お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 219件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, ICTSSL, IEE-SMF
(連催) ※学会内は併催
2023-10-19
09:00
福岡 福岡大学 文系センター棟15階 第6会議室 IoT-ZTNシステムに対する攻撃メッセージの影響と調査
櫻井雄大水野 修工学院大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS 2023-10-04
17:55
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
OpenID ConnectにおけるIDトークンの悪用に対するアクセス制御手法の提案
湯浅潤樹笹田大翔妙中雄三門林雄基奈良先端大NS2023-81
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] NS2023-81
pp.53-58
IA 2023-09-21
16:30
北海道 北海道大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
IoT-ZTNシステムゲートウェイにおけるアクセス制御方式の性能評価
櫻井雄大水野 修工学院大IA2023-17
IoTシステムを標的としたサイバー攻撃が増加している.脅威は外部ネットワークだけでなく,内部ネットワークにも存在する.我... [more] IA2023-17
pp.38-42
SIP 2023-08-07
12:50
大阪 大阪大学吹田キャンパス コンベンションセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プライバシー保護を考慮したVision Transformerのための画像暗号化法の拡張
Lin Haiwei今泉祥子千葉大)・貴家仁志都立大SIP2023-46
本稿では,画像および学習済みのモデルを暗号化することで,正規ユーザに対してのみ,暗号化領域での画像分類精度の劣化を生じさ... [more] SIP2023-46
pp.1-6
IA, ICSS
(共催)
2023-06-21
09:55
佐賀 佐賀大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
グループ内アクセス履歴を用いたファイル相関性推測に基づくアクセス制御手法
小高佑紀総研大)・長谷川皓一高倉弘喜NIIIA2023-8 ICSS2023-8
ファイルのアクセス制御は組織内外の不正アクセスから情報を保護するための有効な手段である。しかし、組織構造に基づいた従来手... [more] IA2023-8 ICSS2023-8
pp.40-47
IN, NS
(併催)
2023-03-03
10:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
NDNにおけるプライバシィ保護を考慮したアクセス制御方式
深川悠馬上山憲昭立命館大NS2022-221
通信開始に先立つ名前解決を行わずにコンテンツの名称で要求パケット(Interest)を転送し,Publisherからの応... [more] NS2022-221
pp.310-315
IN, NS
(併催)
2023-03-03
12:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ブロックチェーン技術を適用したIoTデータ流通方式の提案
熊﨑駿人田家隆文長岡英進水野 修工学院大IN2022-110
我々は,複数種のIoTデータの収集/解析,スケーラビリティとセキュリティに対応したIoTデータ流通基盤の実現として,複数... [more] IN2022-110
pp.265-270
NS, NWS
(併催)
2023-01-26
13:00
山口 ハイブリッド開催(山口県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]ゼロトラストアクセス制御機構のための行動的・認知的バイオメトリクスを用いたユーザ真正性検証手法
笹田大翔妙中雄三門林雄基奈良先端大NS2022-153
近年,テレワークの普及により業務に必要な機密データへの遠隔アクセスが急増しており,時間/場所を問わずにアクセス制御可能な... [more] NS2022-153
pp.19-24
SeMI, SeMI
(併催)
2023-01-20
10:30
徳島 鳴門グランドホテル海月
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
準狭帯域無線システムDR-IoTの基本アーキテクチャの設計
石原 進淺野心夏梅本亮佑静岡大)・加藤新良太梶田宗吾スペースタイムエンジニアリング)・山本 寛立命館大)・井家上哲史明大)・髙井峰生阪大SeMI2022-97
大規模災害発生時に複数の異なる組織が災害関連情報を効率的かつ効果的に収集・共有・分析し意思決定を行うためのデジタル自営無... [more] SeMI2022-97
pp.119-124
IN, IA
(併催)
2022-12-13
15:50
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ユーザ信用度を考慮した動的アクセス制御遅延の環境差検証
篠田 優名大)・長谷川皓一NII)・嶋田 創山口由紀子名大)・高倉弘喜NIIIA2022-66
今日,テレワークの増加などの環境変化により,企業のネットワークにおいて情報セキュリティ上の危険は増加している.
そこで... [more]
IA2022-66
pp.91-98
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2022-11-18
15:55
ONLINE オンライン開催 トークンによるトークンの流通制御
藤村 考大妻女子大ISEC2022-42 SITE2022-46 LOIS2022-26
チケット、バウチャー、クーポン、ライセンスなどの様々な権利をブロックチェーン上でトークンとして流通するための汎用的なトー... [more] ISEC2022-42 SITE2022-46 LOIS2022-26
pp.73-78
RCS 2022-10-28
15:30
愛媛 愛媛大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]結合振動子の同期現象モデルを利用した無線LANメディアアクセス制御に関する研究
小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大RCS2022-154
無線LANはインターネットへのアクセス回線の主流となっているものの接続端末数の増加によるスループット低下が問題となる.
... [more]
RCS2022-154
pp.116-117
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
11:10
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ゼロトラストネットワークに基づくIoTシステムの構築
櫻井雄大長岡英進水野 修工学院大NS2022-41
IoTデバイスの増加に伴ってIoTシステムを狙ったサイバー攻撃が増加している.サイバー攻撃は外部ネットワークからだけでな... [more] NS2022-41
pp.71-76
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2022-03-10
12:05
ONLINE オンライン開催 コンテナ型仮想化を利用した分散アクセス制御システムの実装と評価
立花斐斗入江英嗣坂井修一東大CPSY2021-47 DC2021-81
分散アクセス制御 (DIFC)はポリシーをアプリケーション開発者によって設定することで,強制アクセス制御(MAC)に比べ... [more] CPSY2021-47 DC2021-81
pp.14-19
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
15:40
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 無線マルチホップ環境における同期範囲を考慮したSP-MACに基づくメディアアクセス制御
中村一貴小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大CQ2021-132
近年,無線マルチホップ通信を用いた緊急災害時の情報収集のためのアプリケーションの開発が行われている.
しかし,無線マル... [more]
CQ2021-132
pp.170-175
EMM 2022-03-07
16:35
ONLINE 長崎大学 文教スカイホール
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
特性劣化を生じさせない Vision Transformer モデルのアクセス制御
飯島諒太木下裕磨貴家仁志都立大EMM2021-104
本稿では,学習済みモデルを正規ユーザー以外に利用できないようにする新たなアクセス制御手法を提案 する.従来のアクセス制御... [more] EMM2021-104
pp.70-75
EMM 2022-01-27
13:25
ONLINE オンライン開催 物体検出モデルのための秘密鍵を用いた特徴マップ変換法によるアクセス制御手法
永森 輝伊藤広樹エイプリルピョン マウンマウン貴家仁志都立大EMM2021-85
本稿では, 秘密鍵を用いて特徴マップを変換して物体検出モデル学習を実行することによって,鍵を持たない不正アクセスを制御す... [more] EMM2021-85
pp.7-12
SR 2022-01-25
14:40
ONLINE オンライン開催 冗長検査情報を用いたIEEE 802.11ax無線LAN向けアクセス制御・伝送レート制御の性能評価
矢野一人鈴木健太オジェツンデ ババツンデATR)・山本高至京大SR2021-81
無線LANをはじめとした免許不要帯における無線通信のトラヒックは増加の一途を辿っており,多数の無線システムやユーザが存在... [more] SR2021-81
pp.103-110
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-25
17:10
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ICNにおける個別鍵配送を用いたアクセス制御方式
深川悠馬福岡大)・上山憲昭立命館大CQ2021-71
通信開始に先立つ名前解決を行わずにコンテンツの名称で要求パケット(Interest)を転送し,Publisherからの応... [more] CQ2021-71
pp.35-40
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-26
16:15
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ユーザ真正性を検証するゼロトラストアクセス制御機構の設計と試作
笹田大翔増田祐斗妙中雄三門林雄基Doudou Fall奈良先端大NS2021-95
テレワーク普及によって,セキュリティ対策が不十分で信頼できない環境からも,業務で必要なデータに遠隔からアクセスする機会が... [more] NS2021-95
pp.56-61
 219件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会