お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2018-01-26
09:30
福岡 福岡大学 広帯域周波数利用観測におけるWelch FFT-電力検出法のパラメータ設定に関する研究
玉木義孝梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大)・Miguel Lopez-Benitezリヴァプール大SR2017-100
高効率な周波数共用の実現のためには,広帯域にわたる周波数利用観測を行って現行の周波数利用の統計情報を収集する必要がある.... [more] SR2017-100
pp.35-42
SR 2017-05-25
13:00
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017 会場内) 広帯域周波数利用観測における周波数利用特性を考慮した観測パラメータ設定法の一検討
玉木義孝梅林健太東京農工大SR2017-5
本稿では、複数チャネルを同時に観測する広帯域周波数利用観測における観測信号処理パラメータの適切な設定法を提案する.
ダ... [more]
SR2017-5
pp.25-31
SR 2017-05-26
10:00
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017 会場内) [技術展示]スマートスペクトラムアクセスプロトタイプの開発
岩田大輝梅林健太玉木義孝長 大樹佐藤 遼東京農工大)・成枝秀介明石高専SR2017-16
Smart spectrum access (SSA) は高度化したdynamic spectrum access (D... [more] SR2017-16
pp.97-104
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-21
10:50
愛知 名古屋工業大学 [ポスター講演]広帯域周波数利用観測システムにおける観測機のパラメータ設定法に関する一検討
玉木義孝梅林健太東京農工大RCC2016-28 NS2016-62 RCS2016-115 SR2016-45 ASN2016-36
統計情報を用いたDSA実現の方法として,Smart Spectrum Access(SSA)が提案されており,SSAでは... [more] RCC2016-28 NS2016-62 RCS2016-115 SR2016-45 ASN2016-36
pp.79-86(RCC), pp.61-68(NS), pp.109-116(RCS), pp.79-86(SR), pp.61-68(ASN)
SR 2016-01-22
11:30
長崎 福江文化会館 混合ベータ分布を用いたDuty Cycleのモデル化の一検討
小林雅直玉木義孝梅林健太鈴木康夫東京農工大SR2015-83
本論文では,周波数利用統計情報の一つであるDuty Cycle(DC)に関して,短期間DCの統計値のモデル化及び短期間D... [more] SR2015-83
pp.75-80
SR, SRW
(併催)
(第二種研究会)
2015-10-27
09:30
東京 構造計画研究所(本所新館) [技術展示]Spectrum awareness system prototype for smart spectrum access
Kenta UmebayashiRiki MizuchiHiroki IwataKazuhiro HayashiMasanao KobayashiSamuli TiiroYoshitaka TamakiTatsuya MaruyamaTUAT)・Janne LehtomakiUoO)・Miguel Lopez-BenitezUoL)・Yasuo SuzukiTUAT
 [more]
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会