お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2019-12-19
17:30
宮城 東北大学電気通信研究所 読書行動識別のためのSelf-supervised Learningの実験的検討
坂本周司山田良博岩村雅一岩田 基黄瀬浩一阪府大HIP2019-71
近年,眼や頭の動きを用いて読書行動を識別する研究が行われている.特徴量として,眼電位(EOG)や加速度,角速度の平均値や... [more] HIP2019-71
pp.35-40
IE, EMM, LOIS
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2019-09-19
15:35
新潟 新潟大学 駅南キャンパス 位置検出に深層学習を利用した印刷物用電子透かし法
今川寛之岩田 基黄瀬浩一阪府大LOIS2019-12 IE2019-25 EMM2019-69
本稿では深層学習によるセマンティックセグメンテーションを利用した位置検出法を用いた,印刷物用電子透かし法を提案する.
... [more]
LOIS2019-12 IE2019-25 EMM2019-69
pp.31-36
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-18
10:30
東京 電気通信大学 Convolutional Neural Networkを用いた樹木画の画型分類の改善
薗田統輔岩田 基阪府大)・稲富宏之京大)・黄瀬浩一阪府大BioX2018-54 PRMU2018-158
バウムテストとは,被験者に樹木の絵を描いてもらい,その絵を分析することで被験者の心理状態を読み取る心理検査である.
こ... [more]
BioX2018-54 PRMU2018-158
pp.149-154
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 漫画の立体表示を目標としたコマ画像の奥行推定
前田裕介岩田 基黄瀬浩一阪府大
現在漫画は電子端末を用いて電子書籍として読まれている。これに伴い紙媒体では行えなかった表現や利用が可能になるが漫画を読む... [more]
PRMU, BioX
(共催)
2016-03-25
13:30
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館 視点情報を用いた電子コミックの表示方法
松原瑞氣Olivier Augereau岩田 基黄瀬浩一阪府大BioX2015-65 PRMU2015-188
近年,多くの人がスマートフォンなどの小型端末を用いて,電子コミックを読んでいる.小型端末の画面に電子コミックの1ページ全... [more] BioX2015-65 PRMU2015-188
pp.143-148
PRMU, BioX
(共催)
2015-03-20
10:00
神奈川 慶応大学矢上キャンパス 漫画キャラクターへの固有ラベル付けのための学習方法の検討
今津英貴岩田 基黄瀬浩一阪府大BioX2014-65 PRMU2014-185
本稿では,漫画ページ内のキャラクター領域へのキャラクター固有のラベル付けのための学習方法を検討する.漫画においてキャラク... [more] BioX2014-65 PRMU2014-185
pp.159-164
PRMU, MI, IE, SIP
(共催)
2014-05-23
15:50
愛知 名古屋工業大学 早期棄却と早期認識による画像検索の高速化
宮沢嘉希岩田 基岩村雅一黄瀬浩一阪府大
 [more]
EMM 2014-03-08
10:00
石川 北陸先端大(3/7), 近江町交流プラザ(3/8) 均等色空間の性質を利用したJPEG画像を対象とする電子透かし法
江口健太岩田 基黄瀬浩一阪府大EMM2013-112
電子透かしの実用化に向けた課題として,透かし埋め込みによる画質劣化の低減とJPEG圧縮に対する耐性を持つことが挙げられる... [more] EMM2013-112
pp.75-80
PRMU, CNR
(共催)
2014-02-13
- 2014-02-14
福岡 福岡大学 早期棄却と早期認識による文書画像検索の高速化
宮沢嘉希岩田 基岩村雅一黄瀬浩一阪府大
 [more]
PRMU, CNR
(共催)
2014-02-13
15:30
福岡 福岡大学 ポスター発表のためのアノテーション共有システム
田中克磨カイ クンツェ岩田 基岩村雅一黄瀬浩一阪府大PRMU2013-136 CNR2013-44
学会におけるポスター発表は, 研究者が自身の研究に対する意見やアイデアを得るための重要な場である.
しかし, ポスター... [more]
PRMU2013-136 CNR2013-44
pp.83-88
PRMU 2013-03-14
11:15
東京 電気通信大学 画像検索とのハイブリッド方式による文書画像検索の性能向上
杉本恭隆岩田 基黄瀬浩一阪府大PRMU2012-187
文書画像検索の手法の1つとして,LLAH というものがある.
LLAHを用いると,文書を撮影した画像から写っている文書... [more]
PRMU2012-187
pp.43-48
EMM 2013-01-29
14:00
宮城 東北大学 第1回画像・映像電子透かしコンテスト実施結果とその講評
合志清一工学院大)・栗林 稔神戸大)・竹下寛久工学院大)・越前 功NII)・岩田 基阪府大)・岩村惠市東京理科大EMM2012-93
 [more] EMM2012-93
pp.13-18
PRMU, SP
(共催)
2012-02-09
13:30
宮城 東北大学 青葉山キャンパス 大局的な行動パターンに基づいた異常状態の検出
葛本衣里宜保達哉青木茂樹宮本貴朗岩田 基汐崎 陽阪府大PRMU2011-195 SP2011-110
近年,監視員の負担軽減を目指した,防犯や交通流監視のための自動監視システムが注目されている.監視業務の自動化を目指した代... [more] PRMU2011-195 SP2011-110
pp.53-58
EA, EMM
(共催)
2011-12-09
14:45
東京 機械振興会館 複数楽器演奏曲を対象とする音源同定を用いた音楽電子透かし法
村田晴美荻原昭夫岩田 基汐崎 陽阪府大EA2011-100 EMM2011-60
音楽電子透かしに求められる要件として,透かしを埋め込んだ後でも音質が良いことが挙げられる.既存の音楽電子透かし法では透か... [more] EA2011-100 EMM2011-60
pp.25-30
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-04
14:55
大阪 大阪大学 ニューラルネットワークを用いたキーストローク特徴によるユーザ認証
櫻井啓志宮本貴朗青木茂樹岩田 基汐崎 陽阪府大IT2010-101 ISEC2010-105 WBS2010-80
近年, 通常のキーボード操作による非定型文を対象としたキーストロークの特徴を利用したユーザ認証に関する研究が行われている... [more] IT2010-101 ISEC2010-105 WBS2010-80
pp.213-220
EA 2010-06-10
16:00
北海道 北海道医療大学 音高推定結果を考慮した単一楽器音に対する音楽電子透かし法
村田晴美荻原昭夫岩田 基汐崎 陽阪府大EA2010-26
本稿では,音楽電子透かし法のうち,人間の聴覚特性を考慮した埋め込み法に基づき,透かし埋め込みに起因する音質の劣化が知覚さ... [more] EA2010-26
pp.25-30
EA 2009-12-11
16:00
東京 NICT 音質改善のための直流成分を用いた音楽電子透かし法
村田晴美荻原昭夫岩田 基汐崎 陽阪府大EA2009-98
様々な攻撃に対して高い耐性を有する音楽電子透かしとして振幅の増減に基づく音楽電子透かしがLieらにより提案されている.し... [more] EA2009-98
pp.31-36
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-10
17:55
北海道 公立はこだて未来大学(函館) 組織内ネットワークのトラフィック状態の可視化
松本 駿宮本貴朗青木茂樹岩田 基汐崎 陽阪府大IT2008-95 ISEC2008-153 WBS2008-108
ネットワークを介した攻撃の増加により,組織内におけるネットワークの運用・管理が重要となってる.
組織のネットワーク管理... [more]
IT2008-95 ISEC2008-153 WBS2008-108
pp.335-342
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会