中から優先順位を付け,原因... [more] ICM2012-76
pp.101-106
NS 2013-01-24
16:55
熊本 熊本大学 [招待講演]ディザスタリカバリを経済的に実現するOSS構成技術
高橋和秀NTTドコモNS2012-151
2011年3月に発生した東日本大震災は,通信サービスに重大な影響を与えた.OSS(Operations Support ... [more] NS2012-151
pp.61-66
ICM 2012-07-13
09:30
北海道 小樽市民会館 広域分散オペレーションサポートシステムの実用化
竹内康裕ドコモ・テクノロジ)・香川康介田村宏直古谷雅典高橋和秀NTTドコモICM2012-24
 [more] ICM2012-24
pp.25-30
ICM 2012-07-13
10:20
北海道 小樽市民会館 分散データ駆動型アーキテクチャを用いたサービス監視用OSSの実装と評価
村松宏基青山晋也藤部秀樹中村 修高橋和秀NTTドコモICM2012-26
多様なネットワーク利用形態(スマートフォン等)でサービス状況をリアルタイムに監視するOSS(Operation Supp... [more] ICM2012-26
pp.37-42
ICM 2012-03-15
10:00
沖縄 沖縄県男女共同参画センター 大規模災害時におけるNE監視方式の提案
高田 久田村宏直古谷雅典高橋和秀NTTドコモICM2011-49
移動体通信ネットワークを構成する各種NE(Network Element)を管理するシステムをOSS(オペレーションサポ... [more] ICM2011-49
pp.7-12
ICM 2012-03-16
12:50
沖縄 沖縄県男女共同参画センター システム更改における総合試験効率化に関する一検討
阿部政浩久野友也南方伸哉古谷雅典高橋和秀NTTドコモICM2011-61
近年,システム更改と合わせて運用・維持コストの削減が実施されている.システム更改開発の中で,更改前後のシステム動作に差分... [more] ICM2011-61
pp.77-82
ICM 2012-03-16
16:30
沖縄 沖縄県男女共同参画センター 分散データ駆動型アーキテクチャを用いたサービス監視用OSSの実現性検討
青山晋也岩見早紀村松宏基藤部秀樹浪江聡志高橋和秀NTTドコモICM2011-71
多様なネットワーク利用形態(スマートフォン等)でサービス状況をリアルタイムに監視するOSS(Operation Supp... [more] ICM2011-71
pp.137-142
ICM, CQ, NS
(併催)
2011-11-10
09:30
青森 弘前大学 OSSを構成するプライベートクラウド運用管理システムの実用化
香川康介田村宏直浪江聡志古谷雅典高橋和秀NTTドコモICM2011-22
筆者らは,数千台規模の小規模IAサーバを束ねて高処理能力を得ることが可能な,分散データ駆動型アーキテクチャ(D3A:Di... [more] ICM2011-22
pp.13-18
ICM 2011-07-08
09:50
岐阜 飛騨地域地場産業振興センター 分散データ駆動型アーキテクチャを用いた伝送OSSの実用化
松本 徹陳野悠人宮脇 豊高橋和秀NTTドコモICM2011-16
 [more] ICM2011-16
pp.39-44
ICM 2011-07-08
10:25
岐阜 飛騨地域地場産業振興センター サービス監視の実現に向けた課題と考察
村松宏基藤部秀樹浪江聡志高橋和秀NTTドコモICM2011-17
スマートフォンやLTEに代表されるように,携帯電話では様々な利用形態が提供されるようになってきており,NE監視によって安... [more] ICM2011-17
pp.45-50
ICM 2011-03-11
14:40
沖縄 宮古島マリンターミナル 総合試験工程に対する自動試験適用範囲拡大によるLTE基地局対応OSSの開発効率化の評価
藤井健太郎秋山晋作岸川雄紀杉原 学浪江聡志高橋和秀NTTドコモICM2010-67
我々はWebフロントエンドのOSS開発を行っており、OSSへの新規機能追加に伴う総合試験工程において自動化ツールの適用に... [more] ICM2010-67
pp.75-80
ICM 2011-03-11
15:00
沖縄 宮古島マリンターミナル 通信網におけるカスタマイズ可能なOSSの実装
久野友也南方伸哉古谷雅典高橋和秀NTTドコモICM2010-68
通信網におけるOSSにおいて,装置追加や業務要件の変更に伴い,保守者が業務フローをカスタマイズする要求が増している.装置... [more] ICM2010-68
pp.81-86
NS, ICM, CQ
(併催)
2010-11-19
17:10
京都 京都大学 桂キャンパス 総合試験工程の自動化によるLTE基地局対応OSSの開発効率化の評価
岸川雄紀杉原 学浪江聡志高橋和秀NTTドコモICM2010-32
 [more] ICM2010-32
pp.43-47
ICM, IPSJ-IOT
(連催)
2010-05-13
13:50
新潟 新潟大学駅南キャンパス ときめいと 分散データ駆動型アーキテクチャのロケーションフリー化への課題 ~ 広域ディザスタリカバリ対策 ~
竹内康裕ドコモ・テクノロジ)・田村宏直高橋和秀NTTドコモ)・吉村一寿鈴木吉行ドコモ・テクノロジICM2010-3
近年、BCP(業務継続計画)策定は企業の緊急課題であり、これに対応してミッションクリティカルなシステムに対する広域ディザ... [more] ICM2010-3
pp.11-16
ICM 2010-03-12
15:10
鹿児島 おきえらぶフローラルホテル NE仕様定義の自動生成による大規模OSSソフトウェア生産性向上法の提案
山本直樹中村貴由紀安田洋史ドコモ・テクノロジ)・高橋和秀NTTドコモICM2009-68
筆者らは,オペレーションサポートシステム(OSS:Operation Support System)が管理するネットワー... [more] ICM2009-68
pp.133-138
LOIS, ICM
(併催)
2010-01-22
16:00
福岡 福岡工業大学 分散データ駆動型アーキテクチャを用いたフェムトセル基地局対応OSS構築の生産性評価 ~ D3AのSOAとしての生産性評価 ~
田原拓永藤部秀樹浪江聡志高橋和秀NTTドコモICM2009-42
新サービスを提供する際の開発コストを抑制することは,テレコムオペレータとして重要な課題である.
我々は,OSSを実現す... [more]
ICM2009-42
pp.39-44
ICM 2009-03-13
14:20
鹿児島 奄美サンプラザホテル PCクラスタを用いた大規模トラヒックデータ管理システムの実用化
田村宏直牧野宏哉牧野雄至高橋和秀平田昇一NTTドコモICM2008-81
NE(Network Element)から定期的に収集するトラヒック・データ(TD:Traffic Data)は,ネット... [more] ICM2008-81
pp.131-136
ICM 2009-03-13
14:40
鹿児島 奄美サンプラザホテル 分散データ駆動型アーキテクチャを用いたサービス提供基盤の提案
河野陽介富澤彰之・○中村貴由紀安田洋史ドコモ・テクノロジ)・高橋和秀NTTドコモICM2008-82
NGN (Next Generation Network)のサービス提供基盤として提唱されているSDP (Service... [more] ICM2008-82
pp.137-142
CS, IN, NS
(併催)
2008-09-11
16:35
宮城 東北大学 [招待講演]大規模分散制御の動向と現状
高橋和秀NTTドコモNS2008-55 IN2008-49 CS2008-18
クラウドコンピューティング、グリッドコンピューティング、PC クラスタ等の大規模分散制御技術が、注目を集めている。本稿で... [more] NS2008-55 IN2008-49 CS2008-18
pp.75-80(NS), pp.33-38(IN), pp.7-12(CS)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会