お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT 2014-03-08
14:55
茨城 筑波技術大学 春日キャンパス 視覚障害者のセーフ・モバイル・アクセスを実現する腕時計型点字ディスプレイの開発
南谷和範大学入試センターWIT2013-89
視覚障害者のための
時と場所を問わない情報
受信手段が望まれる.
既存の音声出力UIでは不可能なこれらのニーズを満... [more]
WIT2013-89
pp.121-126
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2013-06-26
10:50
東京 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) 身体的な癖を利用した入力インタフェースの基礎検討
長尾淳史櫻井 翔大原寛司鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2013-15
本研究では,身体動作の癖に入力動作を紛れ込ませることで他者に気付かれることなくコンピュータを操作する入力手法の提案を行う... [more] MVE2013-15
pp.61-66
HIP 2011-07-23
10:55
富山 富山国際会議場 聴覚刺激によるP300を用いたウェアラブルブレインコンピュータインタフェースの試作
前田一也唐山英明富山県立大HIP2011-28
本研究は,従来のBCIの欠点であったユーザの身体拘束の緩和のため,携行性を持たせたウェアラブルブレインコンピュータインタ... [more] HIP2011-28
pp.5-10
MVE 2010-10-21
14:55
北海道 とかちプラザ(帯広) Mobile ERのための隊員視点カメラと救急車内PTZカメラを併用した伝送映像の生成
山崎純一神原誠之横矢直和奈良先端大MVE2010-57
救急医療において救急隊は,受け入れ先病院の治療事前準備や医師の判断を受けながらの的確な病院前処置を行うために,
傷病者... [more]
MVE2010-57
pp.25-30
HIP, HCS, MVE, WIT
(共催)
(第二種研究会)
2009-12-10
- 2009-12-12
北海道 札幌コンベンションセンター ウェアラブルナビゲーションシステムのための指さし動作からの目的地候補推定
中久保佳幸奈良先端大)・佐々木博史神戸大)・浦西友樹眞鍋佳嗣千原國宏奈良先端大
本研究では,カメラを備えたウェアラブルコンピュータによるナビゲーションシステムにおいて,指さしによって目的地の自動推定と... [more]
MVE 2007-10-05
10:50
北海道 旭川市科学館「サイパル」 不可視マーカを用いた位置・姿勢推定システムの構築および評価
中里祐介神原誠之横矢直和奈良先端大MVE2007-50
ウェアラブルコンピュータを用いた拡張現実感(AR)ではユーザの位置・姿勢を正確に計測する必要がある.そこで我々は再帰性反... [more] MVE2007-50
pp.73-78
USN, IPSJ-UBI
(共催)
2007-07-20
10:45
東京 東京電機大学(東京) センサ・ネットワークにおける個人の行動計測のための小型装着型機器の開発
野間春生ATR)・大村 廉ATR/慶大)・納谷 太宮前雅一鳥山朋二小暮 潔ATRUSN2007-27
我々は装着型センサや環境設置型センサにより日常行動・状況を理解し、これに基づき有用な知識を構築してその知識を広く提供する... [more] USN2007-27
pp.29-34
MVE 2006-09-13
14:00
北海道 北海道大学 ウェアラブルARのためのハイブリッドP2Pを用いたユーザへの注釈付け
牧田孝嗣神原誠之横矢直和奈良先端大
近年,拡張現実感(AR)をウェアラブルコンピュータで実現することで,場所に応じた情報をユーザに直感的に提供するウェアラブ... [more] MVE2006-58
pp.91-96
MVE 2006-09-13
16:15
北海道 北海道大学 装着した3次元磁気センサを用いた歩き・走り状態に対応したユーザの自己位置推定
山中一樹神原誠之横矢直和奈良先端大
従来、屋内におけるユーザの自己位置推定手法として、環境中のインフラを用いた絶対位置計測とユーザに装着されたセンサを用いた... [more] MVE2006-62
pp.115-120
DE 2006-07-13
09:50
新潟 ホテル泉慶 自律ディスクによる広域分散ストレージシステムの通信およびストレージのオーバヘッドを考慮した性能評価
藤原 勤宮崎 純植村俊亮奈良先端大
本研究では,自律ディスクを用いた広域分散ストレージシステムと,シミュレーションによるシステムの性能評価について述べる.
... [more]
DE2006-63
pp.77-82
MVE, CQ, MoNA
(併催)
2006-01-26
14:25
大分 別府温泉(リゾーピア別府:一泊二食付でナイトセッションを予定) 装着した3次元位置姿勢センサによるウェアラブルユーザの自己位置推定
濱口明宏神原誠之横矢直和奈良先端大
屋内においてユーザの自己位置を推定する手法として,環境中のインフラから取得した位置とユーザの歩行動作を自律的に計測した結... [more] MVE2005-59
pp.19-24
PRMU, HIP
(共催)
2006-01-19
15:00
大阪 阪大 [特別講演]ネットワークメディアとしての複合現実感
横矢直和奈良先端大
近年、現実世界と仮想世界を融合した情報提示技術として複合現実感が注目されている。また一方では、いつでもどこでもネットワー... [more] PRMU2005-145 HIP2005-115
pp.51-58
PRMU, TL
(共催)
2005-03-18
14:30
秋田 秋田大学 ウェアラブル拡張現実感のための現実環境の三次元モデルを利用した情報提示
天目隆平神原誠之横矢直和奈良先端大
仮想環境と現実環境の融合を行う拡張現実感をウェアラブルコンピュータ上で実現することにより,ユーザの位置や姿勢に応じた注釈... [more] TL2004-89 PRMU2004-257
pp.151-156
PRMU 2005-01-20
15:45
京都 京都大学 RTK‐GPSと慣性航法装置を併用したハイブリッドセンサによる屋外型拡張現実感
神原誠之横矢直和奈良先端大
計算機の小型化・高性能化により、実環境のシーンにCGを重畳表示することで、現実環境へ情報を付加する拡張現実感を小型計算機... [more] PRMU2004-160
pp.37-42
PRMU 2004-12-17
09:30
大分 湯布院公民館 不可視マーカを用いたウェアラブルARシステムの実環境における実証実験
中里祐介神原誠之横矢直和奈良先端大
ウェアラブルコンピュータを用いた拡張現実感(Augmented Reality:AR) ではユーザの位置・姿勢を正確に計... [more] PRMU2004-135
pp.7-12
IE, MVE, PRMU
(共催)
2004-07-15
16:45
愛媛 愛媛大学 再帰性反射マーカと赤外線カメラを用いたユーザの位置姿勢同定
中里祐介神原誠之横矢直和奈良先端大
近年,ユーザが装着可能なウェアラブルコンピュータを用いてユーザの道案内などを行う
ヒューマンナビゲーションに関する研究... [more]
IE2004-24 PRMU2004-48 MVE2004-25
pp.25-28
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会