お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
作業エリア遷移モデル生成とそのクラスター分析に基づく製造現場分析
渡邊 怜長岡技科大)・小木曽里樹森 郁惠三浦貴大加藤狩夢産総研)・芳賀靖憲畠山慎太郎木村 篤デンソー)・中平勝子長岡技科大)・○蔵田武志産総研
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
健康経営支援のための高速道路SA従業員の心身状態常時モニタリング
佐藤章博小木曽里樹一刈良介沓澤 岳小林吉之産総研)・新村 猛産総研/立命館大/がんこフードサービス)・野中朋美立命館大)・蔵田武志産総研
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 地理空間インテリジェンス技術を用いた製造ラインでの作業分析
蔵田武志産総研)・原田宗玄中平勝子長岡技科大)・前畠 貴東北大)・伊藤良典麻生秀樹JPS
本稿では,2020年度にJPS社工場の製造ラインにおいて実施された地理空間インテリジェンス技術を用いた作業分析に関する事... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 インクルーシブな開発体制によるアクセシブルアクションRPGの開発 ~ 視覚障害者・晴眼者の共同作業に着目して ~
松尾政輝三浦貴大産総研)・藪 謙一郎東大)・片桐 淳プッシュ・ポップ)・坂尻正次大西淳児筑波技大)・蔵田武志産総研)・伊福部 達東大
 [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 外食店舗での作業発生予測に基づく時系列ラベル付与ツールの開発・評価
加藤狩夢三浦貴大一刈良介大隈隆史蔵田武志産総研
教師あり学習で用いる訓練データ作成の作業コストが問題視されている.特に時系列データを対象に訓練データを作成する場合,人手... [more]
RCS 2020-10-23
13:10
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]屋内統合測位システム
前畠 貴橋本英彦住友電工)・蔵田武志産総研RCS2020-106
工場内における設備と人・モノの見える化の連携は、設備稼働率の改善を図ること上で重要である。また、ロボット等による省人化や... [more] RCS2020-106
pp.75-79
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-04
10:50
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
ソーラーBLEビーコンとPDRを用いた屋内統合測位システム
前畠 貴多田直弘橋本英彦蔵田武志住友電工SR2019-115
工場内におけるヒト・モノの見える化は、設備稼働率等の改善を図る上で非常に重要となっている。しかし工場内での人の作業動線把... [more] SR2019-115
pp.9-16
MVE 2019-08-30
13:00
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー [招待講演]スマートワークとサービス計測
蔵田武志産総研MVE2019-18
IoT技術の普及によりモノの見える化が急速に進んでいる.一方,コトの見える化は発展途上段階にあるが,ヒトに関する情報取得... [more] MVE2019-18
p.71
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 製造現場でカスタマイズ可能な見える化システムの研究
橋本英彦前畠 貴蔵田武志住友電工
製造現場では、現在数多くの見える化システムが提供されているが、それらのシステムでは現場のエンジニア自身が業務効率を改善す... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) カメラベース位置推定手法へのPDRの統合及び音声インタフェースの検討
釜坂一歩北原 格筑波大)・一刈良介興梠正克蔵田武志産総研)・亀田能成筑波大
我々は視覚障害者の単独歩行支援を目的とし,カメラを用いた経路上の位置推定手法を提案している.視覚障害者が外出する際には,... [more]
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-01-19
15:30
京都 京都大学 吉田キャンパス 百周年時計台記念館 歩行運動の両脚相に着目したRGB-Dカメラに映るPDR利用者の同定
橋本幹基九大)・大西正輝興梠正克蔵田武志産総研)・島田敬士九大)・有田大作長崎県立大)・谷口倫一郎九大PRMU2016-133 MVE2016-24
人の位置情報の取得は,人を中心としたサービスを作るための基礎技術として重要な要素の一つである.本論文では,RGB-Dカメ... [more] PRMU2016-133 MVE2016-24
pp.129-134
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 視覚障害者の移動を支援する位置提示の実証実験
亀田能成釜坂一歩筑波大)・一刈良介蔵田武志産総研)・石川 准静岡県立大
我々は,視覚障害者に対する歩行移動を支援する研究に取り組んでいる.歩行による移動中に位置提示の支援を行うナビゲーションシ... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 現場のラボ化のためのPDRと物流PDRチャレンジ
蔵田武志一刈良介産総研)・明官達郎筑波大)・霜村 瞭興梠正克産総研)・梶 克彦愛知工大)・河口信夫名大
「現場のラボ化」は,仮説・検証を繰り返し行うといった従来はラボでしかできなかった方法論を,実際の現場に持ち込もうとするも... [more]
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-01-21
11:30
大阪 阪大銀杏会館 屋内環境における人の位置計測に向けたRGB-Dカメラに映るPDR利用者の同定
木原 渉長岡技科大)・河畑 凌九大)・大西正輝興梠正克蔵田武志産総研PRMU2015-115 MVE2015-37
人の位置情報の取得は,人を中心としたサービスを作るための基礎技術として重要な要素の一つである.
本稿では,屋内環境にお... [more]
PRMU2015-115 MVE2015-37
pp.31-36
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 継続的な気仙沼横丁3Dモデル更新のための現地参加型アプリの実現に向けて
下仲悠希関西大)・一刈良介蔵田武志産総研
本稿では,これまでに開発されている復興屋台村気仙沼横丁を疑似体験させるアプリケーションの,現地利用に向けたアプリケーショ... [more]
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2015-10-08
13:00
北海道 小樽市観光物産プラザ 気圧変動の要因分解に基づく屋内測位向け高度変化検出手法
一刈良介ルイス カルロス マンリケ ルイズ興梠正克蔵田武志産総研)・北川朋亮吉井宗太三菱重工MVE2015-26
 [more] MVE2015-26
pp.31-36
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 気仙沼横丁の「今」を疑似体験できる3Dアプリの提案 ~ ソーシャルメディアの投稿記事との連携 ~
山下 諒上間大生関西大)・一刈良介蔵田武志産総研
本研究では,バーチャル空間に再構築された復興屋台村気仙沼横丁を疑似体験できるアプリケーションを提案する.本アプリケーショ... [more]
MVE 2014-10-09
10:55
北海道 洞爺湖文化センター 拡張現実を用いた道路整備作業支援システムの基礎検討
牧田孝嗣張 慶椿一刈良介大隈隆史蔵田武志産総研MVE2014-34
 [more] MVE2014-34
pp.19-24
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2014-07-02
11:00
東京 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) カメラトラッキングと歩行者デッドレコニングの連携に基づく広域屋内測位を用いた複合現実感メンテナンス作業支援システム
牧田孝嗣産総研)・Thomas VincentUJF)・興梠正克大隈隆史産総研)・石川智也行動ラボ)・Laurence NigayUJF)・蔵田武志産総研MVE2014-26
 [more] MVE2014-26
pp.85-90
MVE 2014-06-06
13:40
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科棟 サービスフィールドシミュレータによる行動調査手法の検討
大隈隆史蔵田武志産総研MVE2014-1
サービス現場における顧客やサービス提供者の行動を記録し,分析することは効果的なサーヒ&#... [more] MVE2014-1
pp.39-44
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会