お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IMQ 2020-12-18
09:15
ONLINE オンライン開催 深層学習を用いたシーンに最適なトーンマッピング手法の解析
笹木博史平井経太千葉大IMQ2020-7
High Dynamic Range(HDR)画像は幅広い色や明るさを再現することができる技術であるが,標準のディスプレ... [more] IMQ2020-7
pp.1-4
ED, THz
(共催) [詳細]
2019-12-23
15:40
宮城 東北大学・電気通信研究所 [招待講演]Orbital Angular Momentum Multiplexing Technology -- High Capacity Wireless Communication and Device Perspectives --
Doohwan LeeHirofumi SasakiYasunori YagiTomoki SemotoTakayuki YamadaJun MashinoTakashi ShimizuNTTED2019-81
Recently, wireless communication using Orbital Angular Momen... [more] ED2019-81
p.21
ITE-IDY, ITE-HI, ITE-3DMT, IEE-OQD
(共催)
SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2019-10-24
13:30
東京 機械振興会館 深層学習のための主観評価タグ付きHDR画像データベースの構築
笹木博史平井経太堀内隆彦千葉大EID2019-1
ハイダイナミックレンジ(HDR)画像を標準のディスプレイで表示するためには,トーンマッピング処理が必要である.トーンマッ... [more] EID2019-1
pp.5-8
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
13:30
愛知 名古屋大学 [依頼講演]Orbital Angular Momentum Multiplexing Technology -- High Capacity Point-to-Point Wireless Communication Perspective --
Doohwan LeeHirofumi SasakiYasunori YagiTakayuki YamadaTakashi ShimizuNTTSAT2019-25 RCS2019-154
 [more] SAT2019-25 RCS2019-154
p.45
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:40
大阪 I-Siteなんば(大阪) [ポスター講演]偏波を用いた28GHz帯OAM-MIMO無線多重による21多重・200Gbps伝送実験
八木康徳笹木裕文山田貴之李 斗煥清水敬司NTTRCC2019-30 NS2019-66 RCS2019-123 SR2019-42 SeMI2019-39
無線通信の大容量化の手法として,電磁波がもつ軌道角運動量(OAM: Orbital Angular Momentum)の... [more] RCC2019-30 NS2019-66 RCS2019-123 SR2019-42 SeMI2019-39
pp.99-100(RCC), pp.125-126(NS), pp.121-122(RCS), pp.131-132(SR), pp.113-114(SeMI)
SR 2019-05-31
10:30
東京 東京ビッグサイト [招待講演]Toward terabit-class wireless transmission: OAM wireless multiplexing technology
Doohwan LeeHirofumi SasakiYasunori YagiTakayuki YamadaTakashi ShimizuNTTSR2019-11
 [more] SR2019-11
p.69
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
11:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [依頼講演]超高速無線伝送実現に向けたOAM-MIMO多重伝送技術の研究開発と実験評価
笹木裕文八木康徳加保貴奈山田貴之李 斗煥清水敬司NTTSR2018-140
無線モバイルバックホール等のPoint to Point(P2P)無線伝送システムの大容量化にむけ,電磁波の軌道角運動量... [more] SR2018-140
pp.111-116
ED, MW
(共催)
2018-01-26
13:50
東京 機械振興会館地下3階研修2号室 OAM無線多重伝送における誘電体レンズを用いたビーム集光方法の実験評価
福本浩之李 斗煥笹木裕文加保貴奈芝 宏礼NTTED2017-103 MW2017-172
 [more] ED2017-103 MW2017-172
pp.53-57
AP, RCS
(併催)
2017-11-08
10:25
福岡 福岡大学 OFDM伝送におけるチャネルおよび干渉電力の結合最大事後確率推定
柿崎祐人・○大槻知明慶大)・Pooi-Yuen Kamシンガポール国立大)・須崎皓平笹木裕文宗 秀哉NTTRCS2017-207
 [more] RCS2017-207
pp.17-22
RCS, SAT
(併催)
2017-08-18
10:30
新潟 新潟大学 [依頼講演]Orbital Angular Momentum (OAM) Multiplexing as an Emerging Wireless Transmission Technology
Doohwan LeeHirofumi SasakiHiroyuki FukumotoHiroyuki ShibaNTTSAT2017-32 RCS2017-162
 [more] SAT2017-32 RCS2017-162
p.61(SAT), p.103(RCS)
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-02
10:50
東京 東京工業大学 Q-Learning Based Detection of Superposed Band in Multi-carrier Based Transmission Systems
Ali B Al Shaikh・○Fereidoun H. PanahiTomoaki OhtsukiKeio Univ.)・Kouhei SuzakiHirofumi SasakiHideya SoNTT)・Tadao NakagawaTottori UniversityRCS2016-314
 [more] RCS2016-314
pp.149-154
SR 2016-10-27
15:00
大阪 大阪大学 中之島センター [技術展示]An Experimental Study of the Orbital Angular Momentum (OAM) Multiplexing
Doohwan Lee・○Hirofumi SasakiHiroyuki FukumotoKen HiragaTadao NakagawaHiroyuki ShibaNTTSR2016-56
 [more] SR2016-56
pp.7-8
SR 2016-10-28
14:15
大阪 大阪大学 中之島センター OAM多重伝送におけるガウシアンビームを用いたビーム伝搬制御技術の研究
笹木裕文李 斗煥福本浩之中川匡夫芝 宏礼NTTSR2016-73
 [more] SR2016-73
pp.105-110
CQ 2016-05-24
10:50
福岡 九州大学 周波数共用環境における品質マネジメント型無線通信システム実現に向けた電波環境モデルに基づく電波環境認識および予測技術の提案
笹木裕文山田貴之李 斗煥中川匡夫NTTCQ2016-14
 [more] CQ2016-14
pp.9-14
SR, SRW
(併催)
2016-05-17
14:00
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]Toward Realization of a New Wireless Transmission Technology: Orbital Angular Momentum (OAM) Multiplexing
Doohwan LeeHirofumi SasakiHiroyuki FukumotoTadao NakagawaNTTSR2016-16 SRW2016-13
 [more] SR2016-16 SRW2016-13
pp.57-58(SR), pp.45-46(SRW)
SRW 2015-10-28
14:15
東京 機械振興会館 (東京) ヘテロジニアスネットワークにおける状態遷移モデルを用いた電波環境認識技術の提案
笹木裕文山田貴之李 斗煥中川匡夫NTTSRW2015-52
 [more] SRW2015-52
pp.7-12
SR 2015-05-28
15:15
兵庫 明石市立産業交流センター 周波数共用環境におけるシステム間干渉を考慮した状態遷移モデルに基づく電波環境認識技術の提案
笹木裕文山田貴之増野 淳杉山隆利NTTSR2015-6
複数の無線システムが周波数を共用するヘテロジニアスネットワークにおいて,システム内干渉に加えてシステム間干渉がランダムな... [more] SR2015-6
pp.31-38
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会