お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 61件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP 2022-08-26
11:42
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Study on Relationship Between Speakers' Physiological Structure and Acoustic Speech Signals: Data-Driven Study Based on Frequency-Wise Attentional Neural Network
Li KaiJAIST)・Xugang LuNICT)・Masato AkagiJianwu DangJAIST)・Sheng LiNICT)・Unoki MasashiJAISTSIP2022-68
 [more] SIP2022-68
pp.97-102
EA, ASJ-H
(共催)
2019-08-09
14:00
宮城 東北大学 避難呼びかけ音声における指示への従属や危険性の認知とVAD空間の対応
小林まおり赤木正人北陸先端大EA2019-34
 [more] EA2019-34
pp.71-76
WIT, ASJ-H
(共催)
2019-02-07
14:20
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 振幅包絡線に含まれる緊迫感の知覚
川村美帆小林まおり木谷俊介赤木正人鵜木祐史北陸先端大
 [more] WIT2018-51
pp.13-16
SP 2019-01-26
13:30
石川 ハルモニー金沢 [基調講演]雑音残響環境での避難誘導音声呈示のための音声変形
赤木正人鵜木祐史久保理恵子小林まおり北陸先端大SP2018-51
筆者らは,「災害時に必要な情報を音声により確実に伝える」避難誘導音声呈示システムの研究開発を指向して,セコム科学技術振興... [more] SP2018-51
pp.1-4
SP 2019-01-26
15:20
石川 ハルモニー金沢 音声の緊迫感に影響する音響特徴の検討
小林まおり濱田康弘赤木正人北陸先端大SP2018-53
本研究では,実際に発話された緊迫感の異なる音声から音響特徴(時間長,基本周波数,スペクトル包絡)を抽出し再合成した音声を... [more] SP2018-53
pp.9-14
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) Acoustic and articulatory analysis and synthesis of shouted vowels
Yawen XUEJAIST)・Michael MarxenTUD)・Masato AkagiJAIST)・Peter BirkholzTUDEA2018-76 EMM2018-76
 [more] EA2018-76 EMM2018-76
pp.77-82
EA, ASJ-H
(共催)
2018-08-24
15:05
宮城 東北学院大学 雑音残響環境での避難誘導音声呈示
赤木正人鵜木祐史久保理恵子小林まおり北陸先端大
筆者らは,セコム科学技術振興財団からのサポート (H 27–H 30) を頂きながら,「災害時に必要な情報を音声により確... [more] EA2018-50
pp.139-146
EA, ASJ-H
(共催)
2018-08-24
15:40
宮城 東北学院大学 残響時間が異なる環境において発話された音声の了解度変化 ~ 高齢者を対象とした検討 ~
久保理恵子赤木正人北陸先端大
公共アナウンスにおける呈示音声の適応的制御に向けて,残響下で発話された音声の発話変形と音声了解度との対応を検討する.前報... [more] EA2018-51
pp.147-152
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2018-07-24
13:00
北海道 北海道大学 [ポスター講演]音声の緊迫感に関与する音響特徴の検討
小林まおり濱田康弘赤木正人北陸先端大EA2018-14
これまで,音声に緊迫感をもたらす音響特徴として,話速,基本周波数,強度などが報告されている。しかし,従来の研究では合成音... [more] EA2018-14
pp.79-84
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2018-07-24
13:00
北海道 北海道大学 [ポスター講演]幅広い音域の歌声の声帯音源波形と声道形状の推定方法の提案
高橋響子赤木正人北陸先端大EA2018-15
これまで,ARX-LF モデルを用いた声帯音源波形と声道形状の状態推定では,基本周波数が高い歌声において正確な推定が困難... [more] EA2018-15
pp.85-90
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
13:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]発話時の残響時間によるフォルマント周波数の変化と残響下における了解度
久保理恵子赤木正人北陸先端大EA2017-108 SIP2017-117 SP2017-91
残響下の了解性に関与する音響変化,発話変形を明らかにするため,残響時間の異なる発話時の残響時間によって残響下の了解度が変... [more] EA2017-108 SIP2017-117 SP2017-91
pp.39-44
HIP, ASJ-H
(共催)
2018-03-03
18:05
沖縄 那覇市IT創造館 避難呼びかけ音声の心理的評価 ~ 30~60代を対象とした調査 ~
小林まおり赤木正人北陸先端大
 [more] HIP2017-104
pp.51-56
EA, ASJ-H
(共催)
2017-12-01
11:50
海外 オークランド大学(ニュージーランド) Study on speech privacy protection by controlling speech transmission index in simulated room
Masashi UnokiYuta KashiharaMaori KobayashiMasato AkagiJAIST
 [more] EA2017-76
pp.95-100
EA, ASJ-H
(共催)
2017-12-01
13:40
海外 オークランド大学(ニュージーランド) [招待講演]Toward Affective Speech-to-Speech Translation
Masato AkagiJAIST
 [more] EA2017-77
pp.101-106
EA, ASJ-H
(共催)
2017-08-10
11:05
宮城 東北大学 電気通信研究所 避難呼びかけ音声の心理的評価
小林まおり赤木正人北陸先端大
 [more] EA2017-36
pp.55-60
EA, ASJ-H
(共催)
2017-08-10
11:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 Acoustical rules for mimicking Lombard speech produced in a various noise level background
Thuan Van NgoRieko KuboMasato AkagiJAIST
 [more] EA2017-37
pp.61-66
EA, ASJ-H
(共催)
2017-08-10
11:55
宮城 東北大学 電気通信研究所 残響時間が異なる環境において発話された音声の了解度変化
久保理恵子森川大輔赤木正人北陸先端大
 [more] EA2017-38
pp.67-71
EA, ASJ-H
(共催)
2017-07-21
09:55
北海道 北海道大学 「災害時に必要な情報を音声により確実に伝える」インテリジェント避難誘導音声呈示システムの研究開発
赤木正人鵜木祐史久保理恵子小林まおり北陸先端大
 [more] EA2017-8
pp.45-50
EA, ASJ-H
(共催)
2017-07-21
10:20
北海道 北海道大学 了解性における音源の変調スペクトルと音環境の変調伝達関数の関係
小林まおり鵜木祐史赤木正人北陸先端大
 [more] EA2017-9
pp.51-56
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
11:35
大分 コンパルホール (大分) 室内インパルス応答のモデル化とその室内音響特性の検討
鵜木祐史石川大介柏原佑太小林まおり赤木正人北陸先端大EA2016-61 EMM2016-67
統計的室内インパルス応答(RIR)モデルは,実測のRIR のパラメータ表現化や室内音響指標の算出に広く利用されている.代... [more] EA2016-61 EMM2016-67
pp.79-84
 61件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会