お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 129件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, ICSS
(共催)
2022-06-23
13:55
長崎 長崎県立大学シーボルト校
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Decentralized Identifiersとアクセスコントロールを用いたプライバシーデータ配信サービスアーキテクチャ
奥 怜也塩本公平東京都市大)・大場義洋キオクシアIA2022-3 ICSS2022-3
 [more] IA2022-3 ICSS2022-3
pp.15-18
ICM 2021-07-15
16:40
ONLINE オンライン開催 [特別講演]国際会議開催報告 IEEE International Conference on Network Softwarization (NetSoft) 2021
塩本公平東京都市大ICM2021-14
International Conference on Network Softwarization (NetSoft)... [more] ICM2021-14
pp.22-27
PN 2020-08-25
10:50
ONLINE オンライン開催 広域データセンター間通信における深層強化学習を適用したPolicy Gradientによるデッドラインアウェアなデータ転送
能登谷将紀塩本公平東京都市大)・栗本 崇NIIPN2020-21
デッドラインアウェアなジョブのスケジューリング問題は,科学的ワークフローや商用データセンタの広域ネットワークなどの応用分... [more] PN2020-21
pp.49-56
ICM 2020-07-17
09:25
ONLINE オンライン開催 暗号化されたWebサービス推定のためのFew-shot Learningにおけるラベル付与法に関する検討
吉田祥太・○江口 優塩本公平東京都市大ICM2020-14
増大する通信トラヒックに対して,通信トラヒックの監視、制御は非常に重要である.しかしながら,近年の暗号化の標準化が進んで... [more] ICM2020-14
pp.37-42
PN 2020-03-03
09:00
鹿児島 奄美市社会福祉センター
(開催中止,技報発行あり)
広域データセンター間通信のトラフィック特性を考慮したジョブスケジューリング法の検討
荒川隆志塩本公平東京都市大)・栗本 崇NIIPN2019-61
近年,データセンターの発達によりデータセンター間広域通信網(DC-WAN)を効率的に使用する需要が高まっている.
また... [more]
PN2019-61
pp.51-58
SR 2019-12-05
13:50
沖縄 石垣市民会館(石垣島) [ポスター講演]Self-trainingを用いた半教師あり学習によるeNodeBログデータの品質状態解析に関する研究
吉田祥太東京都市大)・諸星敦史富士通エフサス)・塩本公平東京都市大)・エン チンラムバックスタッド セバスチャンエリクソン・ジャパンSR2019-92
年々トラフィックの増大するLTEネットワークにおいて,その基地局であるeNodeBに障害が発生した際に早急に原因を突き止... [more] SR2019-92
pp.29-36
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
12:10
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス トラヒック変動を考慮したSDNコントローラ間の不整合の低減に関する検討
小杉 將塩本公平東京都市大ICM2019-23
大規模ネットワークにおいて1台のSDNコントローラですべてのネットワーク機器を集中制御することは,コントローラ容量や拡張... [more] ICM2019-23
pp.13-18
PN 2019-08-26
10:40
北海道 かんぽの宿 小樽 データセンタネットワークにおけるトポロジ設計とトラフィック計測に関する研究動向
塩本公平東京都市大PN2019-12
本稿ではデータセンタネットワークのトポロジ設計や交流トラフィック計測に関するこれまでの研究をサーベイする. トポロジにつ... [more] PN2019-12
pp.9-16
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
15:00
大阪 I-Siteなんば(大阪) LTEネットワークにおけるeNodeBの状態管理自動化のための深層学習に基づく分類
原 和希筑波大)・塩本公平東京都市大)・エン チンラムバックスタッド セバスチャンエリクソン・ジャパンRCC2019-41 NS2019-77 RCS2019-134 SR2019-53 SeMI2019-50
移動体通信における基地局での障害発生時に,原因を早急に特定することは非常に重要である.しかしながら,膨大な量の情報を出力... [more] RCC2019-41 NS2019-77 RCS2019-134 SR2019-53 SeMI2019-50
pp.145-150(RCC), pp.171-176(NS), pp.167-172(RCS), pp.177-182(SR), pp.159-164(SeMI)
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
15:25
大阪 I-Siteなんば(大阪) Prototypical Networkを用いたFew-shot学習によるLTE網のエリア毎のサービスレベルの把握
青木章悟早大)・塩本公平東京都市大)・エン チンラムバックスタッド セバスチャンエリクソン・ジャパンRCC2019-42 NS2019-78 RCS2019-135 SR2019-54 SeMI2019-51
モバイル網においてサービス品質維持のため,基地局に障害が生じた際にその原因となる情報を即座に分類し特定し,早急なサービス... [more] RCC2019-42 NS2019-78 RCS2019-135 SR2019-54 SeMI2019-51
pp.151-156(RCC), pp.177-182(NS), pp.173-178(RCS), pp.183-188(SR), pp.165-170(SeMI)
IN, NS
(併催)
2019-03-04
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター Adversarial Autoencoderを用いた半教師あり学習によるネットワーク侵入検知システムの検討
原 和希塩本公平東京都市大NS2018-193
近年,IoT デバイスの増加に伴うトラフィックの増加により,侵入検知システム(IDS) の重要性が増している. 特に,高... [more] NS2018-193
pp.1-6
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
09:55
北海道 函館アリーナ 侵入検知システムのログデータの分析によるニューラルネットワークを用いた攻撃クラス分類法とその精度向上のための検討
萬年 司・○塩本公平東京都市大SR2018-31
本稿では IDS から抽出されたデータに注目し,攻撃データに対するニューラルネットワークを用いたクラ ス分類の精度を検証... [more] SR2018-31
pp.65-72
NS, IN
(併催)
2018-03-01
10:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート ブラウジングおよびストリーミングのWebサービスのQoE管理法の研究
阿部圭佐興野 巧塩本公平東京都市大NS2017-178
近年のWebぺージはHTMLやCSS,JavaSctiptを用いて実現されており,HTTPレベルのふるまいを把握すること... [more] NS2017-178
pp.61-65
NS, IN
(併催)
2018-03-02
09:40
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート IP-over-Fiberマルチレイヤネットワークの障害原因特定のための因果関係モデルの構築
荒井隆成春田佳輝塩本公平東京都市大NS2017-197
 [more] NS2017-197
pp.171-174
NS, IN
(併催)
2018-03-02
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート Software-Defined Networkingにおけるコントローラとスイッチの割り当てに関する検討
佃 優作塩本公平東京都市大)・森田達也林 經正ボスコ・テクノロジーズNS2017-199
SDN綱において単一のコントローラで全てのスイッチを集中制御するのは,コントローラの容量を考慮することや,故障するとボト... [more] NS2017-199
pp.181-186
NS, IN
(併催)
2018-03-02
13:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 機械学習を用いた異常通信の検出法
萬年 司塩本公平東京都市大NS2017-226
近年,インターネットの普及により,各種マルウエア (Malicious Software)の攻撃への対策が大きな課題とな... [more] NS2017-226
pp.327-332
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2017-05-25
16:40
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) [招待講演]ネットワーク仮想化時代におけるネットワークマネジメントに向けて
塩本公平東京都市大ICM2017-3
ネットワーク仮想化時代においては、多数の構成要素からネットワークが構成されるため、ネットワークマネジメントが複雑なること... [more] ICM2017-3
pp.41-45
IN, RCS
(併催)
2016-05-19
14:20
東京 機械振興会館 広域SDNテストベッドにおけるプロアクティブネットワーク制御技術の実証実験
高橋洋介鈴木晃人石橋圭介塩本公平NTT)・大歳達也大下裕一村田正幸阪大IN2016-7 RCS2016-29
SDN/OpenFlow 技術の登場により,任意のトラヒック集合を制御粒度としたトラヒックエンジニアリン グ(TE) が... [more] IN2016-7 RCS2016-29
pp.37-42(IN), pp.31-36(RCS)
ICM 2016-03-10
09:40
沖縄 沖縄県青年会館 エッジ配信によるWeb応答時間削減効果の分析
上山憲昭中野雄介阪大/NTT)・塩本公平NTT)・長谷川 剛村田正幸宮原秀夫阪大ICM2015-41
 [more] ICM2015-41
pp.1-6
NS 2016-01-22
13:40
福岡 博多バスターミナル 貸ホール Webパフォーマンスの因果分析
中野雄介上山憲昭塩本公平NTT)・長谷川 剛村田正幸阪大NS2015-161
 [more] NS2015-161
pp.87-92
 129件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会