お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, NWS
(併催)
2020-01-24
14:50
沖縄 石垣島商工会館 [奨励講演]Data Center間ネットワークにおけるフロータイプに基づくロードバランシング手法
海和拓成電通大)・内藤郁之NII)・キットスワン ナッタポン電通大NS2019-172
Data Center Network内を流れるトラヒックは,トラヒック量が大きいElephant Flow とトラヒッ... [more] NS2019-172
pp.67-72
NS 2019-10-10
10:45
愛知 名古屋工業大学 Software-Defined Networkingにおけるフロータイプを考慮したロードバランシング手法
海和拓成電通大)・内藤郁之NII)・キットスワン ナッタポン電通大NS2019-99
Data Center Network内を流れるトラヒックは,トラヒック量が大きいElephant Flow とトラヒッ... [more] NS2019-99
pp.1-6
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
13:45
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス [奨励講演]階層型ネットワーク構造におけるユニット分離型ネットワークアクセス制御
田村 悠電通大)・内藤郁之NII)・キットスワン ナッタポン電通大NS2018-148
本論文では,個々のユーザ・端末に対して柔軟なルールを単純な構造で実現するために,組織における階層構造を元にした「ユニット... [more] NS2018-148
pp.105-110
NS 2018-05-17
10:00
神奈川 横浜市教育会館 Software-Defined Networkingによる階層型ロールベースネットワークアクセス制御
田村 悠内藤郁之キットスワン ナッタポン電通大NS2018-15
本論文では,一般的な組織における階層構造を管理単位としてNetwork Access Control(NAC)において適... [more] NS2018-15
pp.1-6
NS 2015-05-22
10:20
東京 東京大学 石橋信夫記念ホール SDNによるネットワークの利用状況に考慮したネットワーク機器の制御
内藤郁之大木英司電通大NS2015-26
 [more] NS2015-26
pp.65-68
NS 2015-01-23
14:35
東京 八丈町商工会(八丈町新庁舎) Hybrid SDNを用いたSmart OSPFの実装と性能評価
仲程康憲内藤郁之岡本 聡大木英司電通大NS2014-174
ブロードバンドネットワークが普及するにつれ,通信需要が爆発的に増え,より高品質な通信が求められる
ようになってきた.つ... [more]
NS2014-174
pp.69-74
NS 2014-05-15
14:25
山梨 山梨大学 OpenFlowを利用した無線LANアクセスポイントの制御
内藤郁之大木英司電通大NS2014-27
ネットワークを集中的に制御するOpenFlowプロトコルは、制御のためのOpenFlowコントローラと制御を受けるOpe... [more] NS2014-27
pp.15-19
TL, NLC
(共催)
2013-06-14
14:35
茨城 筑波大学(筑波キャンパス) 談話分析によるハイパフォーマンスチームのイノベーションプロセスのモデル化 ~ 会社を超えた半年間の実践的人材育成研修後の振り返り分析 ~
阪井和男内藤 隆明大)・森 憲一森 貴子明大/サードステージカンパニー)・中村雄一郎中川貴之日本儀礼協会TL2013-1 NLC2013-1
会社を超えた人材育成研修に参加した全国35チームによる半年間にわたる実践的な研修の結果,卓越した成果を挙げた4チームを対... [more] TL2013-1 NLC2013-1
pp.1-6
TL 2013-02-22
10:15
東京 明治大学国際総合研究所 感情によるワークショップ効果測定法の提案 ~ 創造的なワークショップでは課題提起者の感情はどう変化するか ~
阪井和男内藤 隆明大TL2012-52
創造的なワークショップを作るために,代表的な創造技法といわれる発散収束法を逆転させた「交流制約法」を提案している.この方... [more] TL2012-52
pp.13-18
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(併催) [詳細]
2012-09-02
14:15
東京 東京農工大 Conformal Geometric Algebraを用いた道路物理境界検出
石田皓之目黒淳一小島祥子内藤貴志豊田中研PRMU2012-36 IBISML2012-19
車載ステレオカメラを用いてガードレール・縁石等の道路物理境界を検出する手法を提案する.提案手法は,3 次元空間上の特徴点... [more] PRMU2012-36 IBISML2012-19
pp.43-48
PRMU, MI, IE
(共催)
2011-05-20
10:30
愛知 名古屋大学 空撮画像を基準とした車載カメラ画像のモザイキングによる道路画像生成手法の検討
野田雅文名大)・高橋友和名大/岐阜聖徳学園大)・出口大輔井手一郎村瀬 洋名大)・小島祥子名大/豊田中研)・内藤貴志豊田中研IE2011-26 PRMU2011-18 MI2011-18
近年,正確なカーナビゲーションを行うため,高精度な位置や走行に関する情報が付随した地図が必要とされている.
本研究では... [more]
IE2011-26 PRMU2011-18 MI2011-18
pp.99-104
PRMU, MI, IE
(共催)
2011-05-20
13:00
愛知 名古屋大学 生成型学習法を用いた姿勢変化に頑健な歩行者検出の検討
吉田英史出口大輔井手一郎村瀬 洋名大)・後藤邦博木村好克内藤貴志豊田中研IE2011-31 PRMU2011-23 MI2011-23
近年,車載カメラで撮影された画像から歩行者を検出する研究が注目されている.
しかし,姿勢変化が大きく,かつ様々な背景に... [more]
IE2011-31 PRMU2011-23 MI2011-23
pp.127-132
PRMU, HIP
(共催)
2010-03-15
17:05
鹿児島 鹿児島大 注視対象の位置関係を利用した車載視線計測システム自動較正の高度化
山城賢二出口大輔名大)・高橋友和名大/岐阜聖徳学園大)・井手一郎村瀬 洋名大)・樋口和則内藤貴志豊田中研PRMU2009-267 HIP2009-152
交通事故の原因として脇見運転や安全不確認などがあり,これらを防ぐためにドライバの視線方向の利用が注目されている.正確な視... [more] PRMU2009-267 HIP2009-152
pp.199-204
PRMU, HIP
(共催)
2010-03-16
15:55
鹿児島 鹿児島大 Orientation Learning for Estimation of Human Pose Direction from Static Image
Guangzhe ZhaoYasushi HiranoShoji KajitaKenji MaseNagoya Univ.)・Miyako BabaTakashi NaitoToyota Central R & D LabsPRMU2009-313 HIP2009-198
 [more] PRMU2009-313 HIP2009-198
pp.471-475
PRMU 2009-12-18
16:10
栃木 藤原総合文化会館(日光・鬼怒川) 走行環境の三次元直線をランドマークとした車載単眼カメラによる自車位置推定
浅井俊弘山口晃一郎内藤貴志豊田中研PRMU2009-154
本稿では,走行環境の三次元直線をランドマークとした車載単眼カメラ画像による
自車位置推定手法について述べる.走行環境に... [more]
PRMU2009-154
pp.89-94
PRMU 2009-11-27
11:10
石川 石川県地場産業振興センター 空撮画像と時系列車載カメラ画像の照合による自車位置推定
野田雅文名大)・高橋友和岐阜聖徳学園大)・出口大輔井手一郎村瀬 洋名大)・小島祥子内藤貴志豊田中研PRMU2009-118
近年,車両の運転支援システムの高度化が望まれる中,自車の正確な位置を知ることが重要な課題となっている.
正確な自車位置... [more]
PRMU2009-118
pp.177-182
PRMU 2009-06-18
10:15
北海道 北大 Multi-scale Semantic Bag of Textonsに基づいた道路シーンの領域分割及び物体認識
姜 有宣山口晃一郎内藤貴志二宮芳樹豊田中研PRMU2009-41
次世代の運転支援システムには,道路や路側物を含む走行環境全体を認識する技術が要求されている.本稿では,テクスチャ特徴に基... [more] PRMU2009-41
pp.7-12
AP 2009-01-22
10:20
福岡 福岡大学 仮想アレーを用いたアレー校正手法における仮想素子位置の最適化
内藤 孝山田寛喜山口芳雄新潟大AP2008-162
近年,アレーアンテナを用いた高分解能到来方向推定手法であるMUSIC法などの応用が注目され,多数の分野における応用が進め... [more] AP2008-162
pp.73-78
AP 2008-01-23
16:00
沖縄 てぃるる(那覇) 仮想アレーを用いたリニアアレーDOA推定の仰角依存性の校正について
内藤 孝山田寛喜山口芳雄新潟大AP2007-130
近年,アレーアンテナを用いた高分解能到来方向推定は,電波伝搬構造の詳細な把握や,無線通信システムの端末の位置推定手法など... [more] AP2007-130
pp.45-50
PRMU 2008-01-18
09:00
京都 龍谷大学 3D Texture Segmentation for Road Environment Scenes using a SfM Module
Yousun KangKoichiro YamaguchiTakashi NaitoYoshiki NinomiyaToyota Central R&D Labs.PRMU2007-189
 [more] PRMU2007-189
pp.187-194
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会