お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 70件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AI 2022-07-04
14:10
北海道 小樽経済センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
UMAPによるサービスに関する他者推奨への影響要因の可視化分析
齊藤史哲千葉工大AI2022-9
顧客セグメントの構造を理解することはターゲティングを通じた顧客ニーズに合致した製品・サービスを開発するシーンにおいて,重... [more] AI2022-9
pp.48-51
EMCJ 2022-06-10
15:35
北海道 北海道大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
住居内での無線機器の利用状況と身のまわりの電波環境に対する意識 ~ 5千人を対象としたウェブアンケート調査の結果から ~
亀谷和久多氣昌生幾代美和大西輝夫渡辺聡一NICTEMCJ2022-24
日常生活空間における電波ばく露に関するリスクコミュニケーションのあり方の研究に資するため,住居内での無線機器の利用状況お... [more] EMCJ2022-24
pp.47-52
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2022-05-27
15:20
ONLINE オンライン開催 作業指導システムの基礎的な検討
麻生敏正東京海洋大LOIS2022-3
本稿では,作業プローブシステムの計測結果を,作業者へ適切にフィードバックするための文面について検討を行っている.まず,ピ... [more] LOIS2022-3
pp.11-16
NLC 2022-03-07
10:15
ONLINE オンライン開催 中国・韓国・台湾からの観光者割合と日本の好印象度
大薮多可志日本海国際交流センター)・南保英孝金沢大)・中村淳子金沢星稜大女子短大部)・沢田史子北陸学院大短大部)・劉 愛君大連工大)・木村春彦公立小松大NLC2021-28
日本の国内総生産の伸び率は先進7か国の中で最も小さい.その要因として,多くの資源が都市部に集中していることが挙げられる.... [more] NLC2021-28
pp.1-6
EMM, IE, LOIS
(共催)
ITE-ME, IEE-CMN, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-08-26
15:30
ONLINE オンライン開催(FIT2021と併催) 作業プローブシステムを用いた実態調査
麻生敏正東京海洋大LOIS2021-20 IE2021-15 EMM2021-50
本稿では作業プローブシステムを用いた実態調査を行っている.まず,物流施設で働く約100 名に対して,作業プローブシステム... [more] LOIS2021-20 IE2021-15 EMM2021-50
pp.22-27
MVE, ITE-HI, VRSJ
(連催)
2021-06-02
10:50
ONLINE オンライン開催 (東京大学から変更) 訪問意欲を支える感性価値的構造と観光資源の魅力の可視化 ~ 赤穂市日本遺産の“塩”を活用したインバウンド誘客 ~
破田野智己竹澤智美杉本匡史徐 貺哲森川貴嗣東 泰宏渋田一夫長田典子関西学院大MVE2021-3
インバウンド誘客に向け,訪日希望外国人の観光動機を測定・分類し,観光動機タイプによって観光資源の体験意欲が異なることを可... [more] MVE2021-3
pp.13-18
SIS 2021-03-05
10:50
ONLINE オンライン開催 自己組織化マップにおける領域変化に着目した定量的評価の試み
中島悠登和久屋 寛佐賀大)・守屋普久子久留米大)・荒木 薫伊藤秀昭佐賀大SIS2020-56
自己組織化マップ(SOM)とは,多次元データを 2 次元平面上に特徴マップとして可視化する AI の一種である.これまで... [more] SIS2020-56
pp.114-119
HPB
(第二種研究会)
2021-03-03 ONLINE オンライン開催 端末間協調システムを用いたバッテリープールコンセプトの評価 ~ アンケートを用いた検証 ~
服部聖彦東京工科大)・天間克宏NICT
モバイル端末の消費電力において,5GやLTE等のWAN通信の占める割合は大きく,端末の稼働時間の大きな制約となっている.... [more]
SWIM 2021-02-19
15:25
ONLINE オンライン開催 対話形式による授業評価アンケートシステムの提案
奧田 良須栗裕樹宮城大SWIM2020-18
近年,業務の効率化や人手削減のためにチャットボットが導入されているケースが増えている。それだけでなく,ユーザーの意見の背... [more] SWIM2020-18
pp.38-43
EMD, R
(共催)
2021-02-12
14:35
ONLINE オンライン開催 ユーザーの利用調査データに基づくモバイル端末のバッテリー劣化傾向の診断
浅野 実横川慎二石垣 陽電通大)・冨永潤一栗津浜一携帯市場R2020-36 EMD2020-27
高性能化,大容量化が進むリチウムイオン二次電池は,様々な機器・システムのモビリティ確保や,再生可能エネルギーの蓄電システ... [more] R2020-36 EMD2020-27
pp.13-18
EA, ASJ-H
(共催)
2020-07-21
11:50
ONLINE オンライン開催 次世代型自動車内サイン音の構成要素評価
神薗善規尾上孝雄小林 亙阪大)・岡本大典 EA2020-13
本研究は,次世代の自動車内サイン音による安全で快適な運転環境への寄与を目的とする.これまでの自動車内サイン音は周囲環境で... [more] EA2020-13
pp.71-78
ET 2020-03-07
11:00
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
プログラミング演習を支援するe-ラーニングシステム
タンヤコンディロク ナッチャノン宮武明義篠山 学香川高専ET2019-98
本e-ラーニングシステムはWeb上でプログラミング演習と教育と学習を支援する。授業では、学習の進捗は個人差が大きいため、... [more] ET2019-98
pp.127-130
CNR 2019-06-13
15:40
東京 Panasonic Laboratory Tokyo(パナソニックラボラトリー東京) コミュニケーションロボットを通じて得られたアノテーションの選択手法の調査
チャン クワン カイ玉井 睦香川椋平松永昌浩セコムCNR2019-3
機械学習をスマートホーム分野に適用する場合,アノテーションされたセンサーデータが大量に必要となる.センサーデータ自体を確... [more] CNR2019-3
pp.13-17
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2019-03-07
15:25
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター ユーザ参加型のWeb媒介型サイバー攻撃対策における実証実験
山田 明澤谷雪子松中隆志田中翔真窪田 歩KDDI総合研究所ICSS2018-74
近年,Web ページの閲覧によるマルウェア感染などの Web を媒介とするサイバー攻撃が問題となってい る.W... [more] ICSS2018-74
pp.35-40
ET 2018-11-10
12:45
東京 東京工芸大学 (中野キャンパス) 授業内容の話題に適応的な授業評価項目出題方法の検討
中村修也赤倉貴子東京理科大ET2018-56
本研究の目的は,授業内容に合わせた授業評価項目出題を可能にすることである.そのために,シラバスと授業評価項目文に対し... [more] ET2018-56
pp.19-22
ET 2018-10-20
15:30
福岡 福岡工業大学 生体計測による客観評価とアンケートによる主観評価に基づく学生の授業における心理状態の評価
田中勇気上西啓介阪大ET2018-50
学校などの教育現場において,学生の能動的な学習を促すためにアクティブラーニングが導入されているが,それがより深い学びを促... [more] ET2018-50
pp.71-76
HCS 2018-03-14
12:00
宮城 東北大学電気通信研究所 本館(片平キャンパス内) 宿泊施設の客室に対するニーズの分析
西浦祐希伊師華江仙台高専HCS2017-112
本研究は、客室に対する若年層のニーズを明らかにすることを目的として2つの研究を行った。研究1として、客室に対する一般的な... [more] HCS2017-112
pp.113-118
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2018-03-06
15:45
栃木 鬼怒川温泉ホテル 熊本地震後の農業ボランティア活動支援システムとその活用に関する検討
武藤育美藤﨑功太森田隆也兼平祐介田中美佐吉開範章日大)・河井昌猛西原村百笑応援団SITE2017-82 IA2017-93
2016年4月に発生した熊本地震後、熊本県西原村では全国で初めて災害時の農業ボランティア支援が行われた。現在も続くこのボ... [more] SITE2017-82 IA2017-93
pp.273-276
ET 2018-03-03
13:50
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) ネットワーク構築演習の作成と改良 ~ 構造調査とアンケートによる評価 ~
松永統真白石啓一高城秀之粂川一也村上幸一香川高専ET2017-112
近年の日本では,IT市場で活躍するネットワークエンジニアの人手不足が問題となっている.ネットワークエンジニアの勉強にネッ... [more] ET2017-112
pp.137-142
SITE, IPSJ-CE, IPSJ-CLE
(連催)
2017-12-08
15:10
愛媛 松山大学 福祉避難所の活動と課題 ~ 熊本地震における事例より ~
成瀬一明松山大SITE2017-58
2016年4月の熊本地震では震度7の激しい揺れで大きな被害が発生した.熊本県では地震直後から多くの人々が避難した.熊本市... [more] SITE2017-58
pp.19-22
 70件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会