お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
09:55
広島 広島市青少年センター 伝送路予測多重遅延検波を用いたマルチキャリア差動トレリス符号化変復調
久保哲朗高橋拓也久保博嗣立命館大IT2019-61 SIP2019-74 RCS2019-291
本報告では,優れた2重選択性耐性と受信感度を両立する,マルチキャリア (MC : multi-carrier) 差動トレ... [more] IT2019-61 SIP2019-74 RCS2019-291
pp.143-148
IN, IA
(併催)
2019-12-19
14:25
広島 サテライトキャンパスひろしま LoRa通信における長期間測定データの実験的分析
高橋拓也鈴木一哉秋田県立大IA2019-48
センサーデータなど少量のデータを省電力に送るというユースケースに対して,近年LPWAと呼ばれる無線通信技術が登場し,活用... [more] IA2019-48
pp.1-5
AP, RCS
(併催)
2019-11-22
15:45
佐賀 佐賀大学 [依頼講演]水中音響通信用無線伝送方式とその音響実験水槽と海洋浅瀬環境における性能比較
久保博嗣塚本圭哉吉井綸太朗高橋拓也佐野隆貴立命館大AP2019-140 RCS2019-235
本報告では,水中音響通信 (UWAC) 用無線伝送方式の特徴比較とそれらの実験による性能評価結果について論じている.ここ... [more] AP2019-140 RCS2019-235
pp.187-192(AP), pp.181-186(RCS)
MRIS, ITE-MMS, IEE-MAG
(連催)
2019-10-17
17:15
福岡 九州大学 (西新プラザ) 点接合分光法を用いた遍歴強磁性体SrRuO3の電子状態測定
志賀雅亘高橋拓也原田琢良九大)・神原 浩天谷健一信州大)・稲垣祐次河江達也九大MRIS2019-26
SrRuO3はTc = 160 Kの遍歴強磁性体である。これまでに点接合分光法を用いたSrRuO3の単結晶薄膜試料でのス... [more] MRIS2019-26
pp.65-69
CNR 2019-08-28
11:00
北海道 札幌市資料館 人形遊戯におけるオノマトペと動作の相互想起
高橋拓也・○角 康之公立はこだて未来大CNR2019-13
オノマトペは動作の様子や程度を表現するのに優れている言語である.言語表現である以上,同じオノマトペ表現に対して多くの人が... [more] CNR2019-13
pp.7-12
RCS 2019-06-21
10:10
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 伝送路予測多重遅延検波を用いた差動トレリス符号化変調
久保哲朗高橋拓也久保博嗣立命館大RCS2019-86
本報告では,高速時変伝送路下において良好な追随特性と受信感度を両立する通信方式について論じる.
移動に伴う高速フェージ... [more]
RCS2019-86
pp.285-290
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
10:55
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 水中音響通信モデムの実験性能評価結果 ~ 音響実験水槽と海洋浅瀬音響環境における性能比較 ~
久保博嗣竹村真志塚本圭哉吉井綸太朗高橋拓也佐野隆貴立命館大RCS2018-306
本報告では,水中音響通信 (UWAC) モデムの実験による性能評価結果について論じている.ここで,UWACモデムに関して... [more] RCS2018-306
pp.133-138
RCS 2018-06-21
13:20
長崎 長崎大学 予測形多重遅延検波を用いた高速鉄道用マルチキャリア空間波列車無線
高橋拓也下村和輝久保博嗣立命館大RCS2018-57
本報告では,空間波無線を前提とした高速鉄道向けの列車無線に関して論じる.列車無線では,(1)少ない周波数資源によるシステ... [more] RCS2018-57
pp.131-136
RCS 2018-06-21
13:40
長崎 長崎大学 水中音響通信のための64kbps差動マルチキャリア伝送方式とPer-Survivor Processingによる予測形多重遅延検波
吉井綸太朗竹村真志高橋拓也久保博嗣立命館大RCS2018-59
本報告では,水中音響通信における大容量通信方式として,per-survior processingによる多重遅延検波 (... [more] RCS2018-59
pp.143-148
USN 2010-05-21
10:45
東京 機械振興会館 機械式駐車場における安全のためのマイクロ波人感知センサの設計と特性
高橋拓也・○内藤文博梅比良正弘茨城大USN2010-6
機械式駐車場の省人化を狙いとして、駐車場設備内での人の閉じ込め防止のためのマイクロ波を用いた人感知センサが検討されている... [more] USN2010-6
pp.25-30
IN, ICM, LOIS
(併催)
2006-01-20
10:50
京都 京都大学 VoIPネットワークにおけるEnd-to-End QoS監視システムの構築
高橋拓也鈴木裕和間瀬憲一新潟大
VoIPではネットワークのサービス品質(QoS)の低下が直接音声品質の低下に結びつくため,ネットワークを常に監視し,ネッ... [more] TM2005-52
pp.61-66
CQ, RCS
(併催)
2005-04-22
09:40
京都 ATR VoIPネットワークにおける End-to-End QoS監視システムの構築
鈴木裕和高橋拓也金子孝二三浦輝典間瀬憲一新潟大
近年,コスト削減を目的として企業内LAN においてVoIP を利用する報告が増えている.
VoIP ではネットワーク品... [more]
CQ2005-10
pp.11-14
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会