お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2022-07-29
15:25
北海道 北海道名寄市 駅前交流プラザ「よろーな」 大会議室A・B
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
焼きなまし法を用いた隣接三角形型格子システムに対する最適配置探索アルゴリズム
中村太信青木駿弥東海大)・秋葉知昭千葉工大R2022-13
 [more] R2022-13
pp.24-29
R 2022-07-29
15:50
北海道 北海道名寄市 駅前交流プラザ「よろーな」 大会議室A・B
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Ford-Fulkerson法の拡張による最小費用流問題の解法提案
秋葉知昭渡部友輝千葉工大)・山本久志都立大R2022-14
 [more] R2022-14
pp.30-35
R 2021-12-04
15:10
ONLINE オンライン開催 隣接三角形型格子システムに対する信頼度算出問題 ~ 再帰方程式とマルコフ連鎖を用いた方法の比較 ~
中村太信東海大)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志都立大R2021-39
 [more] R2021-39
pp.1-6
R 2021-12-04
16:35
ONLINE オンライン開催 全点間信頼性を考慮した二目的ネットワーク問題のパレート最適解の解探索空間削減法の検証
秋葉知昭金澤悠璃千葉工大)・高橋奈津美防衛大R2021-42
 [more] R2021-42
pp.19-24
R 2020-06-11
14:00
ONLINE オンライン開催 長方形型Connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(2,n):F システムの最適配置に関する研究
須井教大山本久志都立大)・中村太信東海大)・秋葉知昭千葉工大)・新里 隆玉川大R2020-1
 [more] R2020-1
pp.1-6
R 2020-05-29
14:40
愛媛 愛媛大学 城北キャンパス
(開催中止,技報発行なし)
長方形型Connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(2,n):F システムの最適配置に関する研究
須井教大山本久志都立大)・中村太信東海大)・秋葉知昭千葉工大
 [more]
R 2019-07-26
14:50
岩手 一関文化センター 遺伝的アルゴリズムによる信頼度を考慮した2目的ネットワークの設計法
高橋奈津美青学大)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京)・新里 隆玉川大R2019-16
本研究では全点間信頼度とコストを考慮した2目的ネットワーク設計問題に注目する.信頼度とコストの2つの評価尺度は,一般にト... [more] R2019-16
pp.13-18
R 2019-06-14
15:55
東京 機械振興会館 反復深化深さ優先探索を用いた最小費用流問題解法評価
秋葉知昭千葉工大)・高橋奈津美青学大)・山本久志首都大東京R2019-13
本研究ではネットワーク最適化問題の一つである最小費用流問題に注目する.この問題はネットワークのエッジに流量とコストが付与... [more] R2019-13
pp.25-30
R 2019-05-24
15:20
愛知 愛知工業大学 本山キャンパス トーラス型connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムのシステム信頼度算出方法
中村太信山本久志首都大東京)・秋葉知昭千葉工大R2019-6
本稿はトーラス型connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムに注目する.このシステムはコンポーネ... [more] R2019-6
pp.29-34
R 2018-07-27
14:00
北海道 ゆめホール知床(北海道斜里郡斜里町本町4番地) 全点間信頼度を考慮した2目的ネットワーク設計問題の遺伝的アルゴリズムを用いた解法
秋葉知昭千葉工大)・高橋奈津美青学大R2018-11
私たちの身の回りの世界には,「高速道路網」や「インターネット通信網」,「電話通信網」,「電力供給網」など,様々なネットワ... [more] R2018-11
pp.1-6
R 2018-07-27
14:25
北海道 ゆめホール知床(北海道斜里郡斜里町本町4番地) 単目的経路探索の効率性を応用した多目的ネットワークにおける経路探索過程
高橋奈津美宋 少秋青学大)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京R2018-12
最適な通信ルーティング探索システムなどのネットワークシステムは社会に幅広く存在している.これらのシステムは求める解の良し... [more] R2018-12
pp.7-12
R 2018-05-25
16:20
愛知 愛知工業大学 本山キャンパス 全域木を用いた多目的ネットワークにおける探索空間制限法
高橋奈津美青学大)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京)・宋 少秋青学大R2018-6
生産・物流管理計画システムや最適な通信ルーティング探索システムなどのネットワークシステムは社会に幅広く存在している.これ... [more] R2018-6
pp.31-36
R 2017-10-20
15:55
熊本 天草市民センター(天草市) 結合システムを用いた長方形型 connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(m,n): F システムのシステム信頼度算出方法
石川 匠首都大東京)・新里 隆玉川大)・中村太信肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京R2017-48
従来研究において,長方形型 connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(m,n): F システムの... [more] R2017-48
pp.23-28
R 2017-10-20
16:20
熊本 天草市民センター(天草市) 多目的を有する最適構成ネットワークの探索手法
高橋奈津美青学大)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京)・宋 少秋青学大R2017-49
最適な通信ルーティング探索システムや生産・物流管理計画システムなど,現代社会において,ネットワークシステムは幅広く存在し... [more] R2017-49
pp.29-33
R 2017-07-28
14:00
北海道 稚内サンホテル Connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムのsystem signature算出方法
中村太信山本久志首都大東京)・新里 隆玉川大)・肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大R2017-17
 [more] R2017-17
pp.19-24
R 2017-05-26
14:25
岡山 ピュアリティまきび Connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(m,n):Fシステムのsystem signature算出方法
中村太信山本久志肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大R2017-5
 [more] R2017-5
pp.25-30
R 2016-10-21
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 結合システムを用いた Linear Connected (1,2)-or-(2,1)-out-of-(2,n): F システムのシステム信頼度の関係式に関する研究
石川 匠首都大東京)・新里 隆一橋大)・中村太信肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京R2016-46
本研究では,2個のサブシステムを結合することによって Linear connected (1,2)-or-(2,1)-o... [more] R2016-46
pp.25-29
R 2015-07-31
13:20
青森 ホテルニューグリーン 行列表現を用いたconnected-(r, s)-out-of-(m, n):Fシステムのシステム信頼度算出方法 ~ m=r+1及びm=r+2の場合 ~
中村太信首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・肖 霄山本久志首都大東京R2015-14
 [more] R2015-14
pp.1-6
R 2015-05-22
14:35
島根 隠岐島文化会館 多目的ネットワークにおける最適経路の探索法
高橋奈津美山本久志首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・肖 霄首都大東京)・新行内康慈十文字学園女子大R2015-5
最適な通信ルーティング探索システムや生産・物流管理計画システムなど,現代社会において,ネットワークシステムは幅広く存在し... [more] R2015-5
pp.25-30
R 2014-12-19
13:15
東京 機械振興会館 Connected-(2, 2)-out-of-(3, n):Fシステムの信頼度式の導出に関する考察
中村太信肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京R2014-65
 [more] R2014-65
pp.1-6
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会