お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 87件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2022-11-08
14:00
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[技術展示]500台の送信機を用いた高密度通信方式APCMAの実証
本多顕太郎中村 敦塩塚皐平東京理科大)・ペパー フェルディナンドライプニッツ賢治NICT)・若宮直紀阪大)・長谷川幹雄東京理科大
 [more]
IN, CCS
(併催)
2022-08-05
15:40
北海道 北海道大学 百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
確率幾何を用いたUAV間通信のための輻輳下における性能解析
平井健士木村達明若宮直紀阪大IN2022-24
本稿では,確率幾何を用いてunmanned aerial vehicle (UAV) 間通信 (UAV-to-UAV: ... [more] IN2022-24
pp.51-56
CCS, NLP
(共催)
2022-06-10
15:15
大阪 大阪大学 豊中キャンパス シグマホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高密度IoT向けCSS-APCMA方式のGNU Radio/USRPを用いた性能評価
中村 敦本多顕太郞東京理科大)・ペパー フェルディナンドライプニッツ賢治NICT)・若宮直紀阪大)・長谷川幹雄東京理科大NLP2022-21 CCS2022-21
高密度IoT環境下においても衝突を回避することが可能なAsynchronous Pulse Code Multiple ... [more] NLP2022-21 CCS2022-21
pp.106-110
CAS, CS
(共催)
2022-03-04
16:25
ONLINE オンライン開催 mMTCにおけるGF-NOMAのための自己組織型電力制御の参照信号伝達範囲に対するロバスト性評価
小田 怜平井健士若宮直紀阪大CAS2021-100 CS2021-102
本研究では、massive Machine-Type Communicationsのためのグラントフリー電力軸非直交多元... [more] CAS2021-100 CS2021-102
pp.141-146
RCS, NS
(併催)
2021-12-17
09:30
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
mMTCにおけるグラントフリー電力軸非直交多元接続の消費電力低減のための自己組織的電力制御
小田 怜平井健士若宮直紀阪大NS2021-102
本研究では、massive Machine-Type Communicationsにおけるグラントフリー電力軸非直交多元... [more] NS2021-102
pp.29-34
PN, NS, OCS
(併催)
2020-06-18
15:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]脳に学ぶ無線センサネットワーク
若宮直紀阪大NS2020-26
情報通信システムの大規模化や複雑化に伴う消費電力の増大,脆弱性の高まりに対して,生来的に低消費電力で環境変動や想定外の事... [more] NS2020-26
pp.25-29
IN, RCS, NV
(併催)
2020-05-22
10:35
ONLINE オンライン開催 LTE環境における応答遅延特性の時系列モデリングによる分析
山本航平若宮直紀阪大)・中野 亮藤原亮介日立IN2020-5
産業用モニタリングシステムにおける運用管理コストの低減のため,迅速な障害検知・予測,ならびに原因の特定と対処法の提示が求... [more] IN2020-5
pp.19-24
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-02
16:05
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]ベイズ最適化を用いた無線ネットワーク制御の一検討
橋本匡史若宮直紀阪大SeMI2019-128
 [more] SeMI2019-128
pp.145-146
NC, MBE
(併催)
2018-12-15
11:15
愛知 名古屋工業大学 リキッドステートマシンの弁別能力に寄与する構造的特性に関する考察
坂口達郎若宮直紀阪大NC2018-30
リキッドステートマシンはリザーバ計算モデルの一種であり,その有用性の高さから,弁別能力の向上に関する研究がさまざまに行わ... [more] NC2018-30
pp.11-16
ASN
(第二種研究会)
2018-11-30
11:00
海外 ハノイ工科大学、ベトナム A PCO-based scheduling method with slot jumping mechanisms for heterogeneous LPWANs
Masafumi HashimotoNaoki WakamiyaOsaka Univ.
(事前公開アブストラクト) LPWANs are promising networking technologies t... [more]
ASN
(第二種研究会)
2018-11-30
11:20
海外 ハノイ工科大学、ベトナム Environment-aware data collection mechanism for industrial sensor networks with dynamic requirements.
Yuichi IgarashiRyo NakanoHitachi)・Naoki WakamiyaOsaka Univ.
(事前公開アブストラクト) Generally speaking, industrial systems require... [more]
IN, CCS
(併催)
2018-08-02
09:00
北海道 きたゆざわ 森のソラニワ リキッドステートマシンの構造欠損による弁別能力の低下を抑制する構造的特性に関する考察
奥村祐太若宮直紀阪大CCS2018-27
近年の計測技術の発展により,コネクトームと呼ばれる,脳の機能的,構造的なネットワークがスケールフ リー性やモジュー... [more] CCS2018-27
pp.9-12
ASN 2018-01-31
08:45
大分 三菱電機 湯布郷館 高密度無線センサネットワークによる迅速な地すべり境界検知のためのグループ化に基づくスケジューリング方式
石原翔太橋本匡史若宮直紀村田正幸阪大)・川本康貴OKIASN2017-97
本報告では,地すべり検知のために高密度にセンサノードを敷設した無線センサネットワークにおいて,地すべり境界を迅速に検知す... [more] ASN2017-97
pp.79-84
CCS 2017-08-11
10:30
北海道 ピパの湯 ゆ~りん館(北海道美唄市) インパルス無線センサネットワークの分離性に関する考察
亀井大登若宮直紀阪大CCS2017-15
無線センサネットワークにおけるデバイスコストや消費電力の問題を解決するため,我々の研究グループではインパルス無線センサネ... [more] CCS2017-15
pp.31-36
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2017-06-24
13:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 再帰的な選択的注意モデルにおける注意領域サイズの強化学習
村田悠太朗寺前順之介若宮直紀阪大NC2017-18
画像の一部を選択的に抽出して画像認識の精度を向上させる選択的注意の研究が近年盛んに行われてい
る.再帰的ニューラルネッ... [more]
NC2017-18
pp.121-125
ASN 2017-05-26
09:30
東京 東大 生産技術研究所 Evaluation of Binary Sensing with Adaptive Thresholds in Spiking Wireless Sensor Networks
Ferdinand PeperKenji LeibnitzTetsuya ShimokawaNICT)・Junnosuke TeramaeOsaka Univ.)・Akifumi KasamatsuShukichi TanakaNICT)・Naoki WakamiyaOsaka Univ.ASN2017-5
 [more] ASN2017-5
pp.23-26
NS, IN
(併催)
2017-03-03
13:40
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 階層型無線センサネットワークのコンセントレータ間通信における収容量向上のための2段階スケジューリング手法の性能評価
吉野ゆり子橋本匡史若宮直紀阪大IN2016-157
本稿では,センサ・コンセントレータとコンセントレータ間ネットワークからなる階層型無線センサネットワーク~(WSN) に着... [more] IN2016-157
pp.359-364
CCS 2016-08-10
13:00
北海道 余市町中央公民館 無線センサネットワークにおける再帰的ベイズ推定を用いたマルチホップ位置推定
寺前順之介若宮直紀阪大CCS2016-26
 [more] CCS2016-26
pp.53-58
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-05
16:50
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 受容野相関モデルを利用した大脳皮質局所回路の大域的クラスタ性の解明
渡邉航平阪大)・寺前順之介若宮直紀阪大/CiNetNC2016-8
大脳皮質局所回路のシナプス結合は,非常に不均質かつ不規則であり,高いクラスタ性を示すことが知られている.クラスタ性は神経... [more] NC2016-8
pp.171-174
ASN 2016-05-12
10:25
東京 構造計画研究所 本所新館 無線センサネットワークの耐故障性を保証する最少リレーノード配置手法
市川 嵩若宮直紀阪大)・中野 亮五十嵐悠一日立ASN2016-2
ノードの設置箇所に制約のある無線センサネットワークにおいて,メッセージ中継に特化したリレーノードを追加配置することによっ... [more] ASN2016-2
pp.7-12
 87件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会