お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-25
10:50
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無線基地局屋外設置下におけるローカル5G下り回線MIMOシステムの伝送特性評価
浦沢碩規梅落亮太西島隆正征矢隼人山口一弘松江英明諏訪東京理科大
 [more]
RCS, NS
(併催)
2022-12-15
10:10
愛知 名古屋工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無線基地局屋外設置下におけるローカル5Gシステムの下り回線伝送特性評価
梅落亮太浦沢碩規西島隆正征矢隼人山口一弘松江英明諏訪東京理科大
 [more]
RCS, NS
(併催)
2022-12-15
10:35
愛知 名古屋工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ローカル5Gを活用した4K高精細リアルタイム動画像の伝送特性評価
西島隆正浦沢碩規梅落亮太征矢隼人山口一弘松江英明諏訪東京理科大
 [more]
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-02
15:00
ONLINE オンライン開催 ダイナミック周波数共用における観測結果の広がりを考慮した二段階無線チャネル観測法の提案
宗 秀哉見口健太湘南工科大)・征矢隼人neko 9SR2021-96
周波数利用効率向上のため,同一無線リソースを複数の無線システムで共用するダイナミック周波数共用(DSS: Dynamic... [more] SR2021-96
pp.49-54
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]学習型占有率測定を用いたε-greedy法による誤検出を含むランデブチャネル法の評価
西尾勇樹田久 修信州大)・征矢隼人Neko 9 Lab.)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大)・笹森文仁半田志郎信州大
筆者はこれまでに,ダイナミックスペクトラムアクセス型のコグニティブ無線における,通信を確立する二つの無線端末(マスタ及び... [more]
SR 2019-11-04
11:00
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]Performance evaluation of rendezvous channel by e-greedy method with learning type occupancy under misdetection
Yuki NishioOsamu TakyuShinshu Univ.)・Hayato SoyaNeko 9 Lab)・Mai OhtaFukuoka Univ.)・Takeo FujiiUEC)・Fumihito SasamoriShiro HandaShinshu Univ.SR2019-65
The author has so far had a problem that access channels dif... [more] SR2019-65
pp.3-4
RCS 2019-06-19
14:45
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル ランデブチャネル完了確率を満たすスレーブの選択チャネルの最適設計
西尾勇樹田久 修信州大)・征矢隼人neko 9 Lab.)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大)・笹森文仁半田志郎信州大RCS2019-51
 [more] RCS2019-51
pp.85-89
SR 2019-01-24
10:25
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) 高信頼低遅延無線通信システムのためのRTSおよび拡張CTSを用いたメトリック合成型マルチユーザ検出
宗 秀哉東工大)・征矢隼人neko 9 Lab.)・府川和彦張 裕淵東工大SR2018-98
本稿では,伝送遅延時間が厳しく制限されているIoTシステムにおいて,RTSおよび拡張CTS(eCTS)を用いたマルチユー... [more] SR2018-98
pp.5-12
SR, SRW
(併催)
2017-10-24
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]チャネル利用率推定に基づく高速ランデブチャネルのためのチャネルリストの検討
田久 修征矢隼人白井啓一郎信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大)・笹森文仁半田志郎信州大SR2017-85 SRW2017-35
 [more] SR2017-85 SRW2017-35
pp.55-56(SR), pp.49-50(SRW)
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-21
10:05
北海道 北海道大学 占有率測定によるアクセスチャネルを推定する学習型占有率測定法によるランデブチャネル法の改良
征矢隼人田久 修白井啓一郎信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大SR2017-60
 [more] SR2017-60
pp.185-190
SR 2017-01-19
13:50
愛媛 ひめぎんホール 低複雑かつ高精度な占有率・遷移率測定を目的とした尤度更新におけるSNRに応じた最適閾値設計の検討
征矢隼人長野県工科短大)・田久 修白井啓一朗信州大)・藤井威生電通大)・太田真衣福岡大)・笹森文仁半田志郎信州大SR2016-80
コグニティブ無線において,より多くのアクセス機会を得るために最適なチャネル選択をする必要がある.チャネル選択の際,占有率... [more] SR2016-80
pp.11-16
SR, SRW
(併催)
2016-05-17
14:00
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]チャネル状況をクラスタ化する方法を用いた二段階センシングに基づく高速ランデブチャネル法
征矢隼人長野県工科短大)・米田 司木村 匠田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大)・笹森文仁半田志郎信州大SR2016-23 SRW2016-20
コグニティブ無線の実用化に向けて,占有率及び遷移率の高精度かつ高速測定が重要である.本研究ではk-means 法を用いて... [more] SR2016-23 SRW2016-20
pp.81-82(SR), pp.69-70(SRW)
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-03
11:15
東京 東京工業大学 更新選択的尤度評価を用いた低複雑な占有率・遷移率測定法
征矢隼人長野県工科短大)・田久 修白井啓一朗信州大)・藤井威生電通大)・太田真衣福岡大)・笹森文仁半田志郎信州大SR2015-101
筆者らは過去にエネルギー検出から信号電力及び雑音電力を推定し,マルコフモデルに基づく占有率・遷移率を測定する手法を提案し... [more] SR2015-101
pp.77-84
SR 2015-05-29
13:50
兵庫 明石市立産業交流センター 信号電力と雑音電力推定を考慮したマルコフモデルに基づく占有率・遷移率測定法
征矢隼人長野県工科短大)・田久 修白井啓一朗信州大)・藤井威生電通大)・太田真衣福岡大)・笹森文仁半田志郎信州大SR2015-13
 [more] SR2015-13
pp.79-85
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会