お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 228件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2022-11-25
10:45
福岡 福岡大学文系センター棟 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
A Study of Active Access-Point Configuration Algorithm under IEEE 802.11n and 11ac Dual Interfaces with Channel Bonding in Wireless Local-Area Network
Sujan Chandra RoyNobuo FunabikiMd. Mahbubur RahmanYuanshuai SunBin WuMinoru KuribayashiOkayama Univ.
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2022-11-25
11:10
福岡 福岡大学文系センター棟 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
An Extension of Throughput Request Satisfaction Method to Throughput Maximization for Concurrently Communicating Hosts in Wireless Local-Area Network with Two Access-Points
Bin WuNobuo FunabikiMd. Mahbubur RahmanSujan Chandra RoyYuan-Shuai SunMinoru KuribayashiOkayama Univ.
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IT, EMM
(共催)
2022-05-17
15:05
岐阜 岐阜大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
顔識別回避のためのパッチ型敵対的事例の生成及び堅牢性の検証
瀧脇大登栗林 稔舩曵信生岡山大IT2022-5 EMM2022-5
Convolutional Neural Network(CNN)を始めとする機械学習技術の進歩により,顔識別で個人を特... [more] IT2022-5 EMM2022-5
pp.23-28
IT, EMM
(共催)
2022-05-17
15:30
岐阜 岐阜大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
敵対的ノイズとJPEG圧縮由来の歪みの相関を用いた敵対的事例検出の研究
角森健太山﨑裕真栗林 稔舩曵信生岡山大)・越前 功NIIIT2022-6 EMM2022-6
微小な摂動が加えられた敵対的事例は,畳み込みニューラルネットワークを用いた画像分類器を誤分類させる.東らは異なる強度のノ... [more] IT2022-6 EMM2022-6
pp.29-34
LOIS, ICM
(共催)
2022-01-28
10:00
ONLINE オンライン開催 An Objective Article Search Method from Printed Japanese Contract Document Using Optical Character Recognition
Shixi ChenMasaki SakagamiNobuo FunabikiOkayama Univ.)・Takashi ToshidaKohei SugaAstrolabICM2021-39 LOIS2021-37
A contract is essential for the involved companies to have s... [more] ICM2021-39 LOIS2021-37
pp.34-39
EMM, EA, ASJ-H
(共催)
2021-11-15
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]埋め込みロス関数なしのDNN電子透かしの収束に関する考察
田中拓朗安井達哉栗林 稔舩曵信生岡山大EA2021-35 EMM2021-62
ディープニューラルネットワーク(DNN)に関する知的財産権の保護は,DNNの学習に多大なコストがかかることや,DNNが社... [more] EA2021-35 EMM2021-62
pp.49-54
EMM, IT
(共催)
2021-05-21
13:10
ONLINE オンライン開催 複数のAuto Encoderに対する応答特性を用いた敵対的事例の検出法
山﨑裕真栗林 稔舩曵信生岡山大)・グエン フイ ホン越前 功NIIIT2021-11 EMM2021-11
敵対的事例に含まれる微小なノイズを取り除くことで,画像分類の結果が正常な画像ラベルに戻り,ノイズを除去するフィルタの強度... [more] IT2021-11 EMM2021-11
pp.60-65
EMM, IT
(共催)
2021-05-21
13:35
ONLINE オンライン開催 DCT係数の統計的な偏り観測における二重JPEG圧縮履歴解析に適した特徴成分選出に関する考察
竹下大地栗林 稔舩曵信生岡山大IT2021-12 EMM2021-12
スマートフォンやカメラなどで写真を撮影すると,撮影された画像は保存時にJPEG圧縮される.そして,その画像を加工する際は... [more] IT2021-12 EMM2021-12
pp.66-71
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2021-05-10
10:30
ONLINE オンライン開催 空調環境適正化ガイダンスシステムでの換気指示機能の実装
坂上暢規霍 元智舩曵信生栗林 稔岡山大LOIS2021-1
本研究室では,室内の空調環境の適正化を目的として,温度・相対湿度より,DI(不快指数)を計算し,それに基づいて,エアコン... [more] LOIS2021-1
pp.1-6
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2021-05-10
10:55
ONLINE オンライン開催 プログラミング学習支援システムの解答分析機能の拡張
西村一輝岩本晃司郎Htoo Htoo Sandi Kyaw舩曵信生栗林 稔岡山大LOIS2021-2
本研究グループでは,プログラミング学習における学生の学習支援および教員の負担軽減を目的として,Webを用いたプログラミン... [more] LOIS2021-2
pp.7-12
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2021-05-10
11:45
ONLINE オンライン開催 A Study of Parameter Optimization Method for Fingerprint-based Indoor Localization System Using IEEE 802.15.4 Devices
Yuanzhi HuoPradini PuspitaningayuKazushi HamazakiNobuo FunabikiMinoru KuribayashiOkayama Univ)・Kazuyuki KojimaShonan Institute of TechnologyLOIS2021-4
 [more] LOIS2021-4
pp.19-24
LOIS 2021-03-04
13:25
ONLINE オンライン開催 A Study of Product Identification System Using Optical Character Recognition
Shixi ChenNobuo FunabikiMasaki SakagamiOkayama Univ.)・Takashi ToshidaKohei SugaAstrolabLOIS2020-48
Recently, the optical character recognition (OCR) technology... [more] LOIS2020-48
pp.6-11
EMM 2021-03-04
14:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]監視カメラにおける映り込み領域に対する顔検出とプライバシ保護に関する考察
中井康貴栗林 稔舩曵信生岡山大)・藤井爽平石原洋之システムズナカシマEMM2020-69
本稿では, 監視カメラを想定した広角カメラでの画像から人物の顔を検出し, 顔検出領域を暗号化することでプライバシを保護す... [more] EMM2020-69
pp.13-18
EMM 2021-03-04
14:15
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]複数のフィルタ強度によるCNN画像分類器の応答特性を用いた敵対的事例の検出法
東 亮憲栗林 稔舩曵信生岡山大)・Huy Hong Nguyen越前 功NIIEMM2020-70
悪意のあるノイズが混入された画像,音声,動画は,敵対的事例と呼ばれ,意図的に機械学習システムの出力を誤らせることから問題... [more] EMM2020-70
pp.19-24
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-21
14:40
ONLINE オンライン開催 An Implementation of Fingerprint-Based Indoor Positioning System Using IEEE 802.15.4
Pradini PuspitaningayuKazushi HamazakiNobuo FunabikiHein HtetMinoru KuribayashiOkayama Univ.ICM2020-40 LOIS2020-28
Nowadays, developments of indoor positioning systems (IPS) h... [more] ICM2020-40 LOIS2020-28
pp.33-38
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-21
16:40
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]Implementation and Performance Evaluation of Unit Testing in Android Programming Learning Assistance System
Yan Watequlis SyaifudinNobuo FunabikiMinoru KuribayashiOkayama Univ.ICM2020-44 LOIS2020-32
 [more] ICM2020-44 LOIS2020-32
pp.57-62
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-21
17:00
ONLINE オンライン開催 An Implementation of Hint Function for Element Fill-in-Blank Problems at Offline Answering Function in Java Programming Learning Assistant System
SuSandy WintNobuo FunabikiMinoru KuribayashiOkayama UnivICM2020-45 LOIS2020-33
 [more] ICM2020-45 LOIS2020-33
pp.63-68
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-21
17:20
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]A Study of Code Completion Problem for C Programming Learning Assistant System
Htoo Htoo Sandi KyawNobuo FunabikiMinoru KuribayashiOkayama Univ.)・Thandar MyintHnin Aye ThantUniversity of Technology(Yatanarpon Cyber City)ICM2020-46 LOIS2020-34
 [more] ICM2020-46 LOIS2020-34
pp.69-74
EA, ASJ-H, EMM
(共催)
2020-11-20
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]ブロックサイズの違いがDCT係数の頻度分布を利用したJPEG画像圧縮履歴解析に与える影響
中嶋直也栗林 稔舩曵信生岡山大EA2020-30 EMM2020-45
ディジタルカメラで撮影された画像は通常, 保存時にJPEG 圧縮が行われている. 一方, 改ざんされた画像は改ざん後に再... [more] EA2020-30 EMM2020-45
pp.48-53
KBSE 2020-09-18
11:30
ONLINE オンライン開催 An Implementation of Improved Recommendation Function for Element Fill-in-Blank Problem at Offline Answering Function in Java Programming Learning Assistant System
SuSandy WintNobuo FunabikiMinoru KuribayashiYan Watequlis SyaifudinOkayama UnivKBSE2020-3
To offer self-study environments of Java programming, we hav... [more] KBSE2020-3
pp.13-18
 228件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会