お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-10
18:05
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 仮想通貨IOTAとMQTTプロトコルによるマイクロペイメントシステムの構築
中田涼太グエン キエン関屋大雄千葉大CQ2021-124
IoTデバイスの増大に伴い,IoTのセンシングデータが増大し,そのデータの共有システムの需要が高まっている.低リソースの... [more] CQ2021-124
pp.130-135
SeMI 2022-01-20
13:40
長野 野沢温泉スパリーナ コンベンションホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]MQTTベースマイクロペイメントシステムの提案
中田涼太グエン キエン関屋大雄千葉大SeMI2021-53
近年,IoTデバイスの増加に伴い,IoTデータの共有システムの需要が高まっている.通常,低リソースのIoTデバイスによっ... [more] SeMI2021-53
pp.6-10
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-14
10:55
ONLINE オンライン開催 IOTA Private Tangleの構築と評価
中田涼太グエン キエン関屋大雄千葉大NS2021-33
近年,IoTアプリケーションにおいてブロックチェーンなどの分散台帳技術を活用することが注目されている.分散台帳技術の中で... [more] NS2021-33
pp.7-12
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
11:20
ONLINE オンライン開催 IoTデバイスにおけるマイクロペイメントの実現可能性について
中田涼太グエン キエン関屋大雄千葉大CQ2020-57
IoTアプリケーションのように,数円から数十円の少額電子決済であるマイクロペイメントを利用する需要が高まっている.マイク... [more] CQ2020-57
pp.56-61
NS, IN
(併催)
2018-03-02
14:10
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 自律型モビリティにおけるエッジサーバ切り替え予測方式
吉田雅裕中田亮太森 航哉荒川 豊井上知洋高橋紀之田中裕之NTTNS2017-224
広域分散処理及び低遅延処理などの特長を持つエッジコンピューティング技術の活用により,自律型モビリティの要求条件を効果的に... [more] NS2017-224
pp.315-320
RCS 2017-04-24
09:30
香川 ことひら温泉 琴参閣 エッジコンピューティングにおけるモビリティ管理方式の一検討
吉田雅裕中田亮太森 航哉荒川 豊高橋紀之田中裕之NTTRCS2017-1
広域分散処理及び低遅延処理などの特長を持つエッジコンピューティング技術の活用により,自律型モビリティの要求条件を効果的に... [more] RCS2017-1
pp.1-4
ISEC, LOIS
(共催)
2012-11-21
15:05
静岡 静岡市産学交流センター 秘密分散法を利用した乗算が可能な秘密計算の提案
中田亮太仲地孝之NTTISEC2012-59 LOIS2012-34
本報告では、Shamirの秘密分散法を利用した秘密計算の提案を行う.
Shamirの秘密分散法は秘匿にしたいデータを複... [more]
ISEC2012-59 LOIS2012-34
pp.15-20
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会