お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, SRW
(併催)
2023-03-02
09:00
東京 東京工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
UAVを用いた中継通信システムにおけるハンドオーバー動作方法の改善に関する検討
西川健一藤尾俊輔尾崎一幸富士通
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCS, NS
(併催)
2022-12-15
13:45
愛知 名古屋工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]UAVを用いた中継通信システムにおける大容量UL通信に関する検討
尾崎一幸藤尾俊輔白川和雄西川健一富士通NS2022-134 RCS2022-191
広帯域を確保できるミリ波帯・準テラヘルツ帯などの高周波数帯を利用する移動無線通信システムでは,下りリンクの通信性能と比較... [more] NS2022-134 RCS2022-191
pp.34-39(NS), pp.37-42(RCS)
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2020-11-13
15:20
ONLINE オンライン開催 符号化PSP-BOTDRによるシングルエンドの高分解能かつ高精度なブリルアン計測機の実用化
岸田欣増西口憲一グジク アーター李 哲賢ニューブレクス)・堀口常雄芝浦工大)・小山田弥平茨城大OFT2020-42
(事前公開アブストラクト) 光ファイバのブリルアン計測の原理の発明から約三十年を経て、すでに技術は商用化され分解能や精度... [more] OFT2020-42
pp.27-32
RCS 2020-04-23
11:10
ONLINE オンライン開催 高速鉄道向けミリ波通信システムにおける置局設計手法に関する検討
藤尾俊輔西川健一尾崎一幸富士通RCS2020-3
高速鉄道で生じる膨大な通信トラヒックを収容するために,車両に搭載したリレー局と,線路沿いに設置した地上基地局がミリ波周波... [more] RCS2020-3
pp.13-18
AP, RCS
(併催)
2017-11-09
11:15
福岡 福岡大学 [依頼講演]サブアレイ間符号化インターリーブBF方式によるミリ波帯での4ユーザ多重・10Gbps通信
大橋洋二清水雅彦志村利宏尾崎一幸藤尾俊輔小島 力石川頌平石川 光大島武典芦田 裕西川健一富士通研AP2017-121 RCS2017-229
サブアレイ間符号化インターリーブBF方式によるビーム多重はフルデジタルBF方式と同等の性能で、消費電力を低減するのに有効... [more] AP2017-121 RCS2017-229
pp.71-76(AP), pp.141-146(RCS)
ICM 2017-03-10
16:40
沖縄 平良港ターミナルビル(旧宮古島マリンターミナル) [奨励講演]Webベースの業務システムへのユーザインタフェース拡張方式の適用
西川健一増田 健足立洋之井上 晃NTTICM2016-67
Web ベースの業務システムを対象に,そのシステム自体を作り変えること無しに、ユーザインタフェース機能を拡張する方式を検... [more] ICM2016-67
pp.81-85
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-03
15:35
東京 東京工業大学 [依頼講演]発振器間の位相変動を補償する回路を使ったサブアレイ間符号化インターリーブ方式のミリ波ビーム多重の実験
大島武典本田 敦志村利宏石川頌平芦田 裕尾崎一幸藤尾俊輔西川健一小島 力李 正夷清水昌彦大橋洋二富士通研SRW2016-102
我々は複数のユーザデータを異なる方向のビームに振り分け、消費電力・ビーム間干渉を低減するサブアレイ間符号化インターリーブ... [more] SRW2016-102
pp.189-194
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
10:00
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) ミリ波ビーム多重におけるマルチビームを利用した高速ビームサーチ方法
西川健一尾崎一幸清水昌彦吉田 誠富士通研IT2016-46 SIP2016-84 RCS2016-236
ミリ波ビーム多重において,エリア内の対象物の分布に依存しない,マルチビームをつかった高速なビームサーチ方法を提案する.提... [more] IT2016-46 SIP2016-84 RCS2016-236
pp.1-5
ICM 2016-07-08
09:15
北海道 小樽市観光物産プラザ アノテーション技術への分散処理適用に関する検討
土川公雄増田 健西川健一足立洋之井上 晃丸山 勉NTTICM2016-18
 [more] ICM2016-18
pp.57-62
ICM 2016-07-08
09:35
北海道 小樽市観光物産プラザ Webベースの業務システムのユーザインタフェース拡張方式
西川健一増田 健足立洋之土川公雄井上 晃丸山 勉NTTICM2016-19
Web ベースの業務システムのユーザインタフェースを対象に, 業務システム自体に手を入れずに機能拡張する方法について, ... [more] ICM2016-19
pp.63-68
LQE 2015-12-18
14:45
東京 機械振興会館 [招待講演]Realization and Applications of Mass-Productive Quantum Dot Lasers
Kenichi NishiUniv.Tokyo)・Keizo TakemasaMitsuru SugawaraQDLaser)・Yasuhiko ArakawaUniv.TokyoLQE2015-130
The improvements in self-assembled InAs quantum dots (QDs) h... [more] LQE2015-130
pp.31-35
EE 2012-10-12
13:30
東京 機械振興会館 新低待機PWM-ICを用いたスイッチング電源の特性
西島健一薮崎 純山根博樹菅原敬人小林義則森本敏光城山博伸杉本雅俊大和 誠富士電機EE2012-18
本論文は,当社で開発した低待機PWM-ICを用いたスイッチング電源の特性について述べたものである.新PWM-ICは,低待... [more] EE2012-18
pp.15-19
ICM 2012-03-16
18:00
沖縄 沖縄県男女共同参画センター システム操作の画面履歴を利用した頻出パターンマイニング
西川健一増田 健NTT)・陸 進復旦大)・高橋郁也NTTICM2011-75
事業環境の変化に対応しつつ継続的な業務改善を行うためには,業務の実行履歴(ログ)を適切な粒度で記録し,任意の観点で業務の... [more] ICM2011-75
pp.161-165
LQE 2011-12-16
11:20
東京 機械振興会館 高温(220℃)における1300 nm帯量子ドットレーザの連続発振
影山健生QDレーザ)・西 研一QDレーザ/東大)・山口正臣富士通研)・持田励雄QDレーザ/東大)・前多泰成武政敬三QDレーザ)・田中 有富士通研)・山本剛之QDレーザ/富士通研/東大)・菅原 充QDレーザ/東大)・荒川泰彦東大LQE2011-126
高温環境下での半導体レーザ発振動作は,厳しい条件下(宇宙,地中)でのセンシング等実現のために重要であり、特に波長が長波長... [more] LQE2011-126
pp.17-20
CPM, OPE, LQE, EMD
(共催)
2011-08-26
13:30
北海道 北海道大学 創成科学研究棟 5階 大会議室 波長1.27μm帯高密度量子ドットDFBレーザの研究開発
高田 幹東大)・田中 有富士通研/QDレーザ)・松本 武富士通研)・近藤勇人持田励雄前多泰成山口正臣影山健生武政敬三西 研一QDレーザ)・中田義昭山本剛之富士通研/QDレーザ)・菅原 充QDレーザ)・荒川泰彦東大EMD2011-53 CPM2011-97 OPE2011-88 LQE2011-51
光アクセス系で導入が進められている10G-EPONなどの次世代10ギガビット級PON (Passive Optical ... [more] EMD2011-53 CPM2011-97 OPE2011-88 LQE2011-51
pp.109-112
ICM 2011-03-11
13:45
沖縄 宮古島マリンターミナル 表示画像を用いた状態認識の精度向上手法の検討
西川健一増田 健大野陽介秋山幸生NTTICM2010-65
業務支援システム(OSS)を用いた業務を高度に支援するためには,OSS の状態の的確な把握が重要なポイントとなる.OSS... [more] ICM2010-65
pp.63-68
EMD, OPE, LQE, CPM
(共催)
2010-08-27
17:20
北海道 千歳アルカディアプラザ 高密度化による波長1.3um帯InAs/GaAs量子ドットレーザの特性向上
田中 有富士通研/富士通/QDレーザ/光電子融合基盤技研)・高田 幹石田 充東大)・松本 武宋 海智江川 満富士通研)・中田義昭富士通研/QDレーザ)・山本剛之富士通研/富士通/光電子融合基盤技研)・山口正臣西 研一菅原 充QDレーザ)・荒川泰彦東大EMD2010-60 CPM2010-76 OPE2010-85 LQE2010-58
 [more] EMD2010-60 CPM2010-76 OPE2010-85 LQE2010-58
pp.157-162
ICM 2010-03-12
10:10
鹿児島 おきえらぶフローラルホテル 高度な業務支援に向けた柔軟な状態認識手法
西川健一増田 健山村哲哉NTTICM2009-66
業務支援システム(OSS)を用いた円滑な業務実行を高度に支援するためには,OSS の状態を的確に把握することが一つのポイ... [more] ICM2009-66
pp.123-128
LQE, OPE
(共催)
2009-06-19
17:10
東京 機械振興会館6階66号室 波長1.3um帯InAs/GaAs量子ドットレーザ ~ 単一モード化、高速化の検討 ~
田中 有富士通研/富士通/QDレーザ/光協会)・高田 幹石田 充東大)・前多泰成QDレーザ)・松本 武江川 満宋 海智富士通研)・山口正臣QDレーザ)・中田義昭富士通研/QDレーザ)・西 研一QDレーザ)・山本剛之富士通研/富士通/光協会)・菅原 充富士通研/富士通/QDレーザ/光協会)・荒川泰彦東大OPE2009-29 LQE2009-32
 [more] OPE2009-29 LQE2009-32
pp.67-72
ICM 2009-03-13
15:20
鹿児島 奄美サンプラザホテル クライアント自律操作エージェントのシナリオ編集方法の検討
西川健一横瀬史拓野末晴久名和長年増田 健山村哲哉NTTICM2008-84
OSSによる業務を効率化するために,人手による定型的な端末操作を自動化するシステムの検討を行っている.端末を操作するユー... [more] ICM2008-84
pp.149-154
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会