お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2022-12-23
14:30
宮城 電気通信研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
運動-視覚遅延課題遂行中のヒト心理行動パフォーマンスの市販VRヘッドマウントディスプレイを用いた計測可能性の検討
ウンダリ バユ ゴータマNICT)・フイニン ウー華東師範大学)・○番 浩志NICT
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HIP 2017-03-09
14:45
大阪 脳情報通信融合研究センター [招待講演]脳機能イメージング法による3D視研究のバーチャルリアリティ技術への応用可能性
番 浩志NICT CiNet/阪大HIP2016-81
バーチャルリアリティ技術に代表される昨今の技術発展により、次世代の映像体験が現実のものとなりつつある。一方で、例えば、バ... [more] HIP2016-81
pp.37-42
HIP 2017-03-10
14:40
大阪 脳情報通信融合研究センター MEG脳機能イメージングが示唆する社会的注意に対する顔刺激の重要性
呉 恵寧CiNet)・カイ曙光ECNU)・番 浩志CiNetHIP2016-91
顔は表情や視線などから強い社会的意味を含有するため、バーチャルリアリティ空間におけるコミュニケーションを考える上で重要な... [more] HIP2016-91
pp.93-98
MW 2014-03-04
09:55
愛媛 愛媛大学 自動車エンジンルーム内における伝搬損失の測定結果に基づく電波伝搬特性の解析評価
大平昌敬埼玉大)・阿野 進北沢祥一伴 弘司久々津直哉小林 聖ATRMW2013-197
ワイヤレスハーネスとは,機器内部のセンサと制御ユニットの通信線(ハーネス)を無線通信で代替する新しい短距離ワイヤレス通信... [more] MW2013-197
pp.1-6
AP 2014-02-06
15:40
愛知 小島プレス工業株式会社 小島総合研究所(愛知県) [依頼講演]単一漏洩同軸ケーブルによる2×2MIMOシステムの提案と実験による検討
塚本悟司前田隆宏侯 亜飛阿野 進伴 弘司有吉正行小林 聖ATR)・丹羽敦彦鈴木文生フジクラ)・東野武史岡田 実奈良先端大AP2013-175
携帯電話や無線LANの通信量が著しく増加しており,会議場や駅構内など多数ユーザが高密度に存在する環境では無線リソースの不... [more] AP2013-175
pp.51-56
RCC
(第二種研究会)
2014-01-31
11:10
東京 情報通信研究機構 ワイヤレスハーネス実現に向けた閉空間内電波伝搬環境の評価 ~ 自動車エンジンルーム及びICT機器との比較 ~
久々津直哉伴 弘司阿野 進北沢祥一小林 聖ATR
我々はGreen化技術として機器内通信用ハーネスのワイヤレス化を検討しており、自動販売機等の機器内から始め、今年度は自動... [more]
AP
(第二種研究会)
2014-01-09
16:50
海外 Le Quy Don Technical University (Hanoi) Performance Evaluation of 2x2 MIMO System with Single Leaky Coaxial Cable
Satoshi TsukamotoTakahiro MaedaSusumu AnoYafei HouHiroshi BanMasayuki AriyoshiKiyoshi KobayashiATR
This paper proposes a novel 2x2 multiple-input multiple-outp... [more]
MW
(ワークショップ)
2013-12-02
- 2013-12-04
海外 KMUTNB, Thailand Congestion Avoidance with Extra Transmission Wait for Simultaneous-Triggered M2M Wireless Devices under Limited Radio Resources Conditions
Satoshi TsukamotoTakahiro MaedaTomohiro MiyasakaHiroshi BanMasayuki AriyoshiKiyoshi KobayashiATR Wave Engineering Laboratories
Machine-to-Machine (M2M) communication system is widely used... [more]
WPT
(第二種研究会)
2013-11-22
16:50
神奈川 横須賀リサーチパーク YRP1番館 [招待講演]放送、通信に用いる3周波数帯からの電磁波エネルギーの回収
北沢祥一鴨田浩和伴 弘司久々津直哉小林 聖ATR
我々は,生活空間に存在している放送や通信用の電磁波を対象としたエネルギーハーベスティングの研究開発を行っている.本報告で... [more]
SR 2013-10-25
09:50
大阪 大阪大学 複数M2Mデバイス同時送信時のデータ送出タイミング制御による輻輳回避手法の一検討
塚本悟司前田隆宏宮坂朋宏伴 弘司有吉正行小林 聖ATRSR2013-66
近年急速に利用が増加している機器間(M2M)通信では,多数デバイスが短時間に集中して送信を行うことがあるが,この時十分な... [more] SR2013-66
pp.77-81
MW, AP
(併催)
2013-09-13
11:25
東京 NHK技研 偏波依存性を利用した2周波AMC反射板をループアンテナに適用するための基礎検討
鴨田浩和花澤理宏北沢祥一伴 弘司久々津直哉小林 聖ATRMW2013-94
長方形ユニットセルをもつ偏波依存性のあるAMC(Artificial Magnetic Conductor)反射板を偏波... [more] MW2013-94
pp.35-40
RCS, SAT
(併催)
2013-08-30
09:50
長野 信州大学 強化型多偏波多重(EPPM)方式の提案とその特性
夜船誠致ウェバー ジュリアン矢野一人伴 弘司小林 聖ATRSAT2013-28
本稿では,従来の多偏波多重方式よりも高いスペクトル効率を実現するための新たな偏波多重方式として,強化型多偏波多重(EPP... [more] SAT2013-28
pp.37-42
AP, SAT
(併催)
2013-07-25
09:55
北海道 サン・リフレ函館 多偏波多重システムの実験性能
ウェバー ジュリアン夜船誠致矢野一人伴 弘司小林 聖ATRSAT2013-17
近年、我々はスペクトル効率の高い多偏波多重(PPM)と多偏波空間変調(PDM)技術を提案している。シミュレーション結果を... [more] SAT2013-17
pp.35-40
MW 2013-05-31
11:15
京都 龍谷大学 放送、通信に用いる3周波数帯からの電磁波エネルギー同時回収の検討
北沢祥一鴨田浩和花澤理宏阿野 進伴 弘司小林 聖ATRMW2013-19
 [more] MW2013-19
pp.53-58
MW 2013-05-31
11:45
京都 龍谷大学 相互結合を考慮した電磁波エネルギー回収用レクテナアレー構成の基礎検討
鴨田浩和花澤理宏北沢祥一伴 弘司小林 聖ATRMW2013-20
環境中の電磁波エネルギーを回収するための有限素子数レクテナアレーにおいて,任意の方向から到来する電波を効率よく受信するた... [more] MW2013-20
pp.59-64
SIP, RCS
(共催)
2013-02-01
13:50
広島 ビューポートくれ(呉) Vector perturbationを用いた非線形マルチユーザMIMOの屋外伝送実験
薗部聡司塚本悟司前田隆宏矢野一人伴 弘司宇野雅博小林 聖ATRSIP2012-121 RCS2012-278
筆者らはLTE-Advanced 下りリンクへの適用に向けた非線形マルチユーザMIMO の実機評価のため,vector ... [more] SIP2012-121 RCS2012-278
pp.237-242
MW, ED
(共催)
2013-01-17
14:55
東京 機械振興会館 放送、通信用の電波を対象とした電磁波エネルギー回収の回路検討
北沢祥一鴨田浩和花澤理宏阿野 進伴 弘司小林 聖ATRED2012-113 MW2012-143
本稿では、放送や携帯電話などの通信用の電磁波から電力を回収するエネルギーハーベスティングについて報告する.筆者らはこれま... [more] ED2012-113 MW2012-143
pp.5-10
AP, RCS
(併催)
2012-11-15
14:40
東京 東京電機大学(東京千住キャンパス) [依頼講演] 小セル環境への適用に向けた非線形マルチユーザMIMOシステムの研究開発 ~ 効果と実用化に向けた課題 ~
矢野一人薗部聡司侯 亜飛塚本悟司伴 弘司宇野雅博小林 聖ATRAP2012-101 RCS2012-168
筆者らはこれまで,vector perturbationに基づく下りリンク非線形マルチユーザMIMO-OFDMシステムに... [more] AP2012-101 RCS2012-168
pp.49-54(AP), pp.43-48(RCS)
SAT 2012-10-24
13:40
海外 韓国ソウル Performance Investigation of a Polarization Multiplexing Satellite System under with a Simple Channel Model
Julian WebberMasanori YofuneKazuto YanoHiroshi BanKiyoshi KobayashiATRSAT2012-39
近年, 衛星通信システムの容量を増やすために3偏波(またはそれ以上)の偏波多重方式が提案されている. この方式は, 理想... [more] SAT2012-39
pp.25-29
SAT, RCS
(併催)
2012-08-30
14:00
高知 高知市文化プラザ かるぽーと [依頼講演]衛星通信における多偏波空間多重伝送技術の提案
夜船誠致ウェバー ジュリアン矢野一人伴 弘司小林 聖ATRSAT2012-18 RCS2012-104
衛星通信では,船舶や列車などの移動体通信におけるトラフィック増加への対応や低コスト化が期待されており,直交する水平/垂直... [more] SAT2012-18 RCS2012-104
pp.1-5(SAT), pp.49-53(RCS)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会