お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2022-10-07
15:15
福岡 久留米大学 福岡サテライト
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
耐侵入システムにおけるプル型セキュリティパッチ管理方策に関する考察
鄭 俊俊阪大)・岡村寛之土肥 正広島大R2022-37
本稿では,耐侵入システムにおけるプル型セキュリティパッチ管理方策に着目する.攻撃動作とシステムの侵入防御動作は複合確率的... [more] R2022-37
pp.31-36
R 2019-11-28
15:35
大阪 中央電気倶楽部 非周期チェックポインティングを伴う非マルコフ型アベイラビリティモデルの最適ソフトウェア若化方策に関する考察
鄭 俊俊立命館大)・岡村寛之土肥 正広島大R2019-47
本稿では,非周期チェックポインティングを伴う非マルコフ型アベイラビリティモデルの最適ソフトウェア若化方策について考察する... [more] R2019-47
pp.23-28
R 2017-12-15
15:55
東京 機械振興会館 EC TC 56総合信頼性(ディペンダビリティ)の動向 ~ 2017年東京大会報告 ~
益田昭彦R7実践工房)・○原田文明富士ゼロックスアドバンストテクノロジー)・後藤博之FDK)・髙村博紀JQA)・武山 誠木下佳樹神奈川大)・佐藤吉信医療の質向上研R2017-60
IEC TC 56「総合信頼性(ディペンダビリティ)」の全体会議が東京で開催された.まず,初日の全体会議に先立ち,森氏(... [more] R2017-60
pp.25-30
R 2013-12-13
15:00
東京 機械振興会館 船舶の推進システムのアンアベイラビリティについて
岡崎忠胤東京海洋大)・三友信夫日大R2013-83
輻輳海域を航行中の船舶や離着桟操船中の船舶において,推進器システムが故障すると海難事故につながる恐れがある.輻輳海域の航... [more] R2013-83
pp.25-29
AN, USN, SR, RCS
(併催)
2010-10-27
15:00
大阪 大阪大学 へテロジニアス無線による品質特性改善についての解析的検討 ~ 伝送品質パラメータの実験による測定と品質改善特性の解析 ~
樫木勘四郎福原忠行山口 明鈴木利則KDDI研SR2010-46
複数の異なる無線システムを利用するへテロジニアス無線において,コグニティブ無線技術を適用してシステムの選択制御を行う場合... [more] SR2010-46
pp.41-48
IA 2009-01-29
14:15
東京 機械振興会館 ディペンダブルシステム構築におけるインフラストラクチャ
伊藤本弘小野 諭工学院大IA2008-63
近年,企業ではサーバの仮想化及び統合が進められ,利用効率やコスト削減を達成している.一方でミッションクリティカル性が増大... [more] IA2008-63
pp.89-93
DC 2008-12-12
16:30
山口 サンライフ萩 鉄道信号装置のリスク評価法の検討
岩田浩司渡辺郁夫鉄道総研DC2008-67
鉄道信号装置は、装置の障害が重大事故に直結する可能性が大きいことから、信頼性とともに高い安全性が要求される。また近年、R... [more] DC2008-67
pp.45-50
R 2008-05-30
15:00
兵庫 神戸学院大学 IMS-based VoIPネットワークシステムの定量的セキュリティ分析
植村俊和・○土肥 正海生直人広島大R2008-12
マルチメディア無線ネットワークにおいて, 音声情報を各種符号化方式に基づいて圧縮し, パケットに変換した上で IP ネッ... [more] R2008-12
pp.19-24
R 2007-06-22
13:00
東京 機械振興会館 単一チームにより修理される冗長システムのアンアベイラビリティ解析 ~ マルコフ解析の問題点とその解決 ~
小杉のぶ子陶山貢市東京海洋大R2007-14
現実的かつ実用上重要な単一チームにより修理される冗長システムに対しては,従来から状態遷移図に基づくマルコフ解析が行われて... [more] R2007-14
pp.1-6
CPSY, DC
(共催)
2006-04-14
10:00
東京 東大武田ホール 多世代データ保持のためのデータ複製プロトコル
池田貴彦新井雅之福本 聡岩崎一彦首都大東京
データ複製配置手法では,データの書き込みと読み込みにおけるオーバヘッドバランスの調整を目的とした種々のプロトコルが提案さ... [more] CPSY2006-3 DC2006-3
pp.13-18
R, SSS
(共催)
2005-12-16
13:25
東京 機械振興会館 単一チームにより修理されるシステムのマルコフ解析
岩間一雄東京海洋大/インターリスク総研)・下平庸晴インターリスク総研)・佐藤吉信陶山貢市東京海洋大
一般に、単一修理チームをもつ冗長システムのアンアベイラビリティの導出にマルコフモデルを用いている.
しかし,マルコフモ... [more]
R2005-48 SSS2005-27
pp.5-10
R 2005-07-15
16:15
北海道 釧路市生涯学習センター 逐次的チェックポイント配置の厳密解法
尾崎達也・○土肥 正広島大)・海生直人広島修道大
本稿では,定常状態におけるシステムアベイラビリティ評価規範の下で,2種類のモデルに対する逐次的チェックポイント配置問題に... [more] R2005-28
pp.41-46
R 2005-05-27
13:55
兵庫 神戸学院大学 ソフトウェア若化を伴うアベイラビリティモデルの過渡解析
鈴木裕昭・○土肥 正広島大)・海生直人広島修道大
本論文では,著者らによって解析されたソフトウェア若化を伴うアベイラビリティモデルの過渡解析を行うことを目的とする.すなわ... [more] R2005-10
pp.13-18
IA 2004-05-26
11:00
福島 清稜山倶楽部(磐梯熱海温泉) IP網の信頼性評価方法の検討
藤原和弘加藤愼一渡邉 均NTTコミュニケーションズ
近年,IP網のインフラ化が急速に進んでおり,専用線からIP-VPNというような企業網のIPへのシフトやブロードバンドを用... [more] IA2004-2
pp.7-12
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会