お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MW 2021-11-19
13:30
鹿児島 鹿児島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マイクロストリップ線路装荷による反射型Push-Push発振器の位相雑音低減
田中高行菊竹 紗竹口雄章豊田一彦佐賀大MW2021-80
近年,無線通信システムでは5Gなどの高速大容量通信のためにマイクロ波やミリ波帯などの高い周波数帯の電波の需要が高まってい... [more] MW2021-80
pp.75-80
AP, RCS
(併催)
2019-11-20
10:30
佐賀 佐賀大学 Magic-Tを用いた可変電力分配器の試作評価と偏波角可変アンテナへの応用
森田就斗田中高行豊田一彦佐賀大AP2019-106
我々は,電波の偏波角に情報を与える空間変調方式を提案し,種々の偏波角可変アンテナを実現してきた.さらに,偏波角を連続的に... [more] AP2019-106
pp.1-6
WPT
(第二種研究会)
2019-10-31
- 2019-11-02
海外 西安電子科技大学 [招待講演][Invited Talk] Polarization Agile Active Integrated Antenna and Its Application to Wireless Power Transfer
Ichihiko ToyodaEisuke NishiyamaTakayuki TanakaSaga Univ.
 [more]
ED 2018-10-24
14:50
東京 機械振興会館 地下3階1号室 Pd酸化物を貴金属供給源に持つ貴金属被覆ナノ電子源の作製 ~ Pd酸化物の還元処理の検討 ~
浅井泰尊川合亮太松原史弥田中崇之村田英一六田英治名城大ED2018-28
 [more] ED2018-28
pp.9-12
ED 2018-10-24
15:35
東京 機械振興会館 地下3階1号室 Graphene形成によって誘起されたNi針先端の構造変化
川合亮太浅井泰尊松原史弥田中崇之村田英一六田英治名城大ED2018-29
 [more] ED2018-29
pp.13-16
MW
(第二種研究会)
2017-06-14
- 2017-06-16
海外 KMUTT(タイ・バンコク) Experiment Evaluation of a Multiport Harmonic Gunn Oscillator With Fundamental Signal Suppression
Takumi SakumotoTakayuki TanakaIchihiko ToyodaSaga Univ.
In this paper, a multiport harmonic Gunn oscillator for osci... [more]
MW 2016-11-18
13:00
佐賀 佐賀大学 基本波フィルタを装荷したマルチポート高調波ガン発振器の試作評価
作本 匠田中高行豊田一彦佐賀大MW2016-129
本稿では,発振器のアレー化に適した構成として同期用の基本波ポートと出力用2倍波ポートをもつガン発振器を提案し,その構成と... [more] MW2016-129
pp.73-78
MW 2016-11-18
13:25
佐賀 佐賀大学 スロットリング共振器を用いたマルチポートPush-Push発振器の実験評価
福島 孟田中高行豊田一彦佐賀大MW2016-130
近年,民生用レーダー技術の需要が増加し,更なる小型化,低コスト化に対する要求が高まっている.この要求を満たすため,発振器... [more] MW2016-130
pp.79-84
MW 2016-11-18
13:50
佐賀 佐賀大学 相互同期型結合回路を用いたPush-Push発振器アレーの出力安定性の評価
宮内紀尚田中高行豊田一彦佐賀大MW2016-131
近年,レーダーシステムが車載レーダーのような民生分野でも広く用いられるようになり,それに伴い装置に使用される回路の小型化... [more] MW2016-131
pp.85-90
WIT 2016-10-16
14:00
佐賀 唐津ロイヤルホテル(佐賀県唐津市) 作業アシストツールによる作業負荷軽減効果
泉 博之産業医科大)・和田親宗九工大)・田中孝之北大WIT2016-34
 [more] WIT2016-34
pp.9-10
MW 2015-11-19
13:30
沖縄 琉球大 スロット線路共振器を用いた2素子2倍波ガン発振器の基礎検討
原田純兵田中高行豊田一彦佐賀大MW2015-124
近年,無線通信やレーダ・センサなどマイクロ波やミリ波が様々な用途で使われるようになってきており,それに伴って簡易な構成か... [more] MW2015-124
pp.23-28
MW
(第二種研究会)
2014-11-26
- 2014-11-28
海外 KMITL, Bangkok, Thailand Design Method of Multiband RF Circuits Using Tunable Shorted Stubs
Ichihiko ToyodaJun HirataTakayuki TanakaSaga Univ.
In this paper, a novel design method to achieve a multiband ... [more]
MW 2014-11-20
11:25
長崎 長崎大 簡易な結合回路を用いたPush-Push発振器アレーにおける注入同期の検討
鮫島武瑠田中高行豊田一彦佐賀大MW2014-127
近年、レーダーシステムが車載レーダーのような民生分野でも広く用いられるようになり、それに伴い装置に使用される回路の小型化... [more] MW2014-127
pp.23-26
ED, SDM
(共催)
2014-02-27
17:25
北海道 北海道大学百年記念会館 非対称ゲート制御GaAsナノワイヤによる電子ブラウンラチェットデバイスの特性評価
阿部遊子田中貴之葛西誠也北大ED2013-140 SDM2013-155
生体の動力源である分子モーターは熱ゆらぎを利用することで高効率駆動することが知られている.生体分子モーターの高効率動作の... [more] ED2013-140 SDM2013-155
pp.47-50
MW 2013-11-21
09:30
鹿児島 鹿児島県文化センター 簡易な回路構成の結合回路を用いたPush-Push発振器アレー
田中高行・○鮫島武瑠相川正義豊田一彦佐賀大MW2013-131
近年,ITSなどに用いるレーダー用の技術として,簡易な構成でビームステアリングを行うことができる発振器アレーの研究が行わ... [more] MW2013-131
pp.1-4
WIT 2013-08-29
14:00
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 介護作業用スマートスーツ・ライトによる体幹安定化効果の動作解析
今村由芽子田中孝之北大)・鈴木善人スマートサポート)・瀧澤一騎山中正紀北大WIT2013-25
我々は弾性材を用いた小型軽量なパワーアシスト装具"スマートスーツ・ライト"を開発している.スマートスーツ・ライトは弾性力... [more] WIT2013-25
pp.11-14
WIT 2013-08-29
15:10
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 エネルギ制御による複数周波数成分を持つ周期運動に対するスキルアシスト
吉藤拓土田中孝之日下 聖北大WIT2013-27
我々は弾性材とアクチュエータによって構成されるセミアクティブアシスト機構を開発し,この機構と周期入力制御を用いたエネルギ... [more] WIT2013-27
pp.21-26
WIT 2013-08-29
16:50
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 [特別講演]軽労化アシストシステムと情報ロボット技術のチャレンジ
田中孝之北大WIT2013-30
 [more] WIT2013-30
pp.37-39
WIT 2013-08-30
14:00
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 スマートスーツの補助力最適化のための動作計測と認識
若杉素秋田中孝之奈良博之日下 聖金子俊一北大WIT2013-37
本研究は,スマートスーツの補助力最適化を行うための,動作計測と認識を目的とするものである.今までのスマートスーツでは,フ... [more] WIT2013-37
pp.77-81
WIT 2013-08-30
14:30
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 動作認識を用いた酪農作業用スマートスーツの補助力制御
奈良博之田中孝之日下 聖若杉素秋北大)・山岸孝幸小倉庄太郎三菱電機エンジニアリングWIT2013-38
 [more] WIT2013-38
pp.83-84
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会