お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-29
10:45
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自律駆動DMAエンジンを搭載したFPGA演算システム
横野智也山部芳朗田仲顕至有川勇輝石崎晃朗NTTVLD2022-28 ICD2022-45 DC2022-44 RECONF2022-51
近年,様々な情報処理基盤は性能及び効率を向上させるために,FPGA,GPU や ASIC を用いた特殊なアクセラレータで... [more] VLD2022-28 ICD2022-45 DC2022-44 RECONF2022-51
pp.55-60
ET 2021-03-06
15:20
ONLINE オンライン開催 複合的文書推敲過程に介在する情報群の直感的トリガを介した組織化に基づく作業経緯視覚化
田中健司清野正寛大沼 亮福島大)・中山祐貴早大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2020-62
 [more] ET2020-62
pp.61-66
RECONF 2020-09-10
13:30
ONLINE オンライン開催 通信効率の高い分散深層学習を実現するGPU-FPGAヘテロコンピューティング
田仲顕至有川勇輝伊藤 猛森田和孝根本 成三浦史光寺田和彦寺本純司坂本 健NTTRECONF2020-19
分散深層学習において、学習結果のGPU間での共有に用いられる集団通信(Allreduce)は大きなボトルネックになる。提... [more] RECONF2020-19
pp.1-6
ET 2019-11-09
10:40
広島 広島市立大学 複合的ドキュメンティングにおける作業経緯の理解促進のための想起ネットワーク生成手法
田中健司清野正寛大沼 亮福島大)・中山祐貴早大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2019-49
 [more] ET2019-49
pp.11-16
SSS 2019-04-23
14:10
東京 機械振興会館 不確定情報や不安感を利用して安全行動を誘因する法
田中健次電通大SSS2019-3
確定性に乏しく曖昧な安全情報提示や安心感を抑える自動化支援は,リスク意識を高め安全行動を誘因する傾向があることを,ドライ... [more] SSS2019-3
pp.9-12
SSS 2018-04-24
13:00
東京 機械振興会館 [招待講演]市民による環境の測定・共有・議論を通じたリスク回避行動の誘発 ~ 各種大気汚染を事例として ~
石垣 陽田中健次電通大SSS2018-1
放射線、PM2.5、CO2、VOCなど生活・就労環境の様々な環境汚染リスクに対し、従来の公的測定(定点)を補完する、次の... [more] SSS2018-1
pp.1-4
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
(連催) [詳細]
2018-01-19
16:40
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 LLVMバックエンドの最適化性能テストのミュータント生成
田中健司石浦菜岐佐関西学院大)・西村啓成福井昭也ルネサス エレクトロニクスVLD2017-88 CPSY2017-132 RECONF2017-76
本稿では, 既存のテストプログラムから自動生成した機能等価なミュータントにより, コンパイラ基盤 LLVM のバックエン... [more] VLD2017-88 CPSY2017-132 RECONF2017-76
pp.169-174
KBSE 2016-03-04
13:50
大分 由布市湯布院公民館 D-Caseに基づく議論構造可視化支援ツールのプロトタイプ開発と、スマートコミュニティにおける合意形成へ向けた基礎実験
松野 裕日大)・石垣 陽坂東幸一電通大)・木藤浩之東大)・河野理愛コグニティ)・田中健次電通大KBSE2015-64
 [more] KBSE2015-64
pp.91-95
PRMU, CNR
(共催)
2016-02-22
11:30
福岡 九州工業大学・飯塚キャンパス [ポスター講演]歩行者シミュレータを用いた大規模施設における避難条件の網羅的分析手法の提案
村山了規電通大)・大西正輝松島裕康山下倫央産総研)・田中健次電通大PRMU2015-155 CNR2015-56
大規模施設の避難経路は複雑であり,緊急時に混乱が生じないように誘導するためには綿密な避難誘導計画が必要である.しかし緊急... [more] PRMU2015-155 CNR2015-56
pp.123-124
SSS 2014-04-17
16:20
東京 日大理工学部駿河台キャンパス 共助における支援側の作業負荷と意識変化 ~ 他者へ提示する警告システムにおける支援する側の効果 ~
栗橋 翠松野 裕田中健次電通大SSS2014-6
近年,自動車の安全性を高める様々なシステムが提案されている.しかし,それらのシステムはシス テムユーサ&... [more] SSS2014-6
pp.21-24
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
11:00
東京 玉川大学 短期シナプス可塑性をもつネットワークモデルにおける同時記憶容量
田仲顕至東大)・五十嵐康彦東大/学振)・岡田真人東大/理研NC2013-105
前頭葉のニューロンは,外部情報を一時的に保持するワーキングメモリーの機能を持つことが電気生理実験において報告されており,... [more] NC2013-105
pp.97-102
SSS 2012-11-22
13:00
東京 芝浦工大 新聞報道から見た昨今の通信ネットワーク事故に伴う社会的影響と課題
坂東幸一田中健次電通大SSS2012-17
一般市民や社会にとってますます重要性を増しつつある通信ネットワーク分野に焦点を絞り,昨今の通信ネットワーク事故を新聞報道... [more] SSS2012-17
pp.1-4
SANE 2011-11-25
09:30
奈良 (独)奈良文化財研究所 地下レーダ探査を用いた人工海浜の空洞化調査 ~ 不陸のメカニズムと探査時期について ~
田中謙次野村成宏田中地質コンサルタント)・中島謙二郎国交省)・小野信幸エコーSANE2011-121
人工海浜の空洞化調査において地下レーダを用いて広域的な調査を実施した。人工海浜の「砂浜」で発生する不陸のメカニズムを解明... [more] SANE2011-121
pp.47-51
PRMU 2007-03-16
14:15
岡山 岡山大 Particle Swarm Optimization を用いたサポートベクターマシンのハイパーパラメータ探索
田中謙次筑波大)・栗田多喜夫産総研/筑波大)・河辺 徹筑波大
 [more] PRMU2006-274
pp.113-118
ET 2006-03-04
11:45
香川 香川大工学部 異文化コミュニケーション授業の新展開 ~ 日韓中3大学接続による同時双方向遠隔授業 ~
西堀ゆり北大)・永岡慶三早大)・西永 望田中健二NICT)・山本裕一佐藤晴彦北大)・原田雅博東京エレクトロン)・Ruimin ShenJinjin Feng上海交通大)・Myunghee Ju Kang梨花女子大
本論は、インターネットや国際ブロードバンド回線による会議システムを使用し、日中韓の3カ国(北海道大学、上海交通大学、ソウ... [more] ET2005-92
pp.25-30
PRMU, TL
(共催)
2006-02-24
10:00
茨城 産業技術総合研究所(筑波) EEGを利用したブレインコンピュータインタフェースのためのデータクレンジング
田中謙次筑波大)・栗田多喜夫産総研/筑波大)・フレデリッヒ メイヤーリュック ベルトース産総研)・河辺 徹筑波大
近年,脳の活動に伴い発せられる脳波(EEG)を読み取り,意思を外部に出力する
ブレインコンピュータインタフェース(BC... [more]
TL2005-72 PRMU2005-207
pp.31-36
SAT 2005-10-14
09:25
愛知 ルブラ王山(名古屋) Telemedicine using Satellite Communications in Disasters -- Review and Voice --
Kiyoko NagamiHiroshi JuzojiIsao NakajimaTokai Univ.)・Kiyoshi IgarashiKenji TanakaNICT
 [more] SAT2005-28
pp.69-74
RCS 2004-08-27
14:00
北海道 北海道大学 シンボル毎に最尤復号できる時空間ブロック符号の最大相互情報量
田中健司・○松本隆太郎植松友彦東工大
シンボル毎に最尤復号が可能な時空間ブロック符号の最大相互情報量の上界を導出し,上界が容量を達成するために必要なシンボルレ... [more] RCS2004-147
pp.67-72
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会