お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
14:15
ONLINE オンライン開催 COSO-based TRNGの安全性評価に関する検討
皆川隆一・○林 光太郎鳥居直哉創価大VLD2021-99 HWS2021-76
 [more] VLD2021-99 HWS2021-76
pp.129-134
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-20
16:20
ONLINE オンライン開催 リングオシレータ型真性乱数生成器の実装と評価(2)
皆川隆一大前ケヴィン秀明林 光太郎鳥居直哉創価大ISEC2021-27 SITE2021-21 BioX2021-28 HWS2021-27 ICSS2021-32 EMM2021-32
IoTデバイスの安全な鍵やノンスの生成には,真性乱数生成器(TRNG)が適している.TRNGが生成する乱数列は高いエント... [more] ISEC2021-27 SITE2021-21 BioX2021-28 HWS2021-27 ICSS2021-32 EMM2021-32
pp.104-109
SITE, ISEC, HWS, EMM, BioX, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2020-07-21
10:00
ONLINE オンライン開催 ラッチを用いた物理乱数生成器の乱数の性能評価
鳥居直哉・○大前 ケビン 秀明創価大ISEC2020-24 SITE2020-21 BioX2020-27 HWS2020-17 ICSS2020-11 EMM2020-21
近年,IoTデバイスが急速に増加している.IoTデバイスの安全な鍵生成やナンスの生成のためには,物理乱数生成器(TRNG... [more] ISEC2020-24 SITE2020-21 BioX2020-27 HWS2020-17 ICSS2020-11 EMM2020-21
pp.69-74
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-04
14:15
北海道 サン・リフレ函館 準同型暗号を用いた秘匿生体認証に対する安全性について(その1)
酒見由美武仲正彦鳥居直哉安田雅哉富士通研ISEC2014-41 SITE2014-36 ICSS2014-45 EMM2014-41
 [more] ISEC2014-41 SITE2014-36 ICSS2014-45 EMM2014-41
pp.287-292
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-04
14:40
北海道 サン・リフレ函館 準同型暗号を用いた秘匿生体認証に対する安全性について(その2)
酒見由美・○武仲正彦鳥居直哉安田雅哉富士通研ISEC2014-42 SITE2014-37 ICSS2014-46 EMM2014-42
 [more] ISEC2014-42 SITE2014-37 ICSS2014-46 EMM2014-42
pp.293-300
ISEC 2013-12-11
15:45
東京 機械振興会館 キャンセラブル生体認証方式の安全性について(その2)
伊豆哲也・○酒見由美武仲正彦鳥居直哉富士通研ISEC2013-79
 [more] ISEC2013-79
pp.39-45
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-05
10:15
長野 信州大学長野(工学)キャンパス 電磁界解析によるFPGAからの局所情報取得
落合隆夫山本 大伊藤孝一武仲正彦鳥居直哉内田大輔永井利明若菜伸一富士通研IT2009-105 ISEC2009-113 WBS2009-84
電磁界ノイズを用いたサイドチャネル攻撃は, 非接触, 非破壊で行うことができるだけでなく, 測定箇所を自由に決定できるた... [more] IT2009-105 ISEC2009-113 WBS2009-84
pp.217-223
ISEC, IPSJ-CSEC
(共催)
2004-07-20
15:50
徳島 徳島大学 工学部 常三島キャンパス 素因数分解ハードウェアTWIRLの実現可能性に関する検討報告 (I)
伊豆哲也伊藤孝一小暮 淳小檜山清之下山武司武仲正彦鳥居直哉桝井昇一富士通研)・向田健二富士通
TWIRL とは Adi Shamir と Eran Tromer によって 2003 年 8 月に提案された素因数分解... [more] ISEC2004-23
pp.61-68
ISEC, IPSJ-CSEC
(共催)
2004-07-20
16:15
徳島 徳島大学 工学部 常三島キャンパス 素因数分解ハードウェアTWIRLの実現可能性に関する検討報告 (II)
伊豆哲也・○伊藤孝一小暮 淳小檜山清之下山武司武仲正彦鳥居直哉桝井昇一富士通研)・向田健二富士通
 [more] ISEC2004-24
pp.69-76
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会