お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MSS, SS
(共催)
2023-01-11
13:55
大阪 大阪市立生涯学習センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SBFLの欠陥限局精度向上を目的としたSoftアサートの調査
三原公平柗本真佑楠本真ニ阪大MSS2022-57 SS2022-42
ソースコード中の欠陥を全自動で特定する方法として,Spectrum-Based Fault Localization(S... [more] MSS2022-57 SS2022-42
pp.72-77
HCS 2010-08-28
09:30
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号棟N 職場における対人葛藤と解決方略としてのアサーション ~ 上司に異見を述べる場面の事例から ~
大沢裕子早大HCS2010-30
職場において,自分より目上の相手に対人葛藤を抱いた際,実践が難しいとされる自分の意見を表明する方略を用いて葛藤を解決した... [more] HCS2010-30
pp.19-24
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-08
15:10
兵庫 神戸大学 局所変数を含むアサーションに対するモデルチェッキングのためのチェッカ生成
竹内 翔・○浜口清治垣内洋介柏原敏伸阪大
機能検証のための手段としてアサーションを用いたモデルチェッキングが注
目されている.SVAでは,アサーション中に局... [more]
VLD2008-3
pp.13-18
CPSY, VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2005-01-25
13:30
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス [招待講演]IP再利用を容易化する検証IPとアサーション ~ 検証IPとSTARCにおける取り組み ~
今井正紀半導体理工学研究センター
複雑化するSoCと製品サイクルの縮小に対応するため設計生産性向上への要求が増大している。IP再利用がその解決には必須であ... [more] VLD2004-103 CPSY2004-69
pp.35-38
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会