お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2022-10-17
14:15
京都 京都テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
2次元画像の奥行き感における画像以外の要因検討
安住 龍管 浩輝久方瑠美金子寛彦東工大
 [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2022-05-16
10:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
オブジェクトベースの視覚的注意に基づく情報入力システム
呂 雨虹久方瑠美金子寛彦東工大HCS2022-25 HIP2022-25
ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者など四肢を動かすことが困難な患者のための簡易なコミュニケーションツールが必要とされている... [more] HCS2022-25 HIP2022-25
pp.124-127
HIP 2021-10-21
13:10
ONLINE オンライン開催 サッカード前後の刺激変化順応がサッカード前の刺激認識に与える影響
野口諒太久方瑠美金子寛彦東工大HIP2021-33
人はかぎられた視野内の情報を統一性をもって知覚するために, サッカード前後の中心周辺視野情報を統合している. 周辺視野情... [more] HIP2021-33
pp.19-22
HIP 2021-10-21
16:10
ONLINE オンライン開催 空間的に分布する視差情報の時間統合特性
原口史也久方瑠美金子寛彦東工大HIP2021-37
人間は、刺激入力に時間差が存在する情報をある時間的窓をもって統合し処理することができる。例えば、スリット視や分割された絵... [more] HIP2021-37
pp.40-43
HIP 2020-10-09
10:55
ONLINE オンライン開催 三次元空間中の前後運動と回転運動の重ね合わせにより生起されるベクション
小山寛明久方瑠美金子寛彦東工大HIP2020-43
本研究では, 前後方向と回転方向の運動刺激を奥行方向に重ね合わせたときに誘起されるベクションについて調査した.実験ではH... [more] HIP2020-43
pp.56-60
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 空間的文脈手がかり効果において姿勢変化時に参照される空間座標系の検討
飯島遼生久方瑠美金子寛彦東工大
本研究では,空間的文脈手がかり効果(刺激配置の潜在学習)において姿勢変化を伴う場合に参照される空間座標系を検討した.学習... [more]
HIP 2019-10-30
15:00
京都 京都テルサ 周辺視野の垂直視差が中心視野の水平視差による奥行き弁別閾値に与える影響
劉 勁冬久方瑠美金子寛彦東工大HIP2019-51
本研究の目的は、視野周辺の垂直視差情報が、視野中心の水平視差弁別閾値に与える影響を明らかにすることである.刺激は水平方向... [more] HIP2019-51
pp.21-23
HIP 2018-10-23
09:45
京都 京都テルサ 能動的自己運動時の視覚刺激速度が意識下の身体制御に与える影響
渡久山 遼久方瑠美金子寛彦東工大HIP2018-63
本研究では,行動応答によって自己運動時の感覚情報の統合処理過程の性質の一端を明らかにすることを目的とし,視覚情報が身体ヨ... [more] HIP2018-63
pp.27-30
HIP 2018-10-23
10:10
京都 京都テルサ 姿勢変化により前庭・体性感覚と視覚の重力方向情報の関係が変化したときの前額平行面上の運動知覚
三輪拓馬久方瑠美金子寛彦東工大HIP2018-64
本研究の目的は,前額平行面上の物体運動における等速度知覚が背景の視覚的文脈から推定される方向情報に影響を受けるか明らかに... [more] HIP2018-64
pp.31-34
HIP 2018-10-23
13:30
京都 京都テルサ 視対象の輝度変動とそれに対する瞳孔対光反射のタイミングの関係を用いた視線入力手法の提案
市野将真金子寛彦東工大HIP2018-66
画面に表示されている文字を見ることによりその文字が入力できる技術が開発されている。そのシステムにおける視線の検出方法は、... [more] HIP2018-66
pp.39-41
HIP 2017-12-25
13:00
宮城 東北大学電気通信研究所 垂直大きさ視差の平均化処理において,要素群間の輝度差が傾き知覚に与える影響
宮西雄太久方瑠美金子寛彦東工大HIP2017-81
視野中の垂直大きさ視差(VSD: Vertical Size Disparity)は一定の範囲内で平均化処理され,奥行き... [more] HIP2017-81
pp.1-4
HIP 2017-12-26
11:15
宮城 東北大学電気通信研究所 自己の回転運動知覚における視覚・前庭感覚の統合処理特性
齊藤亮太久方瑠美金子寛彦東工大HIP2017-91
人間は通常、視覚、前庭感覚、体性感覚など、様々な感覚情報を用いて自己の運動を知覚している。本研究では、自己を中心とした身... [more] HIP2017-91
pp.39-42
HIP 2017-10-23
15:00
京都 京都テルサ 前額平行面上の運動知覚における実際の重力方向と背景中の重力方向の影響
三輪拓馬久方瑠美金子寛彦東工大HIP2017-60
本研究の目的は,前額平行面上の運動知覚が背景の視覚情報に含まれる重力方向情報に影響を受ける か明らかにすることである。視... [more] HIP2017-60
pp.23-25
HIP 2017-10-24
15:50
京都 京都テルサ 視覚刺激の輝度変化と瞳孔変動の対応に基づいた視線による情報入力手法
武藤ゆみ子三好秀佳金子寛彦東工大HIP2017-80
瞳孔は,対象の輝度に応じて径を変化させることにより,眼に入る光の量を調節する.本研究では,その性質に着目し,輝度が正弦波... [more] HIP2017-80
pp.101-104
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2017-05-17
16:05
沖縄 沖縄産業支援センター 自動車運転時のオプティカルフロー視覚刺激による認知行動への影響
村瀬健二原 利宏武田雄策マツダ)・金子寛彦東工大HCS2017-46 HIP2017-46
自動車のコクピット開発において,人間の認知メカニズムを解明し,理想の情報呈示面を設計することは重要である.これまでの研究... [more] HCS2017-46 HIP2017-46
pp.297-300
ITE-HI, ITE-CE
(共催)
HIP
(連催) [詳細]
2016-12-21
13:30
宮城 東北大学電気通信研究所 ベクションに寄与する新たな自己運動手がかり導入の可能性の検討
森平 良金子寛彦東工大HIP2016-70
視覚誘導性自己運動知覚(ベクション)は体性感覚や前庭感覚など,視覚(オプティカルフロー)以外の手がかりと組み合わせること... [more] HIP2016-70
pp.43-47
HIP 2016-09-27
13:25
奈良 奈良春日野国際フォーラム 視線方向と注意方向における刺激輝度変動と瞳孔径変動の関係
染谷純輝金成 慧東工大)・阪本清美森 俊也辻 勝長パナソニック)・金子寛彦東工大HIP2016-42
 [more] HIP2016-42
pp.1-3
HIP 2016-09-27
13:50
奈良 奈良春日野国際フォーラム 視差及び大きさ変化による奥行き運動への注意によって生じる輻輳角変動
山田勇人金成 慧金子寛彦東工大)・阪本清美森 俊也辻 勝長パナソニックHIP2016-43
我々はこれまで,固視点とは別に周辺視野に呈示された接近後退物体に注意を向けた際に,対象の奥行き変化と対応した輻輳角変動が... [more] HIP2016-43
pp.5-7
HIP 2016-09-28
15:00
奈良 奈良春日野国際フォーラム 眼屈折状態と立体視閾値の関連性
百瀬淳美東工大)・佐藤雅之北九州市大)・金成 慧金子寛彦東工大HIP2016-58
人間は左右の網膜像から得た様々な情報を手がかりとして奥行きを知覚する.両眼視差は有力な手がかりだが,視差に対する感度には... [more] HIP2016-58
pp.77-78
HIP 2015-09-29
14:55
京都 京都テルサ 視運動性眼振に基づいた注意位置の推定
金成 慧金子寛彦東工大)・阪本清美森 俊也辻 勝長パナソニックHIP2015-85
外界の視覚運動刺激を観察するとき,網膜上に視覚像をなるべく固定するために視運動性眼振(OKN) が生じる.中心視野が遮蔽... [more] HIP2015-85
pp.67-72
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会