お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-15
13:15
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Opportunistic Routingを用いたLPWAメッシュネットワークにおける転送待機時間の解析
小林侑太芝浦工大)・細沼恵里東大)・山崎 託三好 匠新津善弘シルバーストン トーマス芝浦工大NS2022-56
著者らは,多地点に設置したセンサから得られる情報を収集するため,低消費電力かつ広域通信が可能なLPWA(Low powe... [more] NS2022-56
pp.143-146
NS 2021-10-07
11:05
ONLINE オンライン開催 実環境におけるLPWAメッシュネットワークの特性評価に向けた検討
小林侑太細沼恵里山崎 託三好 匠新津善弘シルバーストン トーマス芝浦工大
様々な状況下でセンサ類からの情報を収集するため,低消費電力かつ広域通信が可能なLPWA(Low power wide a... [more]
ET 2020-09-10
10:20
石川 北陸先端科学技術大学院大学 金沢駅前オフィス プログラミング的思考を操作として展開・評価する学習環境の提案
小林祐太長谷川 忍北陸先端大ET2020-12
令和2年度から導入された初等教育におけるプログラミング学習では,学習の過程で獲得される「プログラミング的思考」の育成が推... [more] ET2020-12
pp.13-18
CS, CAS
(共催)
2020-02-27
14:05
熊本 崇城大学 [依頼講演]TSNの実現に向けたタイムアウェアシェイパーのソフトウェア実装
オゲ ヤースィン小林優太山浦隆博前川智則東芝CAS2019-106 CS2019-106
本発表では,指定時刻送信機能を用いてタイム・センシティブ・ネットワーキング向けのトラヒックシェーピングを行う手法を紹介す... [more] CAS2019-106 CS2019-106
pp.49-54
MW, AP
(併催)
2019-09-20
14:35
神奈川 JAXA (相模原) [招待講演]50kg級超小型深宇宙探査機「PROCYON」搭載GaN高出力アンプ
小林雄太JAXA)・吉田賢史鹿児島大)・川﨑繁男JAXAMW2019-61
近年,超小型衛星の地球周回軌道での活躍は目覚ましいが,東京大学とJAXA/ISASが共同で開発し,2014年12月3日に... [more] MW2019-61
p.35
ICM, LOIS
(共催)
2019-01-25
10:20
鹿児島 鹿児島県文化センター 千葉大学学術リソースコレクション(c-arc) ~ 大学図書館における情報システム開発事例 ~
檜垣泰彦池田光雪石田 唯岩井愛子小林裕太髙木晃子田川裕美千葉明子野田英明檜原啓一藤本茂雄高橋菜奈子千葉大ICM2018-45 LOIS2018-51
研究成果や研究資源などのデジタルリソースを教育の場に活用し,それによって教育の質的転換をめざす『デジタル・スカラシップ』... [more] ICM2018-45 LOIS2018-51
pp.51-56
NS 2019-01-18
14:35
長崎 長崎県美術館 [奨励講演]指定時刻送信機能を用いたIEEE 802.1Qbvトラヒックシェーパーのタイミング精度評価
オゲ ヤースィン小林優太山浦隆博前川智則東芝NS2018-186
本論文では,指定時刻送信機能を用いてタイム・センシティブ・ネットワーキング向けのトラヒックシェーピングを行う手法を提案す... [more] NS2018-186
pp.47-52
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2018-08-30
15:05
北海道 函館北洋ビル8階大ホール [招待講演]宇宙光通信の現状,将来と技術課題
荒木智宏小林雄太水田栄一JAXAOCS2018-22
(事前公開アブストラクト) 宇宙光通信の現状、将来像と、将来像の実現に向けた技術課題について報告し、
技術課題に対する... [more]
OCS2018-22
pp.15-23
NS 2018-05-18
10:20
神奈川 横浜市教育会館 指定時刻送信機能を用いたIEEE 802.1Qbvトラヒックシェーパーの実装と評価
オゲ ヤースィン小林優太山浦隆博前川智則東芝NS2018-25
本論文では,指定時刻送信機能を用いてタイム・センシティブ・ネットワーキング向けのトラヒックシェーピングを行う手法を提案す... [more] NS2018-25
pp.57-62
LOIS, IPSJ-CN, IPSJ-SPT
(連催)
2018-05-10
16:40
東京 津田塾大学 千駄ヶ谷キャンパス 千葉大学アカデミック・リンク・センターにおけるデジタル・スカラシップ開発
檜垣泰彦藤本茂雄池田光雪千葉明子小林裕太檜原啓一高橋菜奈子竹内比呂也千葉大LOIS2018-1
千葉大学アカデミック・リンク・センターは『考える学生』を育成することを目的として2011年に設置された.コンテンツ整備関... [more] LOIS2018-1
pp.37-42
NS 2016-10-20
14:25
兵庫 姫路・西はりま地場産業センター [ポスター講演]次世代インターネットに向けたLISPルータ集約方法の一検討
小林裕太小川猛志東京電機大NS2016-91
現在,企業ネットワークなどにおいて,耐障害性の向上,回線負荷の軽減などを目的にマルチホームが利用されているが,BGP(B... [more] NS2016-91
pp.19-22
WBS 2016-10-06
16:30
神奈川 防衛大学校 [招待講演]宇宙光通信の最新動向とJAXAにおける研究開発
荒木智宏小林雄太JAXAWBS2016-47
 [more] WBS2016-47
pp.85-90
US 2016-07-29
15:20
福岡 九州大学 筑紫キャンパス メタ表面構造を用いた吸音およびエナジーハーべスティングデバイスの設計
小林祐太石川 篤鶴田健二岡山大US2016-34
 [more] US2016-34
pp.15-17
IN, NS, CS, NV
(併催)
2015-09-04
17:05
岩手 岩手県公会堂 Dos攻撃・なりすまし・名寄を防ぐ動的な匿名閉域通信方式の検討
小川猛志小林裕太宮保憲治東京電機大NS2015-84
現状のインターネットには,DoS攻撃やIPアドレスのなりすまし・名寄せなどの問題がある.本稿では,次世代のインターネット... [more] NS2015-84
pp.77-82
CPM 2014-10-24
15:20
長野 信州大学工学部 地域共同研究センター3階研修 キャンパスマップ17番 TEOSを用いた熱CVD法による4H-SiC MIS特性に対するH2アニールの効果
狩野巧生赤羽桂幸小林悠太山上朋彦上村喜一信州大CPM2014-109
TEOSを用いた熱CVD法により4H-SiC(0001)Si面にSiO2膜を形成し、作製したSiO2/SiCキャパシタの... [more] CPM2014-109
pp.25-28
SANE 2014-05-23
10:50
神奈川 JAXA 相模原キャンパス 50kg級超小型深宇宙探査機PROCYONにおける軽量X帯搭載深宇宙通信システムの開発
冨木淳史小林雄太JAXA)・小島 要新家隆広アドニクス)・青木 勝土屋慎二郎ディーエスティー)・重田 修布村仁志アイ電子)・羽賀俊行奥野秀一石川雅澄神田泰明アンテナ技研)・大森義智アルモテック)・船瀬 龍東大)・川勝康弘JAXASANE2014-10
 [more] SANE2014-10
pp.1-6
SANE 2014-05-23
15:35
神奈川 JAXA 相模原キャンパス Delta-DOR計測の精度向上手法について
竹内 央冨木淳史小林雄太JAXASANE2014-18
 [more] SANE2014-18
pp.49-50
SANE 2012-10-11
14:20
海外 The SONGDO CONVENSIA, Incheon Korea Preliminary Design of X-band High Efficiency Onboard Solid State Power Amplifier for Deep Space Missions Using GaN HEMT
Yuta KobayashiAtsushi TomikiShinichiro NaritaShigeo KawasakiJAXASANE2012-74
One of the most indispensable impacts on onboard power consu... [more] SANE2012-74
pp.101-105
MW
(ワークショップ)
2012-08-08
- 2012-08-10
海外 Chulalongkorn University, Thailand Evaluation of 5-GHz Band MIMO Communication Quality Under the Wireless Power Transmission Situation in a Spacecraft
Shuntaro TashiroTokyo University of Science)・Takumasa NojiTokyo Metropolitan University)・Takako KuroyanagiNihon Univ.)・Goh FukudaTokyo University of Science)・Yuta KobayashiSatoshi YoshidaYusuke MaruYoshihiro NaruoShigeo KawasakiJAXA/ISAS
Effects on multiple inputs multiple outputs (MIMO) communica... [more]
SANE 2011-04-21
13:25
長野 JAXA 臼田宇宙空間観測所 カテゴリーA領域汎用マルチバンドトランスポンダ概念検討
粟野穰太戸田知朗冨木淳史小林雄太高田 昇JAXASANE2011-2
 [more] SANE2011-2
pp.7-12
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会