お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 59件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS 2022-07-14
10:20
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Fingerprint位置推定におけるCNNを特徴抽出器として用いたデータの選別手法
小西楊平相河 聡山本真一郎兵庫県立大CS2022-10
屋内位置推定として,FingerprintにCNN(Convolutional Neural Network)を適用した... [more] CS2022-10
pp.1-2
CS 2022-07-14
10:50
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Fingerprint位置推定におけるWi-FiのAP数とCNN,ResNetの設計に関する検討
坂西 優相河 聡山本真一郎兵庫県立大CS2022-13
 [more] CS2022-13
pp.14-15
CS 2022-07-15
14:20
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]屋内位置推定におけるCNN推定手法への状態空間モデルの適用
堀 開慎相河 聡山本真一郎兵庫県立大CS2022-36
現在,屋外の位置推定技術としてGNSSを用いた位置推定が高精度である.一方,屋内では衛星電波 が届きづらいため,GNSS... [more] CS2022-36
pp.100-103
EMCJ 2022-01-21
14:55
ONLINE オンライン開催に変更 正方形および十字型金属パターン周期配列シートを用いるマイクロ波帯用電波吸収体の設計
藤井洸平山本真一郎相河 聡兵庫県立大)・笠置映寛山陽小野田市立山口東京理科大EMCJ2021-69
 [more] EMCJ2021-69
pp.46-50
EMCJ 2022-01-21
15:20
ONLINE オンライン開催に変更 導電膜周期配列シートを用いる2.4GHz帯空間フィルターの設計
江原隆太山本真一郎相河 聡兵庫県立大)・松岡茂樹長尾正揮日本ジッパーチュービングEMCJ2021-70
 [more] EMCJ2021-70
pp.51-56
CS 2021-10-14
10:15
ONLINE オンライン開催 CNN, ResNetを用いたFinger Printにおける位置推定精度向上の実験的検討
坂西 優相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-52
GPS推定に誤りが生じやすい屋内環境での位置推定技術として無線LANを用いた方法を検討する. 推定手法にはFinger ... [more] CS2021-52
pp.1-5
CS 2021-10-14
10:40
ONLINE オンライン開催 RNNを用いたWi-Fi Finger Printにおけるシミュレーション歩行データの有効性
天田翔也相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-53
 [more] CS2021-53
pp.6-10
CS 2021-10-14
11:05
ONLINE オンライン開催 無線LANを電波を用いたNeural Networkによる二段階位置推定の実験的検討
高島勇也相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-54
 [more] CS2021-54
pp.11-14
CS 2021-10-15
10:40
ONLINE オンライン開催 Fingerprint位置推定におけるCNNを特徴抽出器として用いたデータの選別手法
小西楊平相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-57
屋内位置推定として,FingerprintにCNN(Convolutional Neural Network)を適用した... [more] CS2021-57
pp.26-31
CS 2021-10-15
11:05
ONLINE オンライン開催 無線LAN屋内位置推定のParticle Filterを用いたCNNに対する座標補間の実験的検証
堀 開慎相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-58
近年, GPS測位で精度が低下する屋内の位置推定手法として無線LAN測位が研究されている.無線LAN測位では事業者が予め... [more] CS2021-58
pp.32-37
EMCJ 2021-05-14
14:35
ONLINE オンライン開催 放熱孔のある穴あき金属板を用いた近傍磁界遮へい効果向上に関する研究
津田尭哉山本真一郎相河 聡兵庫県立大EMCJ2021-7
近年,電力機器から発生する低周波数の磁界ノイズが問題となっている.ノイズ対策には電磁遮へい材が用いられているが,電力機器... [more] EMCJ2021-7
pp.1-6
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2020-01-24
15:00
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター 大電力機器放熱孔と漏洩磁界抑制法に関する研究
高原 広山本真一郎相河 聡兵庫県立大)・岩井 通カワサキテクノリサーチ)・畠山賢一兵庫県立大EMCJ2019-90
 [more] EMCJ2019-90
pp.53-58
EMCJ 2019-07-18
15:30
東京 機械振興会館 大電力機器筐体内の磁界発生源を考慮した放熱孔の設け方
高原 広山本真一郎相河 聡兵庫県立大)・岩井 通カワサキテクノリサーチ)・畠山賢一兵庫県立大EMCJ2019-27
 [more] EMCJ2019-27
pp.53-58
EMCJ 2019-05-10
14:00
兵庫 姫路・西はりま地場産業センター(じばさんびる) 人工材料を用いる周波数選択性電磁遮へい材の設計 ~ マイクロ波帯からミリ波帯に渡る透過特性評価 ~
西内隆輝山本真一郎畠山賢一相河 聡兵庫県立大)・岩井 通カワサキテクノリサーチEMCJ2019-14
 [more] EMCJ2019-14
pp.7-12
EMCJ 2019-04-11
15:00
沖縄 沖縄産業支援センター 金属パターン周期配列構造を利用するメタマテリアル電波吸収体
岡田啓汰西内隆輝山本真一郎畠山賢一相河 聡兵庫県立大)・笠置映寛山陽小野田市立山口東京理科大)・蔦岡孝則広島大EMCJ2019-5
 [more] EMCJ2019-5
pp.23-28
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2018-11-22
15:10
海外 KAIST(韓国大田市) [ポスター講演]Suppression Method of Near Magnetic Field Leaking from Ventilation Holes of Metallic Enclosure
Hiroshi TakaharaShinichiro YamamotoKenichi HatakeyamaSatoru AikawaUniv.of Hyogo)・Tohru IwaiKawasaki Techno)・Masakazu MorimotoUniv.of HyogoEMCJ2018-70
 [more] EMCJ2018-70
pp.43-44
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2018-11-22
15:10
海外 KAIST(韓国大田市) [ポスター講演]EM Shielding Effectiveness of Artificial Designed Materials from Microwave to Millimeter-wave Band
Takaki NishiuchiShinichiro YamamotoKenichi HatakeyamaUniv. of Hyogo)・Tohru IwaiKawasaki Techno)・Satoru AikawaMasakazu MorimotoUniv. of HyogoEMCJ2018-78
 [more] EMCJ2018-78
pp.59-60
NS, CS, IN, NV
(併催)
2016-09-30
09:10
宮城 東北大学 無線LANによる位置推定におけるアクセスポイント移設校正に関する一検討
青木大雅相河 聡兵庫県立大CS2016-35
屋内で高精度な位置推定を行う手法として,無線LANの受信強度を用いたFinger Print方式がある.この手法はAP(... [more] CS2016-35
pp.29-34
NS, CS, IN, NV
(併催)
2016-09-30
09:35
宮城 東北大学 WiFiによるナビゲーション実装の簡易化とエリア自動選択に関する一検討
小牧周平相河 聡兵庫県立大)・中村康久UPRCS2016-36
我々は商店街や地下街といった屋内環境に多数設置されているAP(無線LANアクセスポイント)のRSSI(受信信号強度)を用... [more] CS2016-36
pp.35-39
AP 2016-03-11
11:25
山梨 石和温泉(かんぽの宿) Experimental Study on Linear Array Switched Antenna for WiMAX
Julian WebberSatoshi TsukamotoTakahiro MaedaTomoaki KumagaiATR)・Shinichiro YamamotoSatoru AikawaHyogo Univ.AP2015-220
The communication channel between a base-station transmitter... [more] AP2015-220
pp.91-95
 59件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会