お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IE, CS
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-12-05
17:45
岩手 アイーナ いわて県民情報交流センター [特別招待講演]ディジタル信号処理からみたOFDM ~ アップサンプリングが必要なケースについて ~
上田裕巳東京工科大CS2019-80 IE2019-60
本論文は,標本化周波数の整数倍で周波数成分が繰り返されるディジタル信号処理の観点から,OFDM (Orthogonal ... [more] CS2019-80 IE2019-60
pp.75-82
EMCJ, IEE-SPC
(併催)
2019-11-15
16:15
東京 機械振興会館 6階67号室 サンプリング定理による電界強度分布測定位置最適化の基礎検討
緑 雅貴本谷智宏栗原 弘TDKEMCJ2019-74
電子機器等の放射妨害波試験は,一般に放射妨害波の電界強度が最大となる位置にて行われる.電界強度が最大となる位置を探すため... [more] EMCJ2019-74
pp.17-22
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
13:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]計算スケジューリング最適化による方向性Cubic補間の高速化
佐々木大寛前田慶博中村将大福嶋慶繁名工大EA2017-128 SIP2017-137 SP2017-111
方向性Cubic補間は,エッジの方向性を考慮した高精度な画像アップサンプリング手法である.
この手法は,まず原画素から... [more]
EA2017-128 SIP2017-137 SP2017-111
pp.149-154
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2017-03-06
11:15
福岡 九州大学大橋キャンパス 5号館 時間相関を用いたRGBDカメラにより得られる距離映像の空間解像度向上
土屋敦彦杉村大輔浜本隆之東京理科大IMQ2016-27 IE2016-142 MVE2016-50
カラー情報とデプス情報を同時に取得できるデプスカメラから得られるデプス画像はカラー画像と比較して空間解像度が低い.
本... [more]
IMQ2016-27 IE2016-142 MVE2016-50
pp.43-46
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会