お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2021-06-25
09:40
ONLINE オンライン開催 上下回線を有するドローンアクセスネットワークにおけるアンテナ偏波面に関する検討
岡田拓馬タン ザカン東工大RCS2021-65
地震, 津波といった自然災害が起きた場合, 救助隊のための映像伝送による被災状況の把握や被災者のための避難情報の収集など... [more] RCS2021-65
pp.208-213
CQ, CBE
(併催)
2021-01-22
16:40
ONLINE オンライン開催 無人移動体画像伝送システムの周波数帯における4K映像リアルタイム無線伝送システムの試作
敷地辰也茂木智広満井 勉矢島 武黒柳伸之相田大介黒川大輝光電製作所)・阪口 啓荒木純道タン ザ カンユ タオ東工大)・羽田靖史工学院大CQ2020-106
無人航空機(UAV : unmanned aerial vehicle)を代表とする無人ロボットの普及により,災害発生現... [more] CQ2020-106
pp.183-188
SR 2020-11-19
15:25
ONLINE オンライン開催 UAVによる動的ミリ波メッシュバックホールの設計
平田孝佑タン ザ カン阪口 啓東工大SR2020-38
近年,モバイトラフィックとユーザーが増加しつつある.それに伴い,通信設備の容量増加が要求されると同時に技術の進歩により通... [more] SR2020-38
pp.100-107
RCS 2020-06-25
10:00
ONLINE オンライン開催 隣接UAV間干渉を考慮したアクセス用ミリ波帯UAV基地局の設計
小笹聖典中里 仁平田孝佑タン ザ カン阪口 啓東工大RCS2020-31
非常災害時では,画像伝送による災害地現場の情報収集や重要な避難情報の配信など,高速無線通信インフラを迅速かつ安定的に常時... [more] RCS2020-31
pp.49-54
SR
(第二種研究会)
2019-11-04
- 2019-11-05
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]UAVセンサを活用した屋外環境における電波発信源の位置推定の検討
田中翔馬タン ザ カン阪口 啓東工大
IoT 社会となりモバイル端末が急激に普及し,災害時の救護やIoTサービスの発展のために位置情報が利用されている。本研究... [more]
SR, SRW
(併催)
2017-10-24
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]Performance Evaluation of Prefetching Algorithm for 5G mmWave Edge Cloud
Hiroaki NishiuchiKhanh Tran GiaKei SakaguchiTokyo TechSR2017-83 SRW2017-33
In order to cope with the recent increase in mobile traffic,... [more] SR2017-83 SRW2017-33
pp.51-52(SR), pp.45-46(SRW)
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2010-03-05
13:20
神奈川 YRP 電力伝送と融合したワイヤレスグリッド
阪口 啓ラギルプトロ ウィチャクソノ水谷圭一タンザ カン東工大RCS2009-316 MoMuC2009-89 SR2009-113 AN2009-82
 [more] RCS2009-316 MoMuC2009-89 SR2009-113 AN2009-82
pp.339-344(RCS), pp.89-94(MoMuC), pp.149-154(SR), pp.77-82(AN)
SR, RCS, USN, AN
(併催)
2008-10-23
13:20
沖縄 沖縄産業支援センター 2-D MIMOネットワークコーディング及び協力ヌルビームフォーミング
Tran Gia Khanh・○Kei Sakaguchi東工大)・Fumie Ono横浜国大)・Kiyomichi Araki東工大SR2008-53
Infrastructure wireless mesh network (WMN) has been attracte... [more] SR2008-53
pp.105-112
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会