お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2022-05-20
14:15
長野 長野ターミナル会館+サブ会場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自律制御ループ方式における事象分類方式の提案
佐々木幸次酒井 優高橋謙輔近藤 悟NTTICM2022-9
保全オペレーションの機能を部品化することで各運用部品が自律的に動作する自律制御ループ方式が提案されている.対象サービスを... [more] ICM2022-9
pp.42-46
LOIS, ICM
(共催)
2022-01-27
13:00
ONLINE オンライン開催 マイクロサービスシステム上での複数監視データに基づく障害原因推定手法の提案と評価
松本 瞬酒井 優高橋謙輔近藤 悟NTTICM2021-33 LOIS2021-31
サービスを構成する要素を小さなコンポーネントに分割し,各コンポーネントどうしを互いに協調させることでサービスを提供するマ... [more] ICM2021-33 LOIS2021-31
pp.1-6
LOIS, ICM
(共催)
2022-01-27
13:25
ONLINE オンライン開催 分散表現を活用した情報識別技術の検討
小山内遥香酒井 優佐々木幸次金丸 翔高橋謙輔近藤 悟NTTICM2021-34 LOIS2021-32
 [more] ICM2021-34 LOIS2021-32
pp.7-12
ICM 2021-07-16
11:50
ONLINE オンライン開催 自律制御ループ方式における可観測性向上に向けたデータ取得及び連携方式の提案
高橋謙輔佐々木幸次豊嶋剛司NTTICM2021-19
Business to Business to X(B2B2X)ビジネスの拡大に伴い,サービス事業者は新たな卸サービスの... [more] ICM2021-19
pp.52-57
ICM 2021-03-18
09:00
ONLINE オンライン開催 APIアダプタテストコード自動生成方式の提案
金丸 翔佐々木幸次高橋謙輔豊嶋剛司NTTICM2020-59
B2B2X (Business to Business to X)ビジネスモデルの普及に伴い,複数の卸サービスを組み合わ... [more] ICM2020-59
pp.1-6
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-22
12:15
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]マイクロサービスのトレースデータを利用したペトリネットモデル構築の検討
酒井 優高橋謙輔近藤 悟NTTICM2020-57 LOIS2020-45
 [more] ICM2020-57 LOIS2020-45
pp.137-142
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-26
10:20
ONLINE オンライン開催 構築・保全システム間連携によるサービス情報自動流通方式の適用と評価
片柳亮太高橋謙輔近藤 悟NTTICM2020-20
近年,B2B2X(Business to Business to X)ビジネスの普及に伴い,複数のサービスを組合せた「連... [more] ICM2020-20
pp.13-18
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-26
11:45
ONLINE オンライン開催 ジニ係数を用いたスクラムチームにおける開発安定性測定手法の提案と考察
高橋謙輔金丸 翔豊嶋剛司NTTICM2020-23
本稿では,コミットログから取得可能な値を用いてジニ係数を算出することで,アジャイル開発における開発安定性を測定する手法を... [more] ICM2020-23
pp.29-34
ICM 2020-03-02
09:40
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
[奨励講演]複数連携サービスのトレースデータに基づくサービスグラフ構築手法の提案
酒井 優高橋謙輔近藤 悟NTTICM2019-42
近年,サービスを細かく分割しそれぞれにインタフェースを持たせ,サービス同士で相互に通信し連鎖的に動作することでエンドユー... [more] ICM2019-42
pp.5-10
ICM 2020-03-02
10:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
[奨励講演]自律制御ループ方式におけるメッセージ制御方式の提案
池谷友基高橋謙輔近藤 悟NTTICM2019-43
B2B2X(Business to Business to X)ビジネスの拡大に伴い,サービス事業者は新たな卸サービスの... [more] ICM2019-43
pp.11-16
ICM 2020-03-03
11:10
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
障害復旧に向けたオーダ履歴管理方式の提案
高橋謙輔池谷友基金丸 翔豊嶋剛司NTTICM2019-53
 [more] ICM2019-53
pp.67-72
ICM 2020-03-03
11:30
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
APIアダプタのC-PlaneおよびU-Planeの包括的な試験自動化手法の提案
金丸 翔池谷友基高橋謙輔豊嶋剛司NTTICM2019-54
 [more] ICM2019-54
pp.73-78
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
11:45
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス エージェント型監視システムにおける監視間隔動的調整手法の提案
酒井 優高橋謙輔近藤 悟NTTICM2019-22
近年,ICTサービスの複雑化に伴い,サービス監視業務に要する保守者の稼働や,監視システムによる監視対象への負荷の増大が問... [more] ICM2019-22
pp.7-12
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-22
14:30
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 自律制御ループ方式における運用部品開発の容易化方式の提案
池谷友基高橋謙輔近藤 悟NTTICM2019-26
B2B2X(Business to Business to X)ビジネスの拡大に伴い,サービス事業者は新たな卸サービスの... [more] ICM2019-26
pp.27-32
ICM, LOIS
(共催)
2019-01-25
11:50
鹿児島 鹿児島県文化センター オーケストレータのためのカタログ作成支援フレームワークの提案
高橋謙輔片柳亮太小内信夫大谷未稚NTTICM2018-48 LOIS2018-54
 [more] ICM2018-48 LOIS2018-54
pp.69-74
ICM 2018-03-09
11:30
沖縄 沖縄青年会館 複数事業者間のサービス連携を実現するオーケストレータ
高橋謙輔田中宏幸小内伸夫矢崎啓之加藤 浩NTTICM2017-71
新たなサービス創出を促進するため,IoT(Internet of Things)・仮想化技術(NFV(Network F... [more] ICM2017-71
pp.91-96
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2017-11-16
16:00
香川 高松センタービル [招待講演]B2B2XビジネスモデルとTMF/ETSI NFV ISGの動向を踏まえたオーケストレータ
高橋謙輔田中宏幸中島 求加藤 浩NTTNS2017-120 CQ2017-72 ICM2017-23
通信キャリアにおけるオペレーションにおいて,新たなサービス創出を促進するため,IoT(Internet of Thing... [more] NS2017-120 CQ2017-72 ICM2017-23
pp.51-53(NS), pp.13-15(CQ), pp.13-15(ICM)
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-25
13:55
山口 下関商工会議所 E2E管理を実現するオペレーションシステムにおける機能要件
高橋謙輔中島 求副島裕司NTTICM2016-35
 [more] ICM2016-35
pp.61-66
ICM 2015-03-19
11:00
沖縄 石垣市民会館 [招待講演]ETSI NFV ISGにおけるMANO-WGの標準化動向
高橋謙輔寺内 敦NTTICM2014-58
2012年11月に汎用サーバを用いたNW機能仮想化(以下NFV; Network Functions Virtualis... [more] ICM2014-58
pp.25-30
ICM 2015-03-20
15:30
沖縄 石垣市民会館 トラフィック情報による仮想化ネットワーク構成情報推定技術の検討
丹治直幸高橋謙輔森谷高明寺内 敦田原光穂NTT
 [more] ICM2014-74
pp.121-126
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会