お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, CCS
(併催)
2022-08-05
09:40
北海道 北海道大学 百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LSTMを用いた任意パラメータ指定可能なネットワークトラヒック生成
栗山海渡渡部康平長岡技科大IN2022-20
近年,情報化社会に伴って,ユーザの使用する端末の多様化が進んで来ており,多様な端末に応じたネットワークの評価が重要になっ... [more] IN2022-20
pp.27-32
SAT, SANE
(併催)
2022-02-25
09:30
ONLINE オンライン開催 日本におけるマルチビーム衛星通信システムの帯域と電力の配分量について
奥浜 駿沖縄高専)・渡部康平長岡技科大)・中平勝也沖縄高専SAT2021-62
衛星通信は周波数と電力の有効利用の観点からマルチビーム方式が主流となっている。そこで、マルチビームにおけるサービスエリア... [more] SAT2021-62
pp.57-61
CQ, CBE
(併催)
2022-01-28
14:40
石川 金沢(石川県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ソーシャルネットワークにおける情報拡散者の特定に関する一検討
津川 翔筑波大)・渡部康平長岡技科大CQ2021-94
ソーシャルネットワーク上のインフルエンサーを特定することは、バイラルマーケティングやフェイクニュース拡散の防止など、様々... [more] CQ2021-94
pp.100-105
IN, NS
(併催)
2021-03-05
14:20
ONLINE オンライン開催 LSTMと条件付きVAEを用いた構造的特徴を指定可能なグラフ生成モデル
中沢昇平・○佐藤良紀中川健治長岡技科大)・津川 翔筑波大)・渡部康平長岡技科大NS2020-159
近年, グラフを用いたアプリケーション, シミュレーションの重要性が高まっている. グラフには様々な特徴があり, 特徴が... [more] NS2020-159
pp.214-219
CQ, CBE
(併催)
2021-01-20
16:05
ONLINE オンライン開催 [招待講演]機械学習による通信データ生成へのアプローチ
渡部康平長岡技科大CQ2020-71
通信ネットワークやその上で動作するプロトコル,アプリケーションを評価する場合,実データを利用した実験やシミュレーションを... [more] CQ2020-71
p.57
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
15:50
ONLINE オンライン開催 無線アドホックネットワークにおける総スループット 及び公平性向上に関する研究
チュオン ヴァン ニャット ミン中川健治渡部康平長岡技科大NS2020-106
 [more] NS2020-106
pp.103-107
IN, IA
(併催)
2019-12-20
10:45
広島 サテライトキャンパスひろしま マルチキャスト通信におけるL1ノルム最小化によるパケット損失率推定法とパスの選択法
吉川泰司中川健治渡部康平長岡技科大IN2019-54
 [more] IN2019-54
pp.51-55
IN, IA
(併催)
2019-12-20
11:10
広島 サテライトキャンパスひろしま MACD指標を用いた可用帯域推定法
齋藤綾太中川健治渡部康平長岡技科大IN2019-55
近年,インターネットで帯域を消費するサービスの利用が盛んである.これらのサービスを安定して提供するには通信路の可用帯域を... [more] IN2019-55
pp.57-61
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]敵対的生成ネットワークを用いた類似ネットワーク生成モデルに関する一考察
中沢昇平渡部康平中川健治長岡技科大
現実に近い環境を想定してネットワークシミュレーションを行う際,トポロジの実データが必要となる.トポロジの実データは一般に... [more]
CQ 2019-07-18
13:00
新潟 新潟大学 [ポスター講演]敵対的生成ネットワークを利用した疑似トラヒック生成に関する一考察
山際哲哉渡部康平中川健治長岡技科大CQ2019-38
ネットワークを構築する際には,実際にトラヒックを生成するトラヒックジェネレータを使用し,サーバーなどのネットワーク機器の... [more] CQ2019-38
pp.27-29
IN, NS
(併催)
2019-03-05
13:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター 未知のトラヒック特性を持つネットワークの高精度なパケット廃棄率推定手法
寺内将大渡部康平中川健治長岡技科大IN2018-131
ネットワークの Quality of Service (QoS)を評価するためにシミュレーションは重要である.シミュレー... [more] IN2018-131
pp.283-288
IN, NS
(併催)
2019-03-05
14:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター 並列パスアクティブ測定によるパケット廃棄率推定
村井啓之介渡部康平中川健治長岡技科大IN2018-132
本稿では,ネットワーク上の複数のパスに対して並列に end-to-end のアクティブ測定を行い,パケット廃棄率を推定す... [more] IN2018-132
pp.289-294
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート ネットワーク障害におけるパスの統合・分割による障害箇所の推定
堤 陽祐渡部康平中川健治長岡技科大NS2017-198
 [more] NS2017-198
pp.175-180
CQ
(第二種研究会)
2018-01-20
12:50
東京 早稲田大学西早稲田キャンパス [ポスター講演]未知のトラヒック特性を持つネットワークにおけるIS法を利用したパケット廃棄率推定に関する一考察
寺内将大渡部康平中川健治長岡技科大
パケット廃棄率を高精度で測定する技術はService Level Agreements を保証するために重要であるが,
... [more]

CQ 2018-01-19
11:20
東京 国立情報学研究所 複数プローブフローの並列測定による高精度遅延推定
平川槙太郎渡部康平中川健治長岡技科大CQ2017-93
本論文では,アクティブプローブパケットを用いた正確な並列測定手法を提案する.
多くの測定アプリケーションでは,複数のプ... [more]
CQ2017-93
pp.45-50
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2017-03-04
13:50
沖縄 カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) 構造化オーバーレイにおける関係性に基づくデータ複製によるマルチクエリに対する応答の高速化
小泉悠介渡部康平中川健治長岡技科大SITE2016-83 IA2016-113
 [more] SITE2016-83 IA2016-113
pp.203-208
CQ
(第二種研究会)
2017-01-21
12:30
大阪 大阪大学中之島センター [ポスター講演]障害発生スイッチとその障害箇所を推定する計測パスの統合・分割技術
堤 陽祐渡部康平長岡技科大)・井上 武水谷后宏間野 暢明石 修NTT)・中川健治長岡技科大
我々はこれまで,ネットワークを通過するパケットのパスを統合・分割することによりMeasurement Unit(MU)を... [more]
NS, IN
(併催)
2016-03-04
10:40
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) Network-wide Packet Behaviorに基づくパケット分類を用いたネットワーク故障箇所の推定法
渡部康平長岡技科大)・井上 武水谷后宏間野 暢明石 修NTT)・中川健治長岡技科大IN2015-131
ネットワークの大規模・複雑化に伴い,機器がアラートを発しないにも関わらずQoSの低下が起こるサイレント故障が大きな問題と... [more] IN2015-131
pp.135-140
RCC, ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2015-07-30
09:50
長野 JA長野県ビル [奨励講演]無線通信環境におけるアクティブ計測のバイアスを補正するアクセス遅延推定法の提案
渡部康平中川健治長岡技科大NS2015-39
ネットワークにプローブを送出することでエンドツーエンドの通信品質を計測するアクティブ計測では,プローブの送出により計測対... [more] NS2015-39
pp.13-18
RCC, ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2015-07-31
14:25
長野 JA長野県ビル Improvement for Throughput and Fairness in Multi-hop Wireless Ad-hoc Networks
Nguyen Minh TuanKenji NakagawaKohei WatabeNagaoka Univ. of Tech.NS2015-64
Using the protocol IEEE 802.11, multi-hop wireless ad hoc ne... [more] NS2015-64
pp.159-164
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会