お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2020-02-28
17:25
東京 東京電機大学 表面プラズモン共鳴を利用した水中超音波の検出
上野翔矢市橋隼人福永拓未松川真美同志社大US2019-107
 [more] US2019-107
pp.47-50
EA, US
(併催)
2020-01-22
10:30
京都 同志社大学 [ポスター講演]サブナノ秒ポンプ・プローブ法を用いたSPRセンサの過渡応答の観測 ~ センサ表面における結合媒質の影響 ~
福永拓未市橋隼人上野翔矢松川真美同志社大US2019-79 EA2019-92
表面プラズモン共鳴(Surface Plasmon Resonance:SPR)を利用したSPRセンサは,広帯域で高周波... [more] US2019-79 EA2019-92
pp.53-56
US 2019-11-11
13:50
静岡 静岡大学 パルスレーザー超音波法による皮質骨コラーゲン中の悪玉架橋が音速に与える影響の評価
倉岡正貴中村 司福永拓未安井寛和松川真美同志社大US2019-59
糖尿病患者の骨では,カルシウム密度が健常者と同等にも関わらず,骨強度が低下する結果が報告されている.その原因として,糖尿... [more] US2019-59
pp.11-15
US 2019-05-20
13:00
東京 機械振興会館 ウシ皮質骨における超音波誘発電位の部位依存性
中村 司牧野大輝高田峰聖福永拓未松川真美同志社大US2019-8
LIPUSによる難治性骨折治療では,部位ごとに治癒率が異なることなど,多くの臨床結果が報告されている.しかしながら,超音... [more] US2019-8
pp.1-5
EA, US
(併催)
2019-01-22
10:30
京都 同志社大学 [ポスター講演]レーザ超音波法によるウシ半月板の音速異方性評価
福永拓未倉岡正貴安井寛和松川真美同志社大US2018-89
レーザ超音波法を用いてウシ半月板中を伝搬する超音波の縦波音速を測定した.特に半月板の音速異方性について検討を行った.結果... [more] US2018-89
pp.51-54
EA, US
(併催)
2019-01-22
10:30
京都 同志社大学 [ポスター講演]糖尿病が骨の縦波音速に与える影響
安井寛和葛原由貴福永拓未原田裕生林 弘通池川雅哉松川真美同志社大US2018-90
骨強度の低下は骨折のリスクを増大させる要因の一つである.糖尿病患者の骨ではカルシウム密度が健常者と同等にも関わらず,骨強... [more] US2018-90
pp.55-59
SIS 2017-12-14
15:20
鳥取 鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館) 生体情報を用いた疲労の計測
福永 匠藤原直樹岸田 悟鳥取大SIS2017-42
本研究では,概日リズムの観点からフリッカー値と心拍数を用いて疲労を計測した.これらの結果,フリッカー値と心拍数は,睡眠か... [more] SIS2017-42
pp.51-55
CCS 2016-08-10
09:30
北海道 余市町中央公民館 Levyの安定分布のパラメータ推定および株価市場への応用
福永 匠梅野 健新谷 健京大CCS2016-21
 [more] CCS2016-21
pp.27-31
MBE, NC
(併催)
2016-03-23
11:15
東京 玉川大学 フリッカー値を用いた中枢性疲労の測定
福永 匠藤原直樹井上涼太田中章浩木下健太郎岸田 悟鳥取大NC2015-101
本研究で提案する疲労測定システムは,疲労生成部,データ収集部,データ処理部,評価部の4つのユニットで構成される.フリッカ... [more] NC2015-101
pp.185-188
RCS 2015-06-25
09:48
北海道 北海道大学 ヘテロジーニアスネットワークにおけるシステムスループット最大化を実現する適応セル選択法
福永拓巳東京理科大)・湯田泰明星野正幸パナソニック)・樋口健一東京理科大RCS2015-64
本稿では,ヘテロジーニアスネットワークの下りリンクにおいて,(p, α)プロポーショナルフェアネスに基づいて定義されたシ... [more] RCS2015-64
pp.107-112
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会