お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-17
09:55
ONLINE オンライン開催 Efficient computation of inductive invariant through flipflop selection
Fudong WangMasahiro FujitaU-TokyoVLD2020-20 ICD2020-40 DC2020-40 RECONF2020-39
 [more] VLD2020-20 ICD2020-40 DC2020-40 RECONF2020-39
pp.54-59
TL 2019-03-18
11:45
東京 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 いかに論理的に話す・書くことの重要性に気づかせるか ~ 大学院予備教育としての実践を通して ~
王 棟東京外国語大TL2018-58
学術的な議論をスムーズに行うために、論理的に表現することが不可欠であるとされている。しかし、論理的に話す・書くことの重要... [more] TL2018-58
pp.43-46
TL 2018-12-09
15:30
愛媛 愛媛大学 校友会館2Fサロン 日本語の「ハヤク」に対応する中国語表現から見た出来事の捉え方の違いについて
王 棟東京外国語大TL2018-49
 [more] TL2018-49
pp.29-31
SDM 2015-06-19
13:40
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 低い正孔障壁を有するPtGe/Geコンタクトの作製とメタルS/D型Ge p-MOSFETへの適用
永冨雄太田中慎太郎長岡裕一山本圭介王 冬中島 寛九大SDM2015-47
低い正孔障壁(ΦBP)を有するPtGe/Geコンタクトの作製およびその電気的パッシベーションについて調査を行った.極薄S... [more] SDM2015-47
pp.47-50
SDM 2014-06-19
09:50
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー Al2O3/GeOx/GeゲートスタックにおけるAl-PMA効果の調査
永冨雄太長岡裕一山本圭介王 冬中島 寛九大SDM2014-44
Al2O3/GeOX/GeゲートスタックにおけるAl-PMA効果について調査を行った.Al-PMAは,SiO2/GeO2... [more] SDM2014-44
pp.7-10
SDM 2013-06-18
10:55
東京 機械振興会館 ゲートスタックへのHf導入によるメタル・ソース/ドレインGe p-MOSFETの高移動度化
山本圭介佐田隆宏王 冬中島 寛九大SDM2013-49
高性能GeチャネルCMOS実現には、寄生抵抗を極限まで低減したメタル・ソース/ドレイン(S/D)の導入が望ましい。我々は... [more] SDM2013-49
pp.29-32
SDM 2012-06-21
17:15
愛知 名古屋大学(ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー) TiN/Geコンタクトに於けるフェルミレベルピンニング変調とMOSデバイスへの応用
山本圭介井餘田昌俊王 冬中島 寛九大SDM2012-61
金属/Ge界面ではフェルミレベルがGeの価電子帯近傍にピンニング(FLP)され、低障壁・低抵抗な金属/Geコンタクトの形... [more] SDM2012-61
pp.97-102
SDM 2009-06-19
14:10
東京 東京大学(生産研An棟) 界面層にHfGeNおよびGeO2を有するhigh-k膜/Ge構造の形成と電気的評価 ~ Ge基板への絶縁膜形成 ~
中島 寛平山佳奈楊 海貴王 冬九大SDM2009-35
We are searching MIS structure with good interface and insul... [more] SDM2009-35
pp.51-56
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会