お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM, BioX, ISEC, SITE, ICSS, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2022-07-20
14:25
ONLINE オンライン開催 サイバー犯罪エコノミーを把握するための暗号資産分析システムの提案
森 博志熊谷裕志インミン パパ高田雄太古川凌也櫻井悠次神薗雅紀デロイトトーマツサイバーISEC2022-24 SITE2022-28 BioX2022-49 HWS2022-24 ICSS2022-32 EMM2022-32
 [more] ISEC2022-24 SITE2022-28 BioX2022-49 HWS2022-24 ICSS2022-32 EMM2022-32
pp.98-103
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
10:00
ONLINE オンライン開催 BERTモデルを用いたキーボード打鍵音による入力推定攻撃とその対策
飯田雅裕帝京大)・秋山満昭NTT)・神薗雅紀デロイト トーマツ サイバー)・笠間貴弘NICT)・服部祐一セキュアサイクル)・井上博之京都産大)・猪俣敦夫阪大ICSS2021-67
サイドチャネル攻撃の一種として,キーボードの打鍵音から入力キーを推定するKeyboard Acoustic Emanat... [more] ICSS2021-67
pp.49-54
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
10:00
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 複数アンチウイルスエンジンにおける検出結果の不確実性の評価
野村和也早大)・秋山満昭NTT)・神薗雅紀デロイト トーマツ サイバー)・笠間貴弘NICTICSS2020-56
VirusTotalは複数のアンチウイルスエンジンの検出結果を得られるオンラインサービスであり,企業でのセキュリティオペ... [more] ICSS2020-56
pp.178-183
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2019-03-08
13:25
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター セキュリティインシデント対応に適したノンテクニカルスキルマップの提案
笠間貴弘安田真悟佐藤公信NICT)・神薗雅紀小島恵美PwCサイバーサービス)・山口孝夫奈良和春有人宇宙システムICSS2018-90
 [more] ICSS2018-90
pp.185-190
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-08
10:35
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター HSDirのSnoopingと秘匿サービスへのスキャンを組み合わせたダークウェブ分析システム
小野諒人立命館大)・神薗雅紀PwCサイバーサービス)・笠間貴弘NICT)・上原哲太郎立命館大ICSS2017-68
 [more] ICSS2017-68
pp.103-108
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-08
11:10
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター Structured Threat Information eXpressionで記述された情報のモデル化
近藤秀紀永井達也神戸大)・伊藤大貴野村健太神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明古本啓祐瀧田 愼髙野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・森井昌克神戸大ICSS2017-75
 [more] ICSS2017-75
pp.145-150
ICSS 2017-11-20
14:15
大分 別府国際コンベンションセンター [招待講演]コネクテッドカーに対するサイバーセキュリティアセスメント事例と今後の展望
神薗雅紀PwCサイバーサービスICSS2017-38
コネクテッドカーの目覚ましい台頭の裏に,様々なサイバーセキュリティの脅威や脆弱性が報告されている.特に大きく取り上げられ... [more] ICSS2017-38
pp.1-4
ICSS 2017-11-20
16:05
大分 別府国際コンベンションセンター 国内におけるサイバー演習の現状と、技術演習にとどまらないノンテクニカルスキル要素を加えたサイバー演習の提案 ~ 新しいサイバー演習を体験しませんか ~
小島恵美PwCサイバーサービス)・奈良和春有人宇宙システム)・神薗雅紀PwCサイバーサービスICSS2017-41
近年のサイバー攻撃の増加,多様化,巧妙化に伴い,国内外ともにインシデント発生時の対応能力の評価や向上を目的とした,様々な... [more] ICSS2017-41
pp.17-22
ICSS 2017-11-21
14:00
大分 別府国際コンベンションセンター ダイアモンドモデルに基づく脅威情報分析のためのインタフェースについて
近藤秀紀・○永井達也古本啓祐神戸大)・伊藤大貴野村健太神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明高野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・森井昌克神戸大ICSS2017-50
 [more] ICSS2017-50
pp.71-76
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-14
14:15
東京 内田洋行東京本社ショールーム サイト構造のクラスタリングを用いた悪性サイトの識別
永井達也神戸大)・神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明神戸大)・毛利公美岐阜大)・高野泰洋森井昌克神戸大ISEC2017-20 SITE2017-12 ICSS2017-19 EMM2017-23
 [more] ISEC2017-20 SITE2017-12 ICSS2017-19 EMM2017-23
pp.93-98
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-13
13:25
長崎 長崎県立大学シーボルト校 脅威情報の統合的分析に向けた攻撃活動のモデル化
野村健太伊藤大貴神戸大)・神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明高野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・星澤裕二PwCサイバーサービス)・森井昌克神戸大ICSS2016-47
特定の標的を狙ったサイバー攻撃は複数の侵入経路や攻撃手段を用いる.そのように多様化したサイバー攻撃に対抗するために,攻撃... [more] ICSS2016-47
pp.7-12
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
11:45
長崎 長崎県立大学シーボルト校 脅威情報を関連付けるための攻撃活動の表現
伊藤大貴野村健太神戸大)・神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明高野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・星澤裕二PwCサイバーサービス)・森井昌克神戸大ICSS2016-64
高度化・複雑化するサイバー攻撃が社会問題となる中,近年,サイバーセキュリティに関する様々な情報を多角的に分析し,そこから... [more] ICSS2016-64
pp.147-152
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
10:55
長崎 長崎県立大学シーボルト校 Androidアプリケーションのフレームワークからみた脆弱性分析
古川凌也永井達也神戸大)・熊谷裕志神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明高野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・星澤裕二PwCサイバーサービス)・森井昌克神戸大
 [more]
ICSS 2016-11-25
13:00
神奈川 情報セキュリティ大学院大学 [招待講演]国内のセキュリティ人材育成プログラムの状況とユーザ企業における人材ニーズの分析
衛藤将史NICT)・神薗雅紀PwCサイバーサービスICSS2016-38
セキュリティ人材の深刻な不足を受けて、現在国内では産学官が連携したさまざまなセキュリティ人材育成プログラムが実施され、人... [more] ICSS2016-38
p.1
ICSS 2016-11-25
16:10
神奈川 情報セキュリティ大学院大学 リンクマイニングによる悪性Webサイトの検知性能
高野泰洋伊藤大貴永井達也神戸大)・神薗雅紀PwCサイバーサービス)・毛利公美岐阜大)・白石善明神戸大)・星澤裕二PwCサイバーサービス)・森井昌克神戸大ICSS2016-44
従来より, ブラックリストを使いURL のキーワード照合等により悪性Web サイトへのアクセス回避が試みられている. し... [more] ICSS2016-44
pp.31-35
ICSS, IA
(共催)
2016-06-07
13:25
佐賀 佐賀大学 マルチ環境でのDrive-by-Download攻撃のリンク構造解析について
永井達也神戸大)・神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明神戸大)・毛利公美岐阜大)・星澤裕二PwCサイバーサービス)・森井昌克神戸大IA2016-12 ICSS2016-12
Web ブラウザやプラグインの脆弱性を利用したDrive-by-Download(DBD)攻撃が深刻化している.DBD ... [more] IA2016-12 ICSS2016-12
pp.63-68
ICSS 2015-03-03
15:15
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) プラガブルかつプログラマブルなログ分析フレームワーク
津田 侑遠峰隆史神薗雅紀衛藤将史井上大介NICTICSS2014-68
多種多様なセキュリティ機器から発生するログの一元管理を実現するSIEM(Security Information and... [more] ICSS2014-68
pp.31-36
ICSS 2015-03-03
16:15
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) Drive-by-Download攻撃のリンク構造解析
大力悠司神戸大)・神薗雅紀セキュアブレイン)・毛利公美岐阜大)・白石善明森井昌克神戸大ICSS2014-70
Drive-by-Download(DBD)攻撃の挙動を把握する際,入口サイトからマルウェア感染サイトまで多段に及ぶWe... [more] ICSS2014-70
pp.43-48
ICSS 2015-03-04
10:50
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) ループバックアドレスが返答されるドメインの定点観測によるマルウェアの活動予測
神薗雅紀NICT/SecureBrain)・遠峰隆史津田 侑衛藤将史NICT)・星澤裕二セキュアブレイン)・井上大介NICT)・吉岡克成松本 勉横浜国大ICSS2014-80
マルウェアを動的解析した際のDNSレスポンスに,ループバックアドレスが返答されるものが多数存在する.これは,プロバイダ等... [more] ICSS2014-80
pp.103-108
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-04
14:40
北海道 サン・リフレ函館 Backdoor Shellに着目した不正Webサイトを用いたサイバー攻撃基盤の分析
神薗雅紀横浜国大/NICT)・星澤裕二セキュアブレイン)・笠間貴弘衛藤将史井上大介NICT)・吉岡克成松本 勉横浜国大ISEC2014-46 SITE2014-41 ICSS2014-50 EMM2014-46
 [more] ISEC2014-46 SITE2014-41 ICSS2014-50 EMM2014-46
pp.321-326
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会