お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP 2022-12-06
09:55
愛媛 愛媛大メディアホール 点素最短パス遷移の計算複雑性
斉藤 凜東北大)・江藤 宏九工大)・伊藤健洋東北大)・上原隆平北陸先端大COMP2022-22
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] COMP2022-22
pp.9-13
COMP 2022-03-06
13:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Monotone edge flips to an orientation of maximum edge-connectivity `a la Nash-Williams
Takehiro ItoTohoku Univ.)・Yuni IwamasaKyoto Univ.)・Naonori KakimuraKeio Univ.)・Naoyuki KamiyamaKyushu Univ.)・○Yusuke KobayashiKyoto Univ.)・Shun-ichi MaezawaUEC)・Yuta NozakiHiroshima Univ.)・Yoshio OkamotoUEC)・Kenta OzekiYNUCOMP2021-34
 [more] COMP2021-34
p.24
COMP 2021-12-03
10:30
石川 金沢商工会議所会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Complexity of reconfiguration of regular induced subgraphs
Hiroshi EtoTakehiro ItoTohoku Univ)・Yasuaki KobayashiKyoto Univ)・Yota OtachiNagoya Univ)・Kunihiro WasaToyohashi TechCOMP2021-22
 [more] COMP2021-22
pp.9-10
COMP 2021-12-03
11:10
石川 金沢商工会議所会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Token Sliding on Directed Graphs
Takehiro ItoTohoku Univ)・Yuni IwamasaYasuaki KobayashiKyoto Univ)・Yu NakahataNAIST)・○Masahiro TakahashiKyoto Univ)・Yota OtachiNagoya Univ)・Kunihiro WasaToyohashi TechCOMP2021-23
given a directed graph and two sets of pairwise nonadjacent ... [more] COMP2021-23
pp.11-18
COMP 2019-12-13
17:00
群馬 群馬大学 伊香保研修所 交互閉路による完全マッチングの最短遷移
伊藤健洋東北大)・垣村尚徳慶大)・神山直之九大/JSTさきがけ)・小林佑輔京大)・○岡本吉央電通大/理研COMP2019-42
本研究では,完全マッチング多面体における隣接性を背景として,交互閉路による完全マッチングの最短遷移問題を考察する.これは... [more] COMP2019-42
pp.93-100
COMP 2019-09-02
10:50
岡山 岡山大学 津島キャンパス Shortest Universal Sequences of Adjacent Transpositions
Takehiro ItoTohoku Univ.)・Jun KawaharaShin-ichi MinatoKyoto Univ.)・Yota OtachiKumamoto Univ.)・Toshiki SaitohKyutech)・Akira SuzukiTohoku Univ.)・Ryuhei UeharaJAIST)・Takeaki UnoNII)・○Katsuhisa YamanakaIwate Univ.)・Ryo YoshinakaTohoku Univ.COMP2019-10
$S = {s_1,s_2, ... , s_m}$を$[n] = {1,2,ldots ,n}$の隣接互換の列とする.... [more] COMP2019-10
pp.1-5
MSS, SS
(共催)
2019-01-16
10:50
沖縄 沖縄県青年会館 最適速度交通流モデルに基づく並列多段工程を有する生産ラインの分配パラメータ設計
佐野 徹小西啓治阪府大)・伊藤岳大若山永哉NECMSS2018-70 SS2018-41
最近の「製品寿命の低下」「消費者ニーズの多様化」などに伴う需要の変化に対応する生産システムの構 築が望まれている.本報告... [more] MSS2018-70 SS2018-41
pp.85-90
COMP 2018-12-12
10:25
宮城 東北大学 Linear-Time Algorithms for the Generalized Coloring Reconfiguration Problem
Hiroki OsawaAkira SuzukiTakehiro ItoXiao ZhouTohoku Univ.COMP2018-32
彩色遷移問題は,最もよく研究されている遷移問題である.
この問題では,高々$k$色を用いたグラフの(頂点)彩色が$2$... [more]
COMP2018-32
pp.7-14
NLP, CCS
(共催)
2018-06-08
15:15
京都 京都テルサ セル生産システムにおける同期的生産のためのAGVの配車制御
伊藤岳大NEC)・小西啓治阪府大)・○若山永哉但野紅美子前野義晴NECNLP2018-38 CCS2018-11
複数の工程からなるセル生産工場においては,各プロセスが協調し,高い生産効率を保つ必要がある.し かし,近年の消費者ニーズ... [more] NLP2018-38 CCS2018-11
pp.57-62
MSS, NLP
(併催)
2018-03-14
11:10
大阪 大阪大学豊中キャンパス 閾値変調振動子を用いたAGVの輻輳回避
伊藤岳大NEC)・小西啓治阪府大)・若山永哉但野紅美子前野義晴NECNLP2017-110
 [more] NLP2017-110
pp.47-50
MSS, NLP
(併催)
2018-03-14
13:50
大阪 大阪大学豊中キャンパス 不安定な生産システムにおける適応的な搬送制御方式
但野紅美子前野義晴伊藤岳大若山永哉小川雅嗣NECMSS2017-93
 [more] MSS2017-93
pp.83-88
MSS, NLP
(併催)
2018-03-14
14:15
大阪 大阪大学豊中キャンパス 最適速度交通流モデルに基づく分岐型生産ラインの分配パラメータ設計
佐野 徹小西啓治阪府大)・伊藤岳大若山永哉NECMSS2017-94
 [more] MSS2017-94
pp.89-94
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2017-05-13
11:00
長崎 長崎県建設工業協同組合 立方体グラフ上の距離独立集合問題の近似可能性
江藤 宏九大)・伊藤健洋東北大)・柳 植竜・○宮野英次九工大COMP2017-7
 [more] COMP2017-7
pp.47-54
COMP 2015-04-23
13:10
宮城 東北大学 支配集合遷移問題に対するアルゴリズム
Arash Haddadanウォータールー大)・伊藤健洋東北大)・Amer E. MouawadNaomi Nishimuraウォータールー大)・小野廣隆九大)・○鈴木 顕東北大)・Youcef Tebbalウォータールー大COMP2015-1
支配集合遷移問題とは,グラフ$G$の2つの支配集合$D_s$と$D_t$,
しきい値$k$が与えられた際に,
点の追... [more]
COMP2015-1
pp.1-7
COMP 2014-10-08
11:20
東京 中央大学 Algorithms for the Minimum Vulnerability Problem
Yusuke AokiTohoku Univ.)・Bjarni V. HalldorssonMagnus M. HalldorssonReykjavik Univ.)・Takehiro ItoTohoku Univ.)・Christian KonradReykjavik Univ.)・Xiao ZhouTohoku Univ.COMP2014-27
 [more] COMP2014-27
pp.9-15
COMP 2014-10-08
14:45
東京 中央大学 Reconfiguration of List Colorings in a Graph
Tatsuhiko HatanakaTakehiro ItoXiao ZhouTohoku Univ.COMP2014-29
グラフの各点には,その点に割り当てることができる色のリストが与えられているとする.本稿では,1つのリスト点彩色から同じグ... [more] COMP2014-29
pp.19-24
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2014-06-13
13:55
愛媛 道後温泉(愛媛県松山市) フィードバック独立点集合問題
田村祐馬伊藤健洋周 暁東北大COMP2014-8
 [more] COMP2014-8
pp.13-18
COMP 2014-04-24
10:55
宮城 東北大学 グラフ上のラベル付きトークン整列問題
山中克久岩手大)・エリック ドメインマサチューセッツ工科大)・伊藤健洋東北大)・川原 純奈良先端大)・清見 礼横浜市大)・岡本吉央電通大)・斎藤寿樹神戸大)・鈴木 顕東北大)・内澤 啓山形大)・宇野毅明NIICOMP2014-2
 [more] COMP2014-2
pp.5-12
COMP 2013-12-20
09:55
沖縄 沖縄産業支援センター グラフの独立点集合遷移問題に対するアルゴリズム
エリック ドメインマーチン ドメインマサチューセッツ工科大)・伊藤健洋東北大)・小野廣隆九大)・○上原隆平北陸先端大COMP2013-39
グラフG に対し,|Ibj| = |Ir| であるような2 つの独立点集合Ib とIr が与えられたとする.また,G に... [more] COMP2013-39
pp.7-14
COMP 2013-09-03
15:35
鳥取 鳥取環境大学 次数指定した最大正則誘導部分グラフ探索問題
朝廣雄一九州産大)・○伊藤健洋東北大)・江藤 宏宮野英次九工大COMP2013-31
本稿では,グラフ$G=(V, E)$と指定次数$r$が与えられたとき,頂点部分集合$S$ によって誘導される部分グラフ$... [more] COMP2013-31
pp.43-50
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会