お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 72件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
LOIS, IPSJ-DC
(連催)
2022-07-07
15:45
ONLINE オンライン開催 講義における講師と受講者の相互作用の分析 (第7報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大LOIS2022-9
板書を伴う講義において,講師の動作 (説明,板書) に対応して受講者の動作 (説明を聞く,ノートを取る) が生じる.また... [more] LOIS2022-9
pp.30-34
MVE, IPSJ-HCI, IPSJ-EC, VRSJ, ITE-HI, HI-SIG-DeMO, ITE-SIP
(連催)
2022-06-16
10:40
ONLINE オンライン開催(Zoom + Slack) 高齢要介護者における20秒マーチテスト時の頭部ー膝関節変動量の特徴
久保誠吾小濱 剛楠 正暢近畿大)・岡田壮市鵜飼病院)・藤田英二鹿屋体育大)・竹島伸生朝日大)・Brechue, William F.カークスビルオステオパシー医科大
 [more]
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2022-05-27
14:30
ONLINE オンライン開催 講義における講師と受講者の相互作用の分析 (第6報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大LOIS2022-1
板書を伴う講義において,講師の動作 (説明,板書) に対応して受講者の動作 (説明を聞く,ノートを取る) が生じる.また... [more] LOIS2022-1
pp.1-6
HIP, VRPSY
(共催)
ITE-HI, ASJ-H
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-27
13:00
ONLINE オンライン開催 ボトムアップ注意の移動によって誘発されたマイクロサッカードと注意方向の解析
阪口聖仁小畑竜馬吉田 久小濱 剛近畿大
 [more]
HIP, VRPSY
(共催)
ITE-HI, ASJ-H
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-27
13:50
ONLINE オンライン開催 覚醒の低下がマイクロサッカードの動的特性に及ぼす影響
中垣公佑吉田 久小濱 剛近畿大
 [more]
HIP, VRPSY
(共催)
ITE-HI, ASJ-H
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-27
14:15
ONLINE オンライン開催 固視微動データからマイクロサッカード発生区間を推定する時系列学習モデル
森本友昭中垣公佑阪口聖仁小畑竜馬吉田 久小濱 剛近畿大
 [more]
HIP, VRPSY
(共催)
ITE-HI, ASJ-H
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-27
15:40
ONLINE オンライン開催 fNIRS信号に対する持続的注意に寄与する脳領域推定手法の検討
久保諄平辻 和希吉田 久小濱 剛近畿大
 [more]
HIP, VRPSY
(共催)
ITE-HI, ASJ-H
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-27
16:05
ONLINE オンライン開催 数理モデルを用いたγコヒーレンスを指標とする脳領域間の情報伝達におけるα波が担う役割の検討
平井 碩近畿大)・正岡明浩玉川大)・小濱 剛近畿大
 [more]
HIP 2021-10-22
13:10
ONLINE オンライン開催 注視対象への文脈を考慮した深層学習による視線移動予測モデル
大澤祐平小濱 剛近畿大HIP2021-43
ヒトの視線は,意識や注意といった内的状態が反映された生体信号であることから,視線を予測する技術を応用することで,ヒトの心... [more] HIP2021-43
pp.69-74
HIP 2021-10-22
13:35
ONLINE オンライン開催 自己運動速度を考慮したドライバ視点映像に対する顕著性推定モデル
本間友也藤田将史小濱 剛近畿大HIP2021-44
自動車運転中のドライバの注意誘導先を予測するモデルとして,小玉らによる初期視覚系受容野特性と高次運動選択機構を考慮した自... [more] HIP2021-44
pp.75-80
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2021-05-11
11:00
ONLINE オンライン開催 ビデオ講義を対象とした学習者のノーティング動作の分析 (第5報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大LOIS2021-10
本報告では,リアルタイム型講義を想定したビデオ講義を対象として,学習者の受講動作の分析を行う.ただし,学習者のノーティン... [more] LOIS2021-10
pp.54-59
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2021-05-11
11:25
ONLINE オンライン開催 ビデオ講義を対象とした協同学習における学習者の動作の分析 (第5報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大LOIS2021-11
本報告では,ビデオ講義の受講後に実施する学習者による協同学習 (ビデオ講義内容に対する教え合い) を対象として,学習者の... [more] LOIS2021-11
pp.60-65
ET 2020-10-17
13:10
ONLINE オンライン開催 講義における講師と受講者の相互作用の分析 (第5報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大ET2020-22
板書を伴う講義において,講師の動作 (説明,板書など) に対応して受講者の動作 (説明を聞く,ノートを取るなど) が生じ... [more] ET2020-22
pp.1-6
HIP 2020-10-08
15:35
ONLINE オンライン開催 ボトムアップ注意によって誘発されるマイクロサッカードの方向と注意方向との関係
野口翔悟小濱 剛吉田 久近畿大HIP2020-36
マイクロサッカードの方向と注意の方向が一致するとの研究報告があるが,その一方で,それらの間に相 関が無いとの主張も存在す... [more] HIP2020-36
pp.21-26
HCS 2020-08-21
10:30
ONLINE オンライン開催 面接における被面接者と面接者の相互作用の分析
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大HCS2020-22
面接において,被面接者の回答内容だけでなく,非言語動作が面接者の評価に影響を及ぼすことがある.また,面接者の評価が動作に... [more] HCS2020-22
pp.5-10
LOIS, ICM
(共催)
2020-01-09
- 2020-01-10
長崎 アルカスSASEBO(佐世保市) ビデオ講義を対象とした協同学習における学習者の動作の分析 (第4報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大ICM2019-30 LOIS2019-45
本報告では,ビデオ講義を受講した学習者による協同学習 (教え合い) を対象として,学習者の動作における相互作用のモデリン... [more] ICM2019-30 LOIS2019-45
pp.1-6
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2019-11-28
10:00
福岡 旧大連航路上屋(北九州門司) 講義における講師と受講者の相互作用の分析 (第4報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大)・浜野裕希トワール)・吉田賢史早大高等学院CAS2019-44 MSS2019-23
筆者等は,板書を用いた講義を対象として,画像処理により検出した講師および受講者の顔領域の大きさを,動作に対する特徴量とし... [more] CAS2019-44 MSS2019-23
pp.1-6
IE, EMM, LOIS
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2019-09-20
10:30
新潟 新潟大学 駅南キャンパス [招待講演]講義や自習における学習ログの分析
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大LOIS2019-15 IE2019-28 EMM2019-72
本報告では,講義や自習において得られる学習ログ (非言語動作,ノーティン
グ動作,ページの閲覧履歴など) を対象として... [more]
LOIS2019-15 IE2019-28 EMM2019-72
pp.65-70
ET 2019-07-06
15:20
岩手 岩手県立大学 ビデオ講義を対象とした学習者のノーティング動作の分析 (第3報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大ET2019-24
ビデオ講義においては,学習者の受講状態を講師が把握することが困難であるために,講義の進行に対応した受講状況を自動的にモニ... [more] ET2019-24
pp.47-52
ICM, LOIS
(共催)
2019-01-24
14:00
鹿児島 鹿児島県文化センター 講演における聴講者の動作の分析(第3報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大ICM2018-39 LOIS2018-45
スライドを用いた講演において,講師は聴講者の非言語動作に基づいて聴講者の興味を把握し,講演の進行を調節する. しかしなが... [more] ICM2018-39 LOIS2018-45
pp.21-26
 72件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会