お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2019-12-06
13:55
東京 NHK放送技術研究所 [ポスター講演]Estimation of three-dimensional tongue shape from midsagittal tongue contour using regression models
Tatsuya KitamuraKonan Univ.)・Hisanori MakinaeNRIPS)・Masashi ItoTITSP2019-40
 [more] SP2019-40
pp.67-72
SIS, ITE-BCT
(連催)
2018-10-25
15:00
京都 京都大学 百周年時計台記念館 [依頼講演]視聴環境に基づくテレビ広告の出し分け手法に関する検討 ~ ハイブリッドキャストビデオを用いたアドレッサブルTV ~
伊藤正史フジテレビ
 [more]
NS, IN
(併催)
2015-03-03
11:30
沖縄 沖縄コンベンションセンタ 知識に基づく効果的な複数アクセス回線選択手法の評価
伊藤 仁江戸麻人和泉 諭阿部 亨菅沼拓夫東北大IN2014-152
インターネットへのアクセス回線には有線・無線問わず様々なものが存在するが,従来は複数の利用可能な接続回線が存在する場合で... [more] IN2014-152
pp.185-190
IN, NV
(併催)
2014-07-17
13:25
北海道 北海道大学 知識に基づく効果的な複数アクセス回線選択手法の提案
伊藤 仁江戸麻人和泉 諭阿部 亨菅沼拓夫東北大IN2014-35
インターネットへのアクセス回線には有線・無線問わず様々なものが存在するが,従来は複数の利用可能な接続回線が存在する場合で... [more] IN2014-35
pp.31-36
SP, JSAI-SLUD
(併催)
2013-09-19
11:15
千葉 千葉大学 局所区間のマルチモーダル情報を用いたユーザ状態の推定に関する検討
千葉祐弥東北大)・伊藤 仁東北工大)・伊藤彰則東北大SP2013-69
従来の音声対話システムの研究では,ユーザ発話の音声認識結果を処理することによって応答を決定するという対話システムの性質上... [more] SP2013-69
pp.27-32
EA 2013-08-09
10:00
宮城 東北大学 複素時間窓を利用した混合音声の分析手法の検討
伊藤 仁東北工大)・伊藤彰則東北大EA2013-53
有声音声や楽器音などの音響特性を,振幅と周波数が滑らかに時間変化する正弦波の和として近似する正弦波モデルは,音声の分析や... [more] EA2013-53
pp.1-6
IN, NS, CS
(併催)
2012-09-20
11:20
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 時刻同期のための通信遅延変動を軽減するメカニズムの明確化と検証
伊藤将志小堺康之東芝IN2012-55
 [more] IN2012-55
pp.33-38
PRMU, SP
(共催)
2012-02-09
11:00
宮城 東北大学 青葉山キャンパス 非言語情報を用いたHMMによるユーザ発話前内部状態の推定
千葉祐弥東北大)・伊藤 仁東北工大)・伊藤彰則東北大PRMU2011-187 SP2011-102
本稿では,音声対話システムにおけるユーザの発話前内部状態を推定する手法について述べる.実環境におけるシステム主導型対話シ... [more] PRMU2011-187 SP2011-102
pp.7-12
PRMU, SP, WIT
(共催)
2010-10-08
10:00
千葉 幕張メッセ(CEATEC会場) 監視マイクロホンのための多段GMMを用いた異常音検出手法
伊藤彰則相場亮人東北大)・伊藤 仁東北工大)・牧野正三東北文化学園大PRMU2010-88 SP2010-44 WIT2010-32
筆者らは,マイクロホンで観測した環境音中から異常な音を自動検出する手法として,複数のGMMを併用することで出現頻度の少な... [more] PRMU2010-88 SP2010-44 WIT2010-32
pp.1-6
EA 2009-08-03
16:30
宮城 東北大学 MP3パケットロス隠蔽における音質の客観評価に関する検討
今野清志伊藤 仁伊藤彰則牧野正三東北大EA2009-49
本稿では,パケットロス隠蔽を適用したMP3音楽に対して有効な客観評価法について検討を行う.
広帯域音楽信号の音質を客観... [more]
EA2009-49
pp.37-42
EA 2009-08-04
11:45
宮城 東北大学 多段GMMおよびセグメントモデルを用いた異常音検出の検討
相場亮人伊藤 仁伊藤彰則牧野正三東北大EA2009-55
本研究では,監視マイクロフォンのための異常音検出システムを提案する.提案システムは実際に監視場所で発生した日常音を学習し... [more] EA2009-55
pp.71-75
ITE-BCT, IE, CS, IPSJ-AVM
(共催)
2008-12-11
15:50
愛知 名古屋大学 ビットストリームパターン再構成によるFlash Videoの適応的Multiple Description符号化
倉石卓也伊藤 仁伊藤彰則牧野正三東北大
Multiple Description(MD)符号化はバースト欠落によるパケットロスを隠蔽する効果的な手法の一つである... [more] CS2008-45 IE2008-109
pp.35-40
SP, NLC
(共催)
2008-12-10
16:10
東京 早稲田大学(小野記念講堂) 質問応答データベースの自動作成に基づく音声対話システムの評価
森本高弘伊藤 仁東北大)・鈴木基之徳島大)・伊藤彰則牧野正三東北大NLC2008-69 SP2008-124
一問一答形式の音声対話システムにおいて質問応答データベースを用いた用例ベースの応答生成は様々な発話に頑強だが,新たなシス... [more] NLC2008-69 SP2008-124
pp.267-272
EA 2008-08-04
15:15
宮城 東北大学 正弦波モデルに基づく高品質音声変調の検討
伊藤 仁小原桂二伊藤彰則矢野雅文東北大EA2008-52
 [more] EA2008-52
pp.41-46
SP 2008-07-17
- 2008-07-19
岩手 岩手県大 合成音声と評価スコア統合に基づく英語のイントネーション評価
今野智明伊藤 仁東北大)・鈴木基之徳島大)・伊藤彰則牧野正三東北大SP2008-49
本報告では,CALLシステムにおける合成音声を用いた英語のイントネーション評価システムについて述べる.学習者発話のイント... [more] SP2008-49
pp.37-42
EA 2008-03-07
10:20
東京 NTT武蔵野研究センター 話速変換音声の知覚的自然性に関する検討
伊藤 仁矢野雅文東北大EA2007-114
正弦波モデルに基づく話速変換において、正弦波成分の振幅と周波数だけでなく成分間の相対的な位相関係が知覚的自然性に影響を及... [more] EA2007-114
pp.13-18
CPM, OPE, R
(共催)
2007-04-20
15:45
東京 機械振興会館 GaInAsP/InPレーザの劣化解析技術
市川弘之伊東雅史福田智恵浜田耕太郎山口 章中林隆志住友電工R2007-6 CPM2007-6 OPE2007-6
我々は、光通信システムの光源に用いられるGaInAsP/InPレーザについて、信頼性向上のための劣化解析に取り組んできた... [more] R2007-6 CPM2007-6 OPE2007-6
pp.29-33
CPM 2006-08-07
15:25
岩手 岩手大学 CVD法によるアナタース酸化チタン薄膜の低温形成
廣瀬文彦伊藤正志松島 優山形大
チタンイソプロポオキシドを原材料として、過酸化水素水蒸気を酸化剤としたMOCVD法で、Si上に250℃でアナタース酸化チ... [more] CPM2006-44
pp.21-23
EA 2005-08-18
14:30
宮城 東北大学 青葉山キャンパス 同時音声の知覚におけるスペクトル遷移の役割
伊藤 仁矢野雅文東北大
カクテルパーティー効果として知られる聴覚機能の原理を解明するために、音声に含まれるスペクトル遷移の役割を調べることは重要... [more] EA2005-36
pp.13-18
EA 2005-04-21
14:00
東京 機械振興会館 局所変化率に基づく有声音声の符号化
伊藤 仁矢野雅文東北大
有声音声や管弦楽器音などの音は、その周波数応答が線スペクトルで表される。線スペクトルを構成する各成分の特性は定常的ではな... [more] EA2005-2
pp.7-12
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会