お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2022-11-24
10:45
福岡 福岡大学文系センター棟 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
減衰マップ推定手法における学習データ生成方法に関する検討
西川由明NEC)・松田崇弘都立大)・高橋英士大西健夫竹内俊樹NECCQ2022-47
減衰マップとは,観測領域内の遮蔽物による無線信号の減衰量の空間分布である.無線トモグラフィの手法を用いることにより減衰マ... [more] CQ2022-47
pp.1-6
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-17
13:30
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]工場内ネットワーク環境のための無線トモグラフィ
松田崇弘都立大)・西川由明高橋英士大西健夫竹内俊樹NECAP2022-168 RCS2022-179
無線トモグラフィは,領域内における遮蔽物による信号の減衰マップを推定する手法である.工場内等の屋内環境では,多くの場合厳... [more] AP2022-168 RCS2022-179
pp.116-121(AP), pp.137-142(RCS)
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-14
10:40
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]バイナリ無線トモグラフィのためのMUSIC法を用いたLOS/NLOS識別法
田中海斗篠原徹也松田崇弘都立大)・西川由明都立大/NEC)・高橋英士大西健夫竹内俊樹NEC
無線トモグラフィは,無線端末間で送受信された受信信号より領域内の減衰マップを推定する技術である.厳しいマルチパス環境であ... [more]
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-16
10:50
北海道 北海道立道民活動センター (かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LOS/NLOS識別に基づくバイナリ無線トモグラフィ
松田崇弘都立大)・西川由明高橋英士大西健夫竹内俊樹NECCQ2022-40
無線トモグラフィは,領域内における遮蔽物による信号の減衰マップを推定する手法であり,本稿では,工場内を想定した屋内での無... [more] CQ2022-40
pp.91-96
SR 2021-11-05
10:25
ONLINE オンライン開催 深層学習を用いた無線信号検出の高速化に関する一検討
大辻太一阿部太郎鈴木克明竹内俊樹NECSR2021-51
周波数を効率的に使用するために,広帯域の無線信号に対して,リアルタイムかつ高い周波数分解能で信号検出が可能であることが求... [more] SR2021-51
pp.58-64
CQ
(第二種研究会)
2021-01-21
10:20
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]Private LTEアクセスポイントを用いた受信電力マップ補正手法
西川由明竹内俊樹山 哲夫NEC
 [more]
SR 2020-11-18
10:50
ONLINE オンライン開催 深層学習を用いた二段階の変調方式推定手法
岸本 薫高橋清彦大辻太一竹内俊樹倉橋茂之NECSR2020-24
変調方式推定は,周波数共用システム等において一次ユーザあるいは他の二次ユーザの通信方式を推定する場合に応用される技術であ... [more] SR2020-24
pp.10-16
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
14:35
北海道 函館アリーナ 物理層の特徴量を用いた送信機個体識別に対する伝搬損失の影響評価
大辻太一相馬達也竹内俊樹狐塚正樹國弘和明NECRCC2018-31 NS2018-44 RCS2018-86 SR2018-25 ASN2018-25
無線機は,アナログ回路のばらつき等により微小な個体差が存在し,受信電波から端末固有の個体差を抽出することで,送信機の個体... [more] RCC2018-31 NS2018-44 RCS2018-86 SR2018-25 ASN2018-25
pp.37-43(RCC), pp.43-49(NS), pp.37-43(RCS), pp.25-31(SR), pp.53-59(ASN)
MVE, ITE-HI
(連催)
2018-06-14
14:30
東京 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(会場変更になりました) Study on Travel Planning Method through Must-visiting Planning by Using Bidirectional LSTM
ZihJia LiouNCTU)・Masato NomiyamaToshiki TakeuchiTomohiro TanikawaTakuji NarumiMichitaka HiroseUTokyoMVE2018-4
 [more] MVE2018-4
pp.47-52
MVE, ITE-HI
(連催)
2016-07-20
15:15
東京 東京大学山上会館 タスク処理行動に関するライフログを用いたタスク成否予測の基礎的検討
三田涼介竹内俊貴谷川智洋鳴海拓志廣瀬通孝東大MVE2016-8
本研究では,タスク処理に関して蓄積されたライフログを解析し,機械学習を用いたタスクの成否予測器を構築することを目的とする... [more] MVE2016-8
pp.31-36
MVE, ITE-HI
(連催)
2016-07-20
15:45
東京 東京大学山上会館 自動車の空間移動履歴に基づく体験の流れを考慮した観光計画システム
野見山真人竹内俊貴東大)・鬼丸寛之本田技研)・谷川智洋鳴海拓志廣瀬通孝東大MVE2016-9
自動車の約7割がナビを搭載している中,自動車観光において既存のナビは経路案内という形でしか観光支援を行わない.そのためユ... [more] MVE2016-9
pp.37-42
SR 2016-01-21
13:55
長崎 福江文化会館 [招待講演]Mobile Edge Computingの動向とNECにおける取り組み
竹内俊樹岩井孝法池川将夫NECSR2015-74
近年、モバイルネットワーク領域では、国内でも第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)が設立されるなど、第5世代移動通信... [more] SR2015-74
p.17
RCS 2015-10-01
09:00
神奈川 YRP(横須賀) 製造現場における多種無線通信実験 ~ Flexible Factory実現に向けて ~
板谷聡子長谷川 淳雨海明博尾関 敦江連裕一郎伊藤 睦竹内俊樹小林 宰林 岳長谷川晃朗丸橋建一児島史秀NICTRCS2015-156
 [more] RCS2015-156
pp.1-6
RCS 2015-10-01
09:25
神奈川 YRP(横須賀) 製造現場における多種無線通信実験 ~ 920MHz帯における通信品質検証 ~
長谷川 淳板谷聡子雨海明博尾関 敦江連裕一郎伊藤 睦竹内俊樹小林 宰林 岳長谷川晃朗丸橋建一児島史秀NICTRCS2015-157
本稿では,製造現場における環境と用途に応じた適応的無線制御方式の実現に向け,稼働中の工場において多種類の無線通信性能評価... [more] RCS2015-157
pp.7-12
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2012-06-26
15:15
東京 東京大学山上会館 ライフログを用いた未来予測によるタスク進行管理手法の検討
田村洋人小川恭平竹内俊貴鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2012-16
本研究は,ライフログを分析して未来のタスクの進捗状況を予測・提示するシステムを構築し,ユーザに円滑なタスクの進行を促すこ... [more] MVE2012-16
pp.43-48
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2011-06-28
10:50
東京 東京大学山上会館 発話率のフィードバックによる食事コミュニケーション支援
小川恭平竹内俊貴西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2011-14
本研究は,食事中の発話量をユーザの望む方向へ変化させ,食事コミュニケーションを支援することを目的とする.食事中のユーザの... [more] MVE2011-14
pp.1-6
MVE 2011-05-13
11:00
茨城 筑波大学 PRIMA ~ 異なる時間軸上のユーザとのインタラクションを実現するシステム ~
竹内俊貴中島統太郎西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2011-1
我々は,複数台のKinectセンサを用いて,異なる時間軸上のユーザとのインタラクションを実現するシステム,“PRIMA ... [more] MVE2011-1
pp.7-12
MVE, ITE-HI
(連催)
2010-06-30
09:30
東京 東京大学山上会館 レシートログと消費行動に関する未来予測
竹内俊貴鳴海拓志西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2010-40
本研究では,過去の購買情報から未来の消費行動を予測・提示することで,ユーザの収支バランスの改善を図ることを目的とする.ま... [more] MVE2010-40
pp.99-104
ICD 2005-12-15
11:20
高知 高知工科大 HSDPAコプロセッサ拡張用スケーラブルバスインタフェース
竹内俊樹井倉裕之NEC)・橋本 剛NECエレクトロニクス)・津村聡一西 直樹NEC
本稿では,W-CDMAベースバンドプロセッサのHSDPAコプロセッサ拡張用に開発したスケーラブルバスについて報告する.H... [more] ICD2005-184
pp.7-11
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会