お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN, NS, OCS
(併催)
2020-06-19
10:00
ONLINE オンライン開催 An Improvement of Air-Conditioning Guidance System with Outdoor Discomfort Index for Avoiding False Messages
Samsul HudaNobuo FunabikiMinoru KuribayashiRahardhita Widyatra SudibyoNobuya IshiharaOkayama Univ.NS2020-27
 [more] NS2020-27
pp.31-36
ET 2020-03-07
15:20
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
Word文書ファイルの個別入力データ抽出法の提案
李 玥昊舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大ET2019-105
本研究では,Microsoft Word文書ファイルを対象として,その書式構造を決めるテンプレートの情報を用 いて,文書... [more] ET2019-105
pp.163-168
SS, MSS
(共催)
2018-01-19
14:00
広島 広島市立大学サテライトキャンパス テストログを用いたテストコード生成支援ツールの戻り値のあるJavaメソッドへの拡張
日下涼太舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大MSS2017-69 SS2017-56
本グループでは,Javaプログラミング学習支援システムの教員による課題作成の支援のために,テストログを用いたテストコード... [more] MSS2017-69 SS2017-56
pp.127-132
SS, MSS
(共催)
2018-01-19
17:00
広島 広島市立大学サテライトキャンパス Javaプログラミング学習支援システムのテストコード学習のためのコード修正問題の提案
何 賽舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大MSS2017-75 SS2017-62
本研究室では,WebによるJavaプログラミング学習支援システムJPLAS(Java Programming Learn... [more] MSS2017-75 SS2017-62
pp.161-166
SS, MSS
(共催)
2018-01-19
17:25
広島 広島市立大学サテライトキャンパス Javaプログラミング学習支援システムJPLASへのソースコード管理システムの導入
松本慎平舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大MSS2017-76 SS2017-63
本研究グループでは, WebによるJavaプログラミング学習支援システムJPLAS(Java Programming A... [more] MSS2017-76 SS2017-63
pp.167-172
SS, DC
(共催)
2017-10-19
15:25
高知 高知市文化プラザかるぽーと Javaプログラミング学習支援システムのコードクローン除去問題におけるメソッド生成課題の改善
石原信也舩曵信生栗林 稔岡山大SS2017-25 DC2017-24
本グループでは,冗長性のないコードの作成に加え,オブジェクト指向言語プログラミングの学習を目的 として, Javaプログ... [more] SS2017-25 DC2017-24
pp.25-30
MSS, SS
(共催)
2017-01-26
15:20
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 Javaプログラミング学習のための命名規則検査ツールの改良
松本慎平舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大MSS2016-64 SS2016-43
Javaは,可搬性,安全性,学習性に優れたプログラミング言語として,多くの大学や専門学校で教育されている.そこでは,学部... [more] MSS2016-64 SS2016-43
pp.41-46
MSS, SS
(共催)
2017-01-26
15:50
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 Javaプログラミング学習支援システムにおけるコードクローン除去問題の提案
石原信也舩曵信生栗林 稔岡山大MSS2016-65 SS2016-44
 [more] MSS2016-65 SS2016-44
pp.47-52
ET 2016-12-10
14:10
大阪 近畿大学東大阪キャンパス Javaプログラミング学習支援システムの課題提示およびエレメント補充問題オフライン学習機能の実装
佐々木 伸舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大ET2016-72
本研究室では,Webを用いたJavaプログラミング学習支援システムJPLAS(Java Programming Lear... [more] ET2016-72
pp.33-38
ET 2016-12-10
14:35
大阪 近畿大学東大阪キャンパス Javaプログラミング学習支援システムJPLASのコード作成問題のオフライン解答機能
王 穎キン舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大ET2016-73
 [more] ET2016-73
pp.39-44
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
09:15
大分 コンパルホール (大分) 任意の画像のQRコード化とそのアプリ開発
行地将智栗林 稔岡山大)・Ee-Chien Changシンガポール国立大)・舩曵信生石原信也岡山大EA2016-56 EMM2016-62
 [more] EA2016-56 EMM2016-62
pp.49-54
ET 2016-06-11
14:15
愛知 名古屋工業大学 Javaプログラミング学習支援システムJPLASのテストコード自動生成ツールの提案
日下涼太舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大ET2016-15
 [more] ET2016-15
pp.41-46
ET 2016-06-11
14:40
愛知 名古屋工業大学 Javaプログラミング学習支援システムJPLASのMVCモデルに沿ったコード記述ルールの提案とその再構築
石原信也舩曵信生栗林 稔岡山大ET2016-16
本研究室では,Webを用いたJavaプログラミング学習支援システム JPLAS(Java Programming Lea... [more] ET2016-16
pp.47-52
SS, MSS
(共催)
2016-01-25
13:10
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB Javaプログラミングにおけるリーダブルコード学習ツールの提案
小川卓也舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大)・天野憲樹武庫川女子大MSS2015-41 SS2015-50
Javaは,信頼性,可搬性,学習性に優れたプログラミング言語として,多くの大学や専門学校で教育されている.その際,限られ... [more] MSS2015-41 SS2015-50
pp.35-40
SS 2014-10-23
14:00
高知 高知市文化プラザかるぽーと Javaプログラミング学習のための空欄語選択アルゴリズムの提案
塔 娜舩曵信生石原伸也岡山大SS2014-25
開発環境,堅牢性,可搬性に優れたプログラミング言語Java は,産業界で広く利用されている.本グループでは,その学習支援... [more] SS2014-25
pp.1-6
ET 2014-06-14
15:35
静岡 静岡大学(浜松キャンパス) Javaプログラミング学習支援システムのコードの記述ルールの検討
石原信也舩曵信生岡山大ET2014-18
本研究室では,課題に対する学生からの解答を自動検証することで,初学者に対しても自主的な繰り返し学習を可能とするために,J... [more] ET2014-18
pp.57-62
ET 2014-06-14
16:00
静岡 静岡大学(浜松キャンパス) Javaプログラミング学習支援システムのための空欄補充問題生成アルゴリズムの拡張
塔 娜舩曵信生石原信也小川卓也岡山大ET2014-19
本グループでは,大学や専門学校におけるJava プログラミング教育の支援を目的として,Web を用いたJava プログラ... [more] ET2014-19
pp.63-68
ET 2014-03-08
13:15
高知 高知工業高等専門学校 Javaプログラミング学習支援システムにおけるステートメント補充問題機能の実装
石原信也舩曵信生中西 透岡山大ET2013-98
本グループでは,Web によるJava プログラミング学習支援システムJPLAS (Java Programming L... [more] ET2013-98
pp.35-40
ET 2014-03-08
13:40
高知 高知工業高等専門学校 Javaプログラミング学習支援システムにおける空欄補充問題の難易度推定法
小川卓也舩曵信生中西 透石原信也塔 娜天野憲樹岡山大ET2013-99
本グループでは,Javaプログラミング教育における学生の自習支援,ならびに,教員の負担の軽減を目的として,Webを用いた... [more] ET2013-99
pp.41-46
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会