お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SCE 2021-08-06
13:30
ONLINE オンライン開催 FDTD法による超伝導ナノストリップ光子検出器における高い光吸収効率設計
西川真衣沢井昴平柴田浩行北見工大SCE2021-2
超伝導ナノストリップ単一光子検出器(SSPD)の検出効率および光吸収効率の向上のため有限差分時間領域法(FDTD法)を用... [more] SCE2021-2
pp.5-9
AP, MW
(併催)
2018-09-20
14:30
東京 東京工業大学 準ミリ波帯送受信フロントエンドモジュールの検討
加保貴奈山口 陽芝 宏礼NTT)・鈴木恭宜岡崎浩司NTTドコモMW2018-59
 [more] MW2018-59
pp.1-6
ED, MW
(共催)
2018-01-26
13:50
東京 機械振興会館地下3階研修2号室 OAM無線多重伝送における誘電体レンズを用いたビーム集光方法の実験評価
福本浩之李 斗煥笹木裕文加保貴奈芝 宏礼NTTED2017-103 MW2017-172
 [more] ED2017-103 MW2017-172
pp.53-57
AP, MW
(併催)
2017-09-21
14:25
埼玉 埼玉大学 準ミリ波帯アンテナフィルタ一体化モジュールの評価結果
鈴木恭宜佐藤 圭岡崎浩司楢橋祥一NTTドコモ)・加保貴奈山口 陽新井麻希芝 宏礼NTTMW2017-69
 [more] MW2017-69
pp.5-9
AP, MW
(併催)
2017-09-21
14:50
埼玉 埼玉大学 準ミリ波帯フロントエンドICとモジュールの評価結果
加保貴奈山口 陽新井麻希芝 宏礼NTT)・鈴木恭宜佐藤 圭岡崎浩司楢橋祥一NTTドコモMW2017-70
第5 世代移動通信方式(5G)における高速伝送と大容量化に向け,準ミリ波帯域のアレーアンテナを用いたMassive MI... [more] MW2017-70
pp.11-15
RCS, SAT
(併催)
2017-08-18
10:30
新潟 新潟大学 [依頼講演]Orbital Angular Momentum (OAM) Multiplexing as an Emerging Wireless Transmission Technology
Doohwan LeeHirofumi SasakiHiroyuki FukumotoHiroyuki ShibaNTTSAT2017-32 RCS2017-162
 [more] SAT2017-32 RCS2017-162
p.61(SAT), p.103(RCS)
SR 2016-10-27
15:00
大阪 大阪大学 中之島センター [技術展示]An Experimental Study of the Orbital Angular Momentum (OAM) Multiplexing
Doohwan Lee・○Hirofumi SasakiHiroyuki FukumotoKen HiragaTadao NakagawaHiroyuki ShibaNTTSR2016-56
 [more] SR2016-56
pp.7-8
SR 2016-10-28
14:15
大阪 大阪大学 中之島センター OAM多重伝送におけるガウシアンビームを用いたビーム伝搬制御技術の研究
笹木裕文李 斗煥福本浩之中川匡夫芝 宏礼NTTSR2016-73
 [more] SR2016-73
pp.105-110
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-04
14:30
東京 東京工業大学 [依頼講演]Broadband Spectrum Sensing Platform based on Received Waveform Cross-correlation using Distributed Sensors
Doohwan LeeTakayuki YamadaHiroyuki ShibaYo YamaguchiTakana KahoTadao NakagawaKazuhiro UeharaNTTSR2015-117
 [more] SR2015-117
p.171
SR 2014-10-31
13:00
海外 I2R, シンガポール [技術展示]Broadband Spectrum Sensing Platform Based on Received Waveform Cross-correlation using Distributed Sensors
Takayuki YamadaDoohwan LeeHiroyuki ShibaYo YamaguchiTakana KahoTadao NakagawaKazuhiro UeharaNTTSR2014-88
Rapid increase in mobile traffic due to the spread of smartp... [more] SR2014-88
pp.169-170
SCE 2014-10-15
14:05
宮城 東北大学・電気通信研究所 Br2-N2ドライエッチングによる二ホウ化マグネシウムナノ細線単一光子検出器の作製
柴田浩行NTTSCE2014-36
次世代の超伝導材料である二ホウ化マグネシウム(MgB_2)を用いた超伝導デバイスの開発には、本材料に関する微細加工法を開... [more] SCE2014-36
pp.11-15
NS, IN
(併催)
2014-03-06
09:30
宮崎 宮崎シーガイア 広帯域周波数センシングシステムに関する一検討
芝 宏礼山口 陽山田貴之加保貴奈中川匡夫NTTIN2013-152
 [more] IN2013-152
pp.53-58
RCS, SR, SRW
(併催)
2014-03-03
13:30
東京 早稲田大学 [依頼講演]広帯域周波数センシング用無線プラットフォームの性能評価
芝 宏礼山口 陽山田貴之加保貴奈俊長秀紀中川匡夫上原一浩NTTSR2013-97
 [more] SR2013-97
pp.9-14
SR 2014-01-24
16:10
宮城 東北大学 異なる出力レベルの2バンド同時増幅時歪み補償における一検討
山田貴之加保貴奈山口 陽芝 宏礼中川匡夫NTT)・安藤生真タン ザカン荒木純道東工大SR2013-94
多様な無線方式を統合的に収容可能なユーザセントリックワイヤレスネットワーク(UCWN)の実現に向けて,複数の周波数帯域の... [more] SR2013-94
pp.103-108
QIT
(第二種研究会)
2013-11-19
17:10
東京 早稲田大学 極低暗係数率超伝導単一光子検出器を用いた306km量子鍵配送
柴田浩行清水 薫本庄利守NTT
 [more]
SR 2013-10-24
13:00
大阪 大阪大学 [技術展示]広帯域周波数センシングを実現する無線プラットフォームの提案
芝 宏礼山口 陽山田貴之加保貴奈俊長秀紀中川匡夫上原一浩NTTSR2013-61
 [more] SR2013-61
pp.43-48
SCE 2013-10-03
09:55
宮城 東北大学・電気通信研究所 極低暗計数率超伝導単一光子検出器の開発と300 km量子鍵配送実験
柴田浩行清水 薫本庄利守武居弘樹都倉康弘NTTSCE2013-30
極低暗計数率(<0.1cps)を有する超伝導ナノ細線を用いた単一光子検出器(SSPD)を開発した.3K に冷却した光学バ... [more] SCE2013-30
pp.61-66
MoNA, AN, USN
(併催)
2013-01-25
15:00
宮城 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) ユーザセントリックワイヤレスネットワークにおけるセンサネットワーク適用に関する一検討
内田大誠小林 守白戸裕史俊長秀紀芝 宏礼吉野修一NTTUSN2012-75
近年、ホームネットワークでは、スマートフォンやタブレット端末等の普及に伴って、ワイヤレス化が急速に進んでいる。無線LAN... [more] USN2012-75
pp.85-90
SR 2012-05-24
13:00
神奈川 慶応大(日吉キャンパス) [技術展示]ユーザセントリックワイヤレスネットワークにおける1ビット圧縮センシング技術と巡回ランダム行列による圧縮技術
山田貴之李 斗煥加保貴奈芝 宏礼山口 陽赤羽和徳上原一浩NTTSR2012-10
ユーザが無線方式の世代交代や違いを意識することなく,無線方式の端末でもいつでも簡易にネットワークにアクセス可能なユーザセ... [more] SR2012-10
pp.59-64
RCS, AN, SR, USN
(併催)
2011-10-26
16:30
東京 上智大 1 bit compressed sensing using partial random circulant measurement matrix for Flexible Wireless System
Doohwan LeeNTT)・Tatsuya SasakiUniv. of Tokyo)・Takayuki YamadaKazunori AkabaneHiroyuki ShibaTakana KahoYo YamaguchiKazuhiro UeharaNTTRCS2011-155 SR2011-58 AN2011-33 USN2011-35
 [more] RCS2011-155 SR2011-58 AN2011-33 USN2011-35
pp.95-100(RCS), pp.97-102(SR), pp.77-82(AN), pp.77-82(USN)
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会