お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MoNA, IPSJ-DPS, IPSJ-MBL, IPSJ-ITS
(連催)
2018-05-25
15:40
沖縄 イーフ情報プラザ Software-Defined Network for Smart City
Tetsuro UedaAkira IdoueEiji UtsunomiyaKDDI ResearchMoNA2018-3
 [more] MoNA2018-3
pp.255-260
CS, NS, IN, NV
(併催)
2017-09-07
10:25
宮城 東北大学 電気通信研究所 Virtualized Scalable Software-Defined Network for Smart City
Tetsuro UedaAkira IdoueEiji UtsunomiyaKDDI ResearchNS2017-71
 [more] NS2017-71
pp.1-5
ASN 2016-11-17
11:00
愛知 名古屋大学 Evaluation of Routing Protocol for Energy Harvesting-Based Wireless Sensor Networks
Tetsuro UedaTomohiko OgishiKDDI ResearchASN2016-49
Since the energy of disposable battery in wireless sensor ne... [more] ASN2016-49
pp.25-29
CS, CQ
(併催)
2012-04-20
09:30
沖縄 石垣島官公労八重山会館 Spatial and Temporal Resource Utilization in Cognitive Networks for Non-Real-Time Applications
Tetsuro UedaTakeshi KitaharaNorihiro FukumotoShigehiro AnoKDDI Labs.CS2012-14
In this paper, we show one approach to increase the utility ... [more] CS2012-14
pp.77-81
MoNA, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS
(連催)
2011-06-03
17:30
岡山 岡山大学 創立五十周年記念館 Cognitive-Based Approach for Evolving Networks
Tetsuro UedaHajime NakamuraKDDI R&D LabsMoMuC2011-12
 [more] MoMuC2011-12
pp.167-171
ITE-BCT, ITE-CE
(共催)
MoNA, CQ
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2010-09-10
10:50
福岡 NHK福岡放送局 [特別講演]コグニティブ無線の実現に向けて ~ 周波数有効利用と信頼性の向上 ~
植田哲郎ATRCQ2010-43 MoMuC2010-33
コグニティブ無線は, 場所的時間的に空いている周波数を活用し, 新たに周波数獲得を獲得することなくモバイルトラフィックの... [more] CQ2010-43 MoMuC2010-33
pp.53-58(CQ), pp.59-64(MoMuC)
ITE-BCT, ITE-CE
(共催)
MoNA, CQ
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2010-09-10
13:00
福岡 NHK福岡放送局 Improving Transmission Quality for IEEE 802.11e Wireless LAN Access Networks
Oyunchimeg ShagdarKengo SakaiHiroyuki YomoAkio HasegawaTetsuro UedaRyu MiuraSadao ObanaATRMoMuC2010-34
無線LANシステムは広く普及されており、ファイルダウンロードなどのベストエフォートタイプのアプリケーションだけではなく、... [more] MoMuC2010-34
pp.65-69
IN 2010-07-09
14:10
北海道 北海道大学 Congestion Control for Wireless LAN Access Networks
Oyunchimeg ShagdarSuhua TangNoriyuki TaniguchiMorihiko TamaiHiroyuki YomoAkio HasegawaTetsuro UedaRyu MiuraSadao ObanaATRIN2010-40
 [more] IN2010-40
pp.103-108
RCS 2010-06-17
10:45
京都 京都大学 Exploiting Potential Throughput Metric for Access Point Selection in Wireless LANs
Suhua TangOyunchimeg ShagdarNoriyuki TaniguchiMorihiko TamaiHiroyuki YomoAkio HasegawaTetsuro UedaRyu MiuraSadao ObanaATRRCS2010-21
 [more] RCS2010-21
pp.19-24
IN, RCS
(併催)
2010-04-27
13:00
東京 機械振興会館 Improving Performance of Wireless Networks with Coordinated Transmit Power Control
Suhua TangHiroyuki YomoAkio HasegawaMehdad N. ShiraziTetsuro UedaRyu MiuraSadao ObanaATRRCS2010-11
 [more] RCS2010-11
pp.61-66
NS, IN
(併催)
2010-03-05
08:50
宮崎 宮崎シーガイア 公衆網自営網連携コグニティブ無線アクセスネットワークにおける自営網チャネル割当方式の評価
谷口典之宮本進生玉井森彦四方博之長谷川晃朗三浦 龍植田哲郎小花貞夫ATRNS2009-195
公衆網自営網連携コグニティブ無線アクセスネットワークの自営網において,各アクセスポイントは,使用するチャネルを無秩序に選... [more] NS2009-195
pp.191-196
SR 2010-01-22
15:30
東京 電気通信大学 [招待講演]Public-Private Cooperative Cognitive Radio Access Networks -- System Components, Technical Target and Issues, Key Functions and System Integration --
Tetsuro UedaHiroyuki YomoAkio HasegawaSadao ObanaATRSR2009-90
 [more] SR2009-90
pp.101-105
USN, AN, MoNA
(併催)
2010-01-22
09:20
静岡 アクトシティ浜松 異種無線メディアを用いたコグニティブ無線通信におけるQoSを考慮したトラフィック適応経路制御手法の提案
山本俊明植田哲郎小花貞夫ATRMoMuC2009-65
 [more] MoMuC2009-65
pp.63-68
CQ, NS, ICM
(併催)
2009-11-12
08:50
石川 金沢工業大学 無線ネットワークにおけるバックプレッシャ負荷制御方式
シャグダル オユーンチメグマハダッド ヌリ シラジ四方博之植田哲郎小花貞夫ATRCQ2009-39
パケット到達率,遅延,スループットなどの品質要求を満たすためには,チャネルに与える負荷とチャネルキャパシティのバランス化... [more] CQ2009-39
pp.5-10
NS, RCS
(併催)
2009-07-17
16:40
北海道 北海道大学 Improving Performance of WLAN with Joint AP Selection and Power Control
Suhua TangHiroyuki YomoMehdad N. ShiraziTetsuro UedaRyu MiuraSadao ObanaATRRCS2009-72
As more and more access points (AP) are deployed to enable s... [more] RCS2009-72
pp.113-118
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-04
14:55
神奈川 YRP 複数基地局協調MIMO通信方式における電力,タイミングおよび周波数オフセット差の影響に関する検討
山本俊明岩井誠人植田哲郎小花貞夫ATRRCS2008-225
 [more] RCS2008-225
pp.77-82
SR 2009-01-23
10:55
京都 京都大学(京大会館) 多様な無線システムの同時利用を考慮した階層化モバイルIPv6による移動通信方式の提案
玉井森彦酒井憲吾山本俊明長谷川晃朗植田哲郎小花貞夫ATRSR2008-80
無線通信インフラの整備に伴い,複数無線インタフェース(以下,I/F)を搭載した移動端末の普及が進んでいる.これらの端末で... [more] SR2008-80
pp.75-82
SR, RCS, USN, AN
(併催)
2008-10-22
14:00
沖縄 沖縄産業支援センター Network Coding Based Relay Scheme for Wireless LAN
Suhua TangHiroyuki YomoMehdad N. ShiraziTetsuro UedaRyu MiuraSadao ObanaATRAN2008-37
Network coding is an effective method to improve channel eff... [more] AN2008-37
pp.45-50
SR 2008-01-24
14:20
長野 立山プリンスホテル(長野県大町市) Mobility Impact on Dynamic Base Station Relocation in Cognitive Mesh Networks Using Packet Switch
Tetsuro UedaKazunori TakeuchiShoji KanekoShingo NomuraKDDI R&D Labs.SR2007-67
 [more] SR2007-67
pp.15-22
SR 2007-11-27
10:30
広島 広島国際大学 [ポスター講演]コグニティブ無線における無線環境情報の推移とその予測可能性に関する一検討
金子尚史野本真一植田哲郎野村眞吾竹内和則KDDI研SR2007-51
周囲の無線環境の認識結果に基づき,複数の無線メディアの中から最適な無線メディアにて通信を行うコグニティブ無線では,正確に... [more] SR2007-51
pp.35-41
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会