お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 51件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2022-08-10
13:30
ONLINE オンライン開催に変更 現地開催(北海道大学百年記念会館)は中止 [招待講演]隠れネットワーク理論に基づく新たなDNN推論エンジンチップ(Hiddenite)の紹介
本村真人東工大
 [more]
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-28
15:15
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
外部メモリアクセス抑制による高効率疎行列積アクセラレータの研究
永原雄大東工大)・安藤洸太北大)・川村一志劉 載勲本村真人Thiem Van Chu東工大CPSY2022-11 DC2022-11
 [more] CPSY2022-11 DC2022-11
pp.59-64
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2021-06-24
13:25
ONLINE オンライン開催 乱数重みニューラルネットワークにおけるアンサンブル学習の研究
大越康之廣瀬一俊安藤洸太川村一志ティエム ヴァン チュ本村真人劉 載勲東工大SIS2021-7
近年,重みの値を学習する代わりに,乱数重みの結合を学習する深層ニューラルネットワークが提案され,膨大な重み係数の格納に必... [more] SIS2021-7
pp.37-42
RECONF 2021-06-08
14:10
ONLINE オンライン開催 乱数生成ノードの並列閾値最適化に基づくエッジ指向決定木アンサンブル学習
熊澤峻悟川村一志Thiem Van Chu本村真人劉 載勲東工大RECONF2021-2
エッジデバイス上での機械学習の学習処理は、消費電力や計算資源といった問題の解決が必要である。そ こで本研究ではメモリアク... [more] RECONF2021-2
pp.2-7
RECONF 2021-06-08
15:00
ONLINE オンライン開催 特徴空間事前分割に基づく決定木アンサンブルのFPGA推論アクセラレータ
北島龍一川村一志劉 載勲本村真人Thiem Van Chu東工大RECONF2021-4
本研究では,決定木アンサンブルモデルの推論で一般的な,決定ノードと葉ノードによる二分決定木的な従来の推論方法を見直すこと... [more] RECONF2021-4
pp.14-19
RECONF 2021-06-08
16:35
ONLINE オンライン開催 対称的二進表現に基づくビットスケーラブルCNN推論手法
鈴木淳之介安藤洸太廣瀬一俊川村一志Thiem Van Chu本村真人劉 載勲東工大RECONF2021-7
組み込みシステム向けのニューラルネットワークは,学習段階で消費電力や計算資源の制約を考慮すること で設計要求を満たすこと... [more] RECONF2021-7
pp.32-37
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-07-26
14:40
北海道 北見市民会館 ベイジアンNNのHW実装に向けたサンプリング手法の検討
平山侑樹廣瀬一俊安藤洸太植吉晃大浅井哲也北大)・本村真人東工大)・高前田伸也北大/JSTさきがけCPSY2019-35 DC2019-35
 [more] CPSY2019-35 DC2019-35
pp.197-202
DC, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-06-11
16:20
鹿児島 指宿温泉 休暇村 指宿 二値化ニューラルネットワークのハードウェア指向精度向上手法の検討
大羽由華北大)・村上大輔中江達哉ソシオネクスト)・安藤洸太浅井哲也北大)・本村真人東工大)・高前田伸也北大/JSTさきがけCPSY2019-8 DC2019-8
 [more] CPSY2019-8 DC2019-8
pp.63-68
RECONF 2019-05-10
14:20
東京 東工大蔵前会館 無効ニューロン予測によるDNN計算効率化手法
植吉晃大池田泰我安藤洸太廣瀬一俊浅井哲也高前田伸也北大)・本村真人東工大RECONF2019-18
ニューラルネットワーク (NN: Neural Network) の発展に伴い,多様なデバイス上で高性能かつ低電力な N... [more] RECONF2019-18
pp.97-102
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2019-03-18
10:55
鹿児島 西之表市民会館(種子島) 車載応用向けDNNモデル軽量化の検討
平山侑樹廣瀨一俊北大)・早川 剛気屋村純一深谷安利栗田裕二NECソリューションイノベータ)・安藤洸太植吉晃大高前田伸也本村真人北大CPSY2018-115 DC2018-97
 [more] CPSY2018-115 DC2018-97
pp.253-258
RECONF 2018-09-17
13:25
福岡 LINE Fukuokaカフェスペース ディープニューラルネットワーク向け拡張可能な高位合成コンパイラの開発
高前田伸也植松瞭太北大)・藤澤慎也藤崎修一コニカミノルタ)・本村真人北大RECONF2018-19
 [more] RECONF2018-19
pp.1-6
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2018-08-07
09:00
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 M棟M151 前庭動眼反射を考慮した初期聴覚モデルの考察と回路評価
池上高広池辺将之高前田伸也本村真人浅井哲也北大
 [more]
RECONF 2018-05-25
15:10
東京 ゲートシティ大崎 B1ルームD 二値化ニューラルネットワークに基づいたハードウェア指向高精度モデルの検討
大羽由華安藤洸太廣瀨一俊植吉晃大植松瞭太工藤 巧北大)・黒川圭一ソシオネクスト)・池辺将之浅井哲也本村真人高前田伸也北大RECONF2018-5
近年,深層学習の発展は著しく,畳み込みニューラルネットワーク(CNN: Convolutional Neural Net... [more] RECONF2018-5
pp.21-26
RECONF 2018-05-25
15:35
東京 ゲートシティ大崎 B1ルームD 対数量子化を用いた可変長ビットシリアル型DNNアクセラレータの面積最適化手法
工藤 巧植吉晃大安藤洸太植松瞭太廣瀬一俊池辺将之浅井哲也本村真人高前田伸也北大RECONF2018-6
深層ニューラルネットワーク(DNN: Deep Neural Network)の著しい発展の中で,スマートフォンや自 動... [more] RECONF2018-6
pp.27-32
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2017-07-31
14:10
北海道 北海道大学情報教育館 貫通電流の時間変動を抑制したTDC+Single-Slope ADCの回路構成
横山紗由里池辺将之羅 晳珍高前田伸也本村真人浅井哲也北大
 [more]
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2017-07-31
15:30
北海道 北海道大学情報教育館 熱雑音抑制型サンプルホールド回路を用いたイオン飛行時間計測用SOIイメージセンサ
羅 晳珍池辺将之横山紗由里高前田伸也本村真人浅井哲也北大)・間 久直阪大)・藤田陽一新井康夫高エネルギー加速器研究機構
 [more]
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2017-08-02
10:15
北海道 北海道大学情報教育館 [依頼講演]BRein Memory:バイナリ・インメモリ再構成型深層ニューラルネットワークアクセラレータ
安藤洸太植吉晃大折茂健太郎北大)・米川晴義佐藤真平中原啓貴東工大)・池辺将之浅井哲也高前田伸也北大)・黒田忠広慶大)・本村真人北大SDM2017-43 ICD2017-31
ニューラルネットワークの応用が興隆を見せている。
しかしその発展に伴って計算量とデータ量も増大を続け、携帯機器等の電力... [more]
SDM2017-43 ICD2017-31
pp.101-106
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2017-07-27
10:45
秋田 秋田アトリオンビル(秋田) 高次数イジングネットワークの時分割処理方式の検討
山本佳生熊澤輝顕池辺将之浅井哲也本村真人高前田伸也北大CPSY2017-24
ポストムーア時代に向けて非ノイマン型のアーキテクチャが広く研究されている。
そのうちのひとつにイジングモデルの基底状態... [more]
CPSY2017-24
pp.83-88
CPSY, DC, IPSJ-ARC
(連催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-05-22
14:00
北海道 登別温泉第一滝本館 動的再構成ハードウェアアーキテクチャを活かしたCNNの実装と評価
植松瞭太廣瀬一俊安藤洸太折茂健太郎植吉晃大高前田伸也池辺将之浅井哲也本村真人北大RECONF2017-1
動的再構成ハードウェアアーキテクチャの一種であるDRPを用いて畳み込みニューラルネットワーク(CNN)のアクセラレーショ... [more] RECONF2017-1
pp.1-6
CPSY, DC, IPSJ-ARC
(連催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-05-22
14:20
北海道 登別温泉第一滝本館 疎行列演算による3値化ディープニューラルネットワークの高速化
米川晴義佐藤真平中原啓貴東工大)・本村真人北大RECONF2017-2
 [more] RECONF2017-2
pp.7-11
 51件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会